208件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月05日

私たちの働き方、教育のあり方、結婚や出産のタイミング、余暇の使い方、引退のタイミングなども変わらざるを得ないことになると思います。長い期間働き、長い期間支える、健康で、生涯現役で、新しいステージに向かって挑戦を続けなければならない、新しい時代の令和はそんな時代になるのではないでしょうか。平均寿命日本は世界のトップに立っています。

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

もとより結婚や出産など,個人の考え方や価値観に関する問題であり,個人意思決定が尊重されるべきものであります。そうした認識に立った上で,出会い,結婚し,家庭を築き,子供を産み育てたいという市民希望をかなえること,ひいては少子化対策につなげていくため,障壁となる不安感や負担感を軽減するためのサポートが必要であります。  

広島市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日厚生委員会−03月06日-01号

◆近松 委員   聞くところによれば、今、東区の方ではそれぞれの区からよりすぐられた方が集められているんだというようなことも聞いたりはするんですけど、それをまた今度は全市で拡大してやるとなれば、保健師さんも結婚や出産やいろんなこともあるでしょうし、いろんな課題も出てくるんじゃないかというようなことも思います。  それと、あとは数です。小学校区に1人担当ということを考えてらっしゃるんでしょうか。

廿日市市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

そのためには、結婚子育て、それから両親の介護とかあるかもわかりませんけれども、そういうライフステージでしっかり本人の力だけではクリアできないことを組織でも助けながらやっていく。ですから、本来やらなければいけない仕事とそれに取り組む職員が両立して業務をしながら生活もできる、人生も送るというところが大切なことだと思います。

広島市議会 2019-02-21 平成31年 2月21日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会-02月21日-01号

次の41ページに提言1結婚支援の推進を、42ページに提言2多子世帯等への支援の充実(経済的負担の軽減)を、43ページに提言3きめ細かな幅広い支援メニューの拡充・推進を掲載しています。  45ページをお開きください。  2平和の推進についての提言でございます。これにつきましては、後ほど御説明をいたします。  

広島市議会 2019-01-24 平成31年 1月24日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−01月24日-01号

結婚や出産などは、個人の考え方や価値観に関する問題であり、個人意思決定が尊重されるべきものである。そうした認識に立った上で、出会い、結婚家庭を築き、子どもを産み育てたいという市民希望をかなえること、ひいては少子化対策につなげていくため、サポートが必要である。本年10月からは幼児教育の無償化が実施される。これを契機として取組を更に加速させていくことが求められる。

廿日市市議会 2018-10-16 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月16日

それから、広島県内で一番合計特殊出生率が低い廿日市なのですが、もっと積極的に、結婚して子どもを産むための予算ですから、もっと予算を強化したり、専門、担当部署もつくって本気で、国も来年度から平成31年10月から消費税を上げてその消費税の2%分も子育て支援に充てるというようなことですので、もっと強力に推進するお考えはありませんか。

広島市議会 2018-09-19 平成30年第 4回 9月定例会−09月19日-01号

その理由として,女性は結婚や妊娠で医療現場の負担が大きくなるということで,男性優位にしたということでした。女性医師が働きやすい環境をつくればよいことで,こんなひきょうなやり方に私は怒っています。市立病院の女性医師の占める割合は今どうなっていますでしょうか。就職の際は,女性だからといって不利になるようなことではいけません。市立病院の女性医師不当な扱いにならないような対応を要望しておきます。

広島市議会 2018-09-06 平成30年 9月 6日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−09月06日-01号

委員会で、京都の婚活センターとか様々見せてもらったんですが、結婚を応援するっていうのはパーソナルな出来事なので、なかなか難しいとは思うのですが、結婚してもシングルになったり、あるいは未婚のまま子供を産むっていうこともあったりしますので、そういうところにも少し視野を広げていった方がいいのかなって思ってます。  

府中市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会( 6月15日)

働きたい場所というのは、仕事のやりがいとか中身だけではなくて、これから若い人たちが帰ってきて、結婚して子供をつくって一生暮らしていくという中で、ちゃんと安定した職なのかどうか、そこのところが大きな問題なんだろうと思います。  そういう中で、じゃあ何が必要かと考えますと、やはり一定の条件――十分な賃金労働条件がそろった働く場が必要だろうと考えるわけです。

広島市議会 2018-05-21 平成30年 5月21日厚生委員会-05月21日-01号

◆酒入 委員   確かに子供貧困というのが、にわかと言っちゃいけんですけども、国として取り組まなくてはいけない大きな問題になってきて、生活保護の実態もありますし、こういう取組になったと思うんですけども、確かにひとり親家庭になりますと、お父さんもそうですけども、お母さんがある程度結婚した時に技術的なものを持っとれば、母子家庭になってもある程度の収入が得られるんですけども、技術的なものを持ってないということになると

広島市議会 2018-03-06 平成30年度予算特別委員会−03月06日-05号

いわゆる若いときは保育園で働くけれども,結婚して子供ができたらそれは離職せざるを得ない,そういう問題が出てきます。そういった問題をいろいろ考えてみますと,例えば家で老老介護をしてるのは,施設で老老介護しとるのと一緒じゃないかと。全部施設で任せるのか,ということを考えなきゃいけないのは,これ国の話。  

府中市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会( 3月 2日)

一つ目は、都会への一極集中を是正する、そして二つ目は、若い世代へ目を向け、就労、結婚子育て希望をかなえ実現することではないか。府中市に何ができるか、まずは就労の確保ではないかと思うところでございます。  平成25年、ピックルスコーポレーションを誘致し、操業され、現在市内の農家の方がキュウリ、白菜、大根など、生産を行うことで農業の活性化と雇用の拡大となっていることは言うまでもありません。

府中市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会( 3月 1日)

あと2点、結婚、出産、育児子育て環境を魅力的にすることで出生数を改善しますという目的を上げられて、3点目には、この二つの目標を実現するために情報発信活動を強化して、魅力ある市の取り組みを市内・県内外に幅広く知らしめると、こういうことで、ほぼ藤山先生も同じようなことをおっしゃっているわけで、特効薬はないというお話でしたが、大体こういう形で人口対策は進んでいくんだろうと思うんです。