9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2012-12-05 東広島市議会 平成24年第4回12月定例会-12月05日−02号 以上の調査結果などから、福富ダムを含めた沼田川は、現在のところ、水質的にはおおむね良好な環境が保たれていると考えておりますが、ダム建設に伴う水質環境のほかにも、他の湖沼の例でもあるように、外来種の放流等人為的な要因も含めて、魚の生息環境への影響が予想されているところであり、影響を最小限に抑えるために必要な対策を、関係機関や地域住民の皆様の御協力もいただきながら講じる必要があると考えております。   もっと読む
2011-09-20 庄原市議会 平成23年  9月 定例会(第5回)-09月20日−02号 特に、カワウについては、河川や湖沼、養魚池などにおいて、大量の魚を捕食することから、全国的に大きな問題となっております。本市の平成22年度におけるカワウ等による水産被害額は、1,711万2,000円となっております。市内の各漁協では、追払い対策やテグスの設置、巡視などに取り組まれているほか、捕獲班が市からの依頼を受けて実施する捕獲活動への助成なども行われております。 もっと読む
2009-06-23 庄原市議会 平成21年  6月 定例会(第4回)-06月23日−01号 また河川から離れた湖沼などに営巣することから、被害地は市内の河川であっても営巣地は隣接の市町となってる場合もございます。近隣市町との連携においては、東城地域の捕獲班が神石高原町の捕獲班と連携し、4月27日と5月16日の2回、それぞれの市町でカワウの一斉駆除を実施し、32羽を捕獲したところでございます。 もっと読む
2006-09-15 東広島市議会 平成18年第3回 9月定例会-09月15日−04号 まず、マンションの床清掃や洗車などに大量に使用する合成洗剤が河川に流れ込んでいる実態についての御質問でございますが、水質汚濁とは、河川、湖沼、海域などの水質が工場や一般家庭からの排水により、人の健全な生活活動とか、水中生物の正常な活動を妨げる状況をいいますが、水質汚濁の原因とするものは多岐にわたっており、このたびの御質問にございます洗剤もその一つに挙げられます。   もっと読む
2001-06-14 東広島市議会 平成13年第2回 6月定例会-06月14日−03号 特に、この事業の補助対象地域が水源地域、生活排水対策が必要な湖沼の区域、あるいは過疎地域、山村振興地域、農業振興地域であり、本市では、黒瀬川流域のうち公共下水道の予定処理区域以外の区域が補助対象区域となります。 もっと読む
1997-03-05 東広島市議会 平成 9年第1回 3月定例会-03月05日−04号 報告書の総括において、1番目に県内の広い範囲内でpH4台の酸性雨が降っていること、2番目に県内の土壌や湖沼に酸性雨の影響を受けやすい性状のものがあることが判明したと報告しています。酸性雨とは一般に、降水のpHが5.6以下のものを言います。 もっと読む
1993-06-01 福山市議会 平成 5年第3回( 6月)定例会 しかし,湖沼,地下水,河川(上流)などの水源は,どこも汚染原因が存在し,強力な対策がなければ改善は望めません。  今回,水道水の水質基準見直しが行われ,規制の対象物質が拡大されました。しかし,水源の改善を行わなければ,水質基準の達成は困難です。   もっと読む
1991-09-27 東広島市議会 平成 3年第3回 9月定例会-09月27日−04号 また、市街地周辺の緑地を保全をいたしますために必要な樹林地、また湖沼等良好な自然環境を形成している地域として、広島県の自然環境保全条例に基づきます緑地環境保全地域の指定がされておるわけでございます。 もっと読む
1989-09-26 東広島市議会 平成 元年第3回 9月定例会-09月26日−03号 その溶けた雨水が川や湖沼に流れ込むと、プランクトン類や水生植物が酸の影響で減り、これを食べる魚類が死んでしまいます。酸性雨により、森林立ち枯れなどの被害が日本でも広がり始めています。直接には葉の気孔を侵して樹木を傷めるし、間接的には土壌を酸性化させ樹木を弱らせ、生態系を根底から破壊させてしまうのであります。各地で人体や作物への被害があった報告も環境庁へ報告がなされております。 もっと読む
  • 1