33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

府中市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会(12月 6日)

また、緊急輸送道路沿道における建築物で、耐震基準を満たさない建物については、地震のときに倒壊し通行の支障とならないよう耐震化を促進するため、耐震改修工事に係る支援制度を検討してまいりたいと思います。  次に、ソフトの面でございますが、大規模地震の発生時には、被災した建物は余震等により倒壊の危険性がございます。

広島市議会 2018-09-10 平成30年 9月10日都市活性化対策特別委員会-09月10日-01号

また、災害時の緊急輸送道路などの防災機能向上のニーズの高まりや、全国的に伸びが鈍化している将来交通量への対応など、道路整備に関する様々な状況にも対応していく必要がございます。  こうした背景を踏まえ、都市計画道路の整備を効率的・効果的に進めるため、「整備方針」を策定するものでございます。  2の経緯です。  

広島市議会 2018-09-07 平成30年 9月 7日建設委員会−09月07日-01号

また、災害時の緊急輸送道路など防災機能向上のニーズの高まりなど、道路整備に関する様々な状況にも対応していく必要があります。  このような背景を踏まえ、都市計画道路の整備を効率的・効果的に進めるため、「整備方針」を策定するものです。  4の今後の取組です。  まず、基本方針案を取りまとめ、市民等の意見を聞いた上で、基本方針を策定いたします。  

広島市議会 2018-03-13 平成30年度予算特別委員会−03月13日-10号

最後に,下水道総合地震対策計画では,緊急輸送道路等の交通機能の確保を目的として,37カ所のマンホールの浮上防止対策に取り組むこととしておりましたが,その対策箇所と実施の予定はどのようになってるでしょうか。 ◎紙田 管路課長       本市のデルタ市街地は砂の層が堆積した軟弱地盤であるため,大規模な地震時には,地盤が液状化しマンホールが浮き上がる危険性があります。

広島市議会 2017-10-18 平成29年度決算特別委員会(第3分科会)−10月18日-01号

◎嶋司 道路課長       今回の国のほうの補助率の改定は,国のほうが交付金を配分する,充当する事業をある程度限定したことによるものでございまして,例えば,トンネルとか大規模な構造物なんかの老朽化対策であるとか緊急輸送道路上の無電柱化,あるいは跨道橋などの耐震対策と,そういったようなものに重点配分すると,それ以外のものについては補助率が50%になったというものでございます。

広島市議会 2017-07-10 平成29年 7月10日大都市税財政・地方創生対策特別委員会−07月10日-01号

東部地区連続立体交差事業や、緊急輸送道路における無電柱化を推進する霞庚午線ほか2路線、さらに、鉄道駅周辺の安心・安全な歩行空間の整備を行う西広島駅南北自由通路等など街路事業の着実な推進のための財政措置を要望するものです。  道路交通局関係の説明は、以上でございます。 ◎早志 下水道局長   続いて、下水道局関係の要望項目について、着席して御説明させていただきます。  恐れ入ります。

広島市議会 2017-03-06 平成29年度予算特別委員会−03月06日-07号

多数の者が利用する一定規模以上の民間建築物耐震化を進めるためとしまして,民間建築物耐震診断補助を行われていますが,緊急輸送道路沿道建築物の対象はどういった建築物で,該当するものは何件ありますでしょうか,お聞かせください。 ◎阿舎利 建築指導課長    緊急輸送道路とは,地震直後から発生する緊急輸送や救急消防活動を円滑に行うため,広島市地域防災計画において指定されています。

廿日市市議会 2016-09-16 平成28年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2016年09月16日

さらに、大規模建築物に対する耐震改修工事費用の一部補助緊急輸送道路沿道の建築物耐震診断費用の一部を補助するなど、耐震化の促進を図っております。  地震に伴う津波対策でございますが、本市における最高津波水位はTP3.6メーターであり、高潮対策による堤防高さの整備はTP5.0メーター前後で整備されていることから、高潮対策がなされている箇所については津波対策を満足しているものと考えております。

広島市議会 2016-06-09 平成28年第 2回 6月定例会−06月09日-02号

とりわけ耐震診断義務づけられた病院ホテルなど,不特定多数の者が利用する大規模な建築物や,地震時の市民安全緊急輸送道路の機能確保を図るための避難道路等の沿道の建築物については,耐震改修や耐震診断補助制度を創設し,計画期間内に重点的に耐震化の促進を図ることといたします。

広島市議会 2016-03-07 平成28年度予算特別委員会−03月07日-07号

このため多くの防災拠点存在し,さまざまな都市機能が集積しておりますデルタ市街地を通過する道路で,広島市地域防災計画に位置づけられている第1次緊急輸送道路を中心として,庁舎,消防署などの防災拠点となる施設間のネットワークなどを考慮の上,避難路等を選定することにしたものでございます。

広島市議会 2016-02-23 平成28年 2月23日建設委員会-02月23日-01号

本計画では、下の囲みの中の、①の本市域内におけるデルタ市街地を通過する道路と②の広島市地域防災計画に位置付けられている第1次緊急輸送道路を中心に、広島県が指定する避難路等や防災拠点とのネットワークを考慮の上、避難路等の指定を行います。  また、これら沿道建築物耐震診断結果の報告期限は、平成33年3月31日としています。  

広島市議会 2015-12-08 平成27年第 6回12月定例会−12月08日-02号

最後に,本市においては,現在,災害時に重要な役割を担う緊急輸送道路の空洞調査に計画的に取り組んでおられると思います。今後,緊急輸送道路以外の,例えば,河川沿いの道路のように,空洞が発生しやすいと思われる道路なども調査することを検討していただくよう要望しておきます。  次に,ワーク・ライフ・バランスの推進について,2点にわたって質問いたします。  

廿日市市議会 2014-03-24 平成26年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日:2014年03月24日

土木費では、耐震改修促進事業について、緊急輸送道路沿道建築物耐震化事業補助緊急輸送道路とは、既にどこか限定されたルートかという質疑に対し、地震発生時に通行を確保すべき道路として、広島県緊急輸送道路ネットワーク計画に位置づけられた道路であり、本市においては、第1次緊急輸送道路として、山陽自動車道中国自動車道、広島岩国道路、国道2号、国道2号バイパス、国道186号、県道30号、第2次緊急輸送道路として

  • 1
  • 2