2034件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

尾道市議会 2020-09-24 09月24日-05号

調査員選任現状地域事情を反映した調査区の設定、調査後の総括及び引継ぎ、広島コロナお知らせQRへの職員認識公共施設や学校での積極的な利用に対する市の考え、コミュニティーの在り方に対する市の認識地域の拠点となる施設整備方向性避難所運営現状把握避難所における住民職員連携、スマホアプリを使用した避難所状況提供システム導入に対する市の考え、新高山舟券売場営業開始及び周辺の交通量の予測、町内補助金

尾道市議会 2020-09-11 09月11日-04号

論点として、人口減少高齢化に伴う自治会町内等における現状課題、2、自治会町内等における役割の多様化、3、自治会町内における多様な主体、4番目、自治会町内等と広域的な地域コミュニティーとの関係、5、自治会町内における人材の発掘、また育成の五つの点について課題が提起されております。 

尾道市議会 2020-09-10 09月10日-03号

こうした課題がある中で、町内イノシシ捕獲箱わなを貸し出す際には、町内皆様見回り点検を行っていただくことを条件にしており、捕獲班員による見回り負担軽減を図っています。また、捕獲効率の向上については、大きさを識別して反応するアニマルセンサーを箱わなに設置し、親イノシシを的確に捕獲する手法を、今年度導入することとしております。

尾道市議会 2020-09-09 09月09日-02号

防災アプリ戸別受信機も、防災情報行政情報町内などの地域情報配信をしますが、防災アプリは、防災情報リンクページを案内したり、危険エリアを確認することができる防災マップ機能や、避難所までのルートを表示する避難マップ機能などを有しております。 次に、高齢者は一般的に避難に時間を要するため、早めに避難することが重要となります。

庄原市議会 2020-06-21 06月21日-02号

それに加え、町内、自治会やマンションの管理組合などの地域コミュニティー災害時の避難方法などをみずから立案する地区防災計画が、平成25年の災害対策基本法の改正で創設されました。これは東日本大震災で、自治体の行政機能が麻痺したのを教訓に平成26年4月に導入され、地域の特性に応じ、地区の範囲の活動において柔軟に規定できる制度になっております。

尾道市議会 2020-06-17 06月17日-02号

それから、町内の最後の回覧の活用につきましては、既に実施している案件等もございますが、今後も情報内容や、その時々の状況、それから地域とも調整を踏まえて、今後も検討してまいりたいと考えております。 以上です。 ○議長(福原謙二) 5番、大本議員。 ◆5番(大本和英) わかりました。知らなかったという市民皆様がおられなくなるように、情報発信についてはよろしくお願いをいたしたいと思います。 

福山市議会 2020-02-28 02月28日-05号

市内には,在住職員の会とか退職職員会等がいろいろまちづくりにも御参加いただいておりますが,その半面,議会報告会等では市の職員の方々の町内への不参加というふうなことも指摘も受けてきたところでございます。そういうことも含めて,市の職員の皆さんが積極的にまちに出ていただいて,まちづくり,そして地域づくりに貢献していただくことを,この働き方改革で改めてお願いをしたいところでございます。 

福山市議会 2020-02-27 02月27日-04号

ども環境部のほうで1台,箕沖にあります福山リサイクルプラザにおいて,主に出前授業用,各小学校であるとか地域町内,自治会等出前授業へ行く際に電気自動車利用で活用させていただいております。 トラブル等報告を受けておりませんが,やはり走行距離等について若干の不安があるということで,遠いところについてはなかなか電気自動車利用して行きにくいという状況があるというふうに思っております。 

尾道市議会 2020-02-17 02月17日-02号

次に、「人と地域が支え合うまち」でございますが、協働まちづくり事業では、町内、各種団体などが行う地域課題解決のためのまちづくり活動地域集会施設整備を支援してまいります。 山間部島嶼部地域協力活動を行う地域おこし協力隊事業一般財団法人自治総合センター宝くじ助成金を活用した設備等整備費助成を継続して実施してまいります。 

府中市議会 2019-12-16 令和元年第4回予算特別委員会(12月16日)

もし本気なら、各町内やPTA、老人会などの意見もよく聞いて、それをもとにして一定の市行政の構想やイメージを持つこと、それをもとに原案をつくり、またそれを市民に返して具体化することが大切です。そうした経過を経てこそ自分たち施設意識、これが自分施設なんだと、施設意識が高まるのです。  

府中市議会 2019-12-12 令和元年建設常任委員会(12月12日)

これを受けまして、平成18年8月に開催されました府中市廃棄物減量推進審議会家庭ごみ有料化は妥当との答申を受けた後、家庭ごみ有料化の実施に向けて市議会町内連合会女性会などへの地元説明を行うとともに、ごみ減量化政策の概要として、広報誌に掲載するなど、御理解を求めながら平成19年3月議会におきまして、家庭ごみ有料化の議決を得ております。

府中市議会 2019-12-12 令和元年第4回予算特別委員会(12月12日建設分科会)

町内要望とかいろいろな要望があるわけですけども、それがなかなか聞き入れられない、そういった財政状況の中で、市民の納得をなかなか受け入れられないのが現状じゃないかと思います。それで私も二、三というか、いろいろな人に聞いてみたら、それはちょっとリスクが高いんじゃないかという意見をたくさん聞かせていただきました。

福山市議会 2019-12-12 12月12日-04号

避難情報を発令する際は,住民の迅速,適切な避難行動につながるよう,状況に応じて対象地域町内単位まで限定したり,とるべき行動をわかりやすく伝えるなど,きめ細かな対応に努めています。 登録制メールによる地域を限定した配信については,他市の事例なども参考に今後検討していきます。 次は,地球温暖化対策についてであります。 

福山市議会 2019-12-10 12月10日-02号

このブロック別説明会の中でも,学区ごと出前講座といいますか,町内ごとでも,小規模な単位であっても,我々出向いていきたいと思っております。その際には,地域学区単位で改めて地域の地図をつくって持っていきたいというふうに考えております。ぜひこれも,我々としても,出前講座周知を図っていきたいというふうに考えております。 

府中市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(12月 6日)

全く暗いところで歩きにくい、結構でこぼこな歩道がございますが、そういった市道の街路灯といいますか、防犯灯は現在町内ではリース契約でLEDをつけていただいておるところもありますが、町内の少ない財源でやっておりますので、数が限られております。そういった街路灯防犯灯についてはどういった先々の計画があるのか。

尾道市議会 2019-12-06 12月06日-04号

今ではどこの人かわからん人たちが島に来て住み着き、町内へ入ることもなく、思い思いのことをやりょうる。町内もめちゃめちゃになっている。ほんまに迷惑な感じだ。わしら百島の人間が現代アートの島を望んだわけでもない。アート作家や尾道市の主導で進めてきたことで、現在はこんな状態じゃ。何とかしてくれえ。

府中市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(12月 5日)

また、先ほど三藤議員から町内の合併とかいう話もありましたが、人口減に伴う世帯数の減や町内への加入率の低下も含め、今後地域間の連携も必要となってくると思われます。  そういった中で、町民からのさまざまな要望や改修、改善等において、町内で精査された要望要望書として市へ提出していただいています。この要望書行政側取り扱い等について質問させていただきます。