13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2018-06-21 平成30年第 2回 6月定例会−06月21日-02号

また,国連ユニタール広島事務所は2003年に広島に設立されて以来,核軍縮・不拡散や世界遺産に関する研修や紛争経験国に対する平和構築研修などを行っており,加えて,アフガニスタンやイラク,南スーダンの若い世代に向けたリーダーシップスキル研修,汚職対策研修や津波防災研修,女性のリーダーシップ研修など,昨年度は合計九つの研修を行っているようです。

広島市議会 2013-10-16 平成25年度決算特別委員会(第2分科会)−10月16日-01号

典型的な構造汚職と言われて,その当時に発議をされた方,それから今度百条委員会をつくって,百条委員会のときにいろいろと話をされた方あります。皆さんの先輩方もおっしゃった。こういった非常にどろどろした問題をあっこに出すこと自体おかしいじゃないかと。病院事業が中でやるんじゃったら,少なくとも皆さんに疑念を持たすようなことをしちゃいけない,この話は進めるべきでないといって申し上げた。

廿日市市議会 2007-12-12 平成19年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2007年12月12日

公共工事など公共調達では、談合汚職事件などに対する社会的な批判の高まりを背景に、平成13年4月から公共工事の透明性の確保や業者間の公正な競争の推進、そしてまた不正行為の防止、排除をするための法律公共工事の入札契約の適正化の促進に関する法律施行されました。

府中市議会 2006-06-21 平成18年第3回定例会(第5号 6月21日)

土建国家と言われるように、公共工事をめぐる汚職構造、低単価受注競争の中で、零細な下請業者の倒産や夜逃げ、自殺が日常的であると言われています。安ければいいという時代ではない。受注の最低価格を決めなければ建設産業はだめになると言われているのも本当のことだと思います。  確かに重層下請制をなくし、むだを省き、安い価格で建設が行われることはだれでも望むところであります。

広島市議会 2004-06-17 平成16年第 2回 6月定例会-06月17日-04号

公共事業の入札については,いまだに後を絶たない談合疑惑の指摘を初め,古くは知事や市長を巻き込んだゼネコ汚職事件など,国民を失望させる極めて深刻な問題でありました。これに対し,各方面から特に公平性,透明性の確保の上から,いろいろと制度に対する問題提起や公正な競争の促進及び不正行為の防止の提案がなされてまいりました。

府中市議会 2001-03-09 平成13年第1回定例会(第3日 3月 9日)

国においても、地方においても、昨日来から報告されておりますように、数々の疑惑事件汚職、目を覆うばかりの状況であるわけであります。まさに民主政治危機が問われ、国民市民政治不信が盛り上がり、非難されているわけでございます。  私は質問の第1点目に、市長と議会、すなわち議員との基本的スタンスということについて通告をいたしております。

府中市議会 2001-03-08 平成13年第1回定例会(第2日 3月 8日)

今、国会では、2001年度予算が審議中でありますが、周知のごとく森内閣のもとでKSDの汚職、機密費疑惑、米原潜によるえひめ丸沈没事件等、また株価の暴落、不況と失業者の増大など、国民無視のあってはならないことが繰り広げられております。私は、清潔・公正な政治のために、KSD汚職、機密費疑惑の徹底究明を望むと同時に、消費税の大幅増税の中止と地方自治権の拡充を願うものであります。  

府中市議会 2000-06-08 平成12年第4回定例会(第2日 6月 8日)

綱紀粛正に関しての質問の第2点目は、先ほど瀬川委員も申しあげましたが、下水道工事汚職の不祥事事件を、市民の多くは職員の皆さんがいままで以上に仕事をよくやっている、との声を私は聞いております。服務規律要綱の厳格化、また6月、この議会に上程されています個別外部監査制度の導入など、改革の意思が見られるところであります。

広島市議会 1999-11-08 平成11年11月 8日厚生委員会−11月08日-01号

まず最初に、この夏に発覚した市民病院をめぐる汚職事件、これは改めて言うまでもなく、診療材料であるぺースメーカーの購入をめぐる汚職事件でもあり、決算の審議においては重要な要素を占める問題であると認識している。  そこで、まず、冒頭で尋ねさせていただくけれども、この事件の概要、あるいは原因の究明について、前回の厚生委員会で事業管理者の吉田先生から、「しばらく時間をくれ」という話があった。

広島市議会 1999-09-30 平成11年 9月30日総務委員会−09月30日-01号

それ以前に、建設業汚職が余りにも激しくて、一時政府副総理格の人も汚職に連座して辞めるということが起こったが、その時に、鹿島建設の元の役員テレビで、大体3割ぐらい高いということを公然と発言しているということもあった。ほかの建設会社役員も同様のことを言っている。  そういう環境を受け、建設省審議会海外を視察して帰ってきた。

府中市議会 1998-03-26 平成10年第1回定例会(第5日 3月26日)

天下り規制強化及び公務員倫理法の制定に関する意見書の提出について(案)  さきの福祉補助金を食い物にした厚生省高官らの福祉汚職事件や、今回の大蔵大臣の辞任に至る大蔵省高官の過剰接待等贈収賄による逮捕、そして、同様の理由による日本道路公団理事逮捕等々、高級官僚の不祥事が相次いでおります。

呉市議会 1993-09-01 平成 5年第4回 9月定例会

現に公的助成を行ってきたイタリアでは、汚職が政界に蔓延をし、ことし4月の国民投票でこれが廃止されたということも伝えられております。 しかも、そうなりますと、金をやるんだからという理屈で、国家権力の側からの政党への介入という道も開かれてくる。憲法保障した結社の自由の重大な侵害となるわけであります。これが一体どれだけの額かというと、先ほど言いますように、600億円という本当に異常な額であります。

  • 1