138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

呉市議会 2023-12-10 12月10日-02号

具体的には、広島呉道路の4車線化呉平谷線整備などによる交通網強靱化災害に強い砂防ダム河川等整備とともに、被災箇所災害遺構としての保全復興ツーリズムなどについても検討して、以前にも増して安全・安心なまちをつくっていくことが大事でございます。 また、市民企業がわくわく生き生きと活動することができ、市民が今後も住み続けたいと思えるまちにしていくことも大事でございます。

三原市議会 2023-12-10 12月10日-02号

具体的には、広島呉道路の4車線化呉平谷線整備などによる交通網強靱化災害に強い砂防ダム河川等整備とともに、被災箇所災害遺構としての保全復興ツーリズムなどについても検討して、以前にも増して安全・安心なまちをつくっていくことが大事でございます。 また、市民企業がわくわく生き生きと活動することができ、市民が今後も住み続けたいと思えるまちにしていくことも大事でございます。

呉市議会 2021-09-05 09月05日-04号

昨年の災害で、家屋道路砂防ダム等は工事をすれば何とかもとどおり、より災害に強い状況復興復旧できますけれども、心はなかなかそうはいきません。 また、95歳になられた先輩は、それまで出かけるときはパンプスを履いて、スーツを着て、背筋をぴんと伸ばして歩かれている姿でございましたけれども、あの災害により一変し、今は入退院を続けられております。

三原市議会 2021-09-05 09月05日-04号

昨年の災害で、家屋道路砂防ダム等は工事をすれば何とかもとどおり、より災害に強い状況復興復旧できますけれども、心はなかなかそうはいきません。 また、95歳になられた先輩は、それまで出かけるときはパンプスを履いて、スーツを着て、背筋をぴんと伸ばして歩かれている姿でございましたけれども、あの災害により一変し、今は入退院を続けられております。

呉市議会 2020-06-27 06月27日-03号

土木部長北岡宏紹) 今後、懸念される豪雨災害から市民生命財産を守るためには、治水機能を飛躍的に向上させる浸水対策事業及び砂防ダム治山ダム、急傾斜地崩壊対策施設など土砂災害を防止する施設整備を加速させる必要があり、防災減災に向けて国、県、市が一体となって取り組んでいかなければならないと考えております。 

三原市議会 2020-06-27 06月27日-03号

土木部長北岡宏紹) 今後、懸念される豪雨災害から市民生命財産を守るためには、治水機能を飛躍的に向上させる浸水対策事業及び砂防ダム治山ダム、急傾斜地崩壊対策施設など土砂災害を防止する施設整備を加速させる必要があり、防災減災に向けて国、県、市が一体となって取り組んでいかなければならないと考えております。 

広島市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回 9月定例会−09月24日-04号

先日,国交省がその現場において,地域住民を対象に,砂防ダム建設予定に関する現地説明会を開きました。工事を請け負った企業も参加しておられました。住民からの質問は,どんな建造物ができるのか,より安全なものを求める質問が続きましたが,中には国の担当部分だけではなく県や市の担当部分も含め全体的な説明をしてほしいなどの要望も出ていました。  

東広島市議会 2019-09-10 09月10日-02号

砂防ダムはなくてはならない命と財産を守るために必要な事業と考えておりますが、前期でもお話させていただきましたように、現行の予算措置のペースでは、あと200年かかる気の長い長い話でございます。 資料をごらんになっていただきたいと思います。この図の上のほうは、どんどんどんどんと防災予算、特に砂防予算が減ってきている。

府中市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会( 6月 7日)

土砂崩れを防止する森林の整備砂防ダムの構築や河川整備、堤防、橋や道路整備避難所建設など、今後起こる災害を見越して整備することが強靱な国づくりではないかと思います。押しつけられて高価な兵器を装備することとは少し違うんではないかと思います。  では、質問させていただきます。  昨年の豪雨被害で、御調川と芦田川の結節点で地元の人が利用しておりました沈下橋が落ちました。

呉市議会 2019-03-22 03月22日-07号

この事業は、そのほとんどが国、県の所管ではありますが、今回の災害にしても、災害要因の大部分治山砂防ダム堤内堆積土砂撤去上流域整備などの治水機能維持管理不足と言わざるを得ず、治山治水管理行政強化が求められるものであります。市といたしましては、治山治水施設被災状況説明対応要請などについて国、県への働きかけを一層強化していただきたい。

三原市議会 2019-03-22 03月22日-07号

この事業は、そのほとんどが国、県の所管ではありますが、今回の災害にしても、災害要因の大部分治山砂防ダム堤内堆積土砂撤去上流域整備などの治水機能維持管理不足と言わざるを得ず、治山治水管理行政強化が求められるものであります。市といたしましては、治山治水施設被災状況説明対応要請などについて国、県への働きかけを一層強化していただきたい。