15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

府中市議会 2018-03-06 平成30年総務文教常任委員会( 3月 6日)

しかし、現状ではこれらの督促の実施記録債務者との交渉記録等が十分に残されていない場合もあり、滞納発生後の債権回収時に顕在化することもあります。後の債権回収を適正に実施するためには、日常の債権管理から適正化をしていく必要があると考えております。そのため、債権を適正に管理・回収していくためには、その記録整備が重要であるということで、条例の第5条に台帳の整備を定めております。

府中市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(12月 8日)

しかしながら、滞納発生前後における必要な措置が統一されておらず、また不十分なところがありますので、改めて市の債権管理に関する事務処理について、一般的な基準、必要な事項を定め、債権管理のさらなる強化適正化を図ることを目的とした条例制定を検討したいと考えています。 ○議長(丸山茂美君) 三藤毅君。 ○5番議員三藤毅君) 2点ほど、ちょっとお伺いします。  

呉市議会 2009-03-19 03月19日-06号

財政集中改革プログラムは、数字上100%の歳入が入ってくるものとして計画されておりますので、滞納未納ができる限りないよう徴収促進滞納発生未然防止に努めていただきたいと思います。 また、あらゆる角度から歳入を見詰め直し、新たに国、県から補助がもらえるようなもの、呉市独自で収入が見込まれるような手法発見に努めていただきたいと要望をいたします。 

三原市議会 2009-03-19 03月19日-06号

財政集中改革プログラムは、数字上100%の歳入が入ってくるものとして計画されておりますので、滞納未納ができる限りないよう徴収促進滞納発生未然防止に努めていただきたいと思います。 また、あらゆる角度から歳入を見詰め直し、新たに国、県から補助がもらえるようなもの、呉市独自で収入が見込まれるような手法発見に努めていただきたいと要望をいたします。 

広島市議会 2008-03-04 平成20年度予算特別委員会-03月04日-04号

塩満 保険年金課長     後期高齢者医療制度では,高齢者医療確保に関する法律等規定を受けまして,原爆被爆者医療自立支援医療などの公費負担医療対象者を除き,保険料を納付することができないと認められる災害等の特別な事情がない場合には,滞納発生後1年を経過した被保険者に対し,広域連合が被保険者証返還を求め,資格証明書を交付することになっています。

広島市議会 2007-12-10 平成19年第 6回12月定例会−12月10日-03号

後期高齢者医療制度では,「高齢者医療確保に関する法律」などの規定を受けまして,原爆被爆者医療自立支援医療などの公費負担医療対象者を除き,保険料を納付することができないと認められる災害等の特別な事情がない場合には,滞納発生後1年を経過した被保険者に対して,広域連合が被保険者証返還を求め,資格証明書を交付することになっております。  

広島市議会 2007-09-21 平成19年第 4回 9月定例会−09月21日-03号

後期高齢者医療制度では,高齢者医療確保に関する法律等規定を受けまして,特別の事情がない場合には,滞納発生後1年を経過した被保険者に対して,広域連合が被保険者証返還を求め,資格証明書を交付することになります。  また,保険料減免につきましても,災害や所得の激減など,特別の理由がある被保険者に対する減免制度について,現在,広域連合において条例案を検討していると聞いております。  

呉市議会 2007-09-04 09月04日-02号

先ほど上村議員さんにも答弁させていただきましたように、滞納整理につきましては、本年度目標として新たな滞納者をつくらないという発想もと滞納発生初期段階での電話催告強化しており、管理職を含めた全員体制で毎月集中的に臨んでおります。今後も限られた人員最大限効果を上げるよう努力してまいりたいと考えております。 

三原市議会 2007-09-04 09月04日-02号

先ほど上村議員さんにも答弁させていただきましたように、滞納整理につきましては、本年度目標として新たな滞納者をつくらないという発想もと滞納発生初期段階での電話催告強化しており、管理職を含めた全員体制で毎月集中的に臨んでおります。今後も限られた人員最大限効果を上げるよう努力してまいりたいと考えております。 

  • 1