249件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年06月05日

人生100年時代を提唱したベストセラー「100年時代の人生戦略ライフ・シフト」の著者、人材論、組織論の世界的権威者でロンドン・ビジネス・スクール教授のリンダ・グラットン氏が、そのように本に書いているということも話されました。早速私はその本を読んでみましたが、新しい生き方、人生全体の設計をやり直さなくてはならないという、そういう印象を持ちました。

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

聴取並びに質疑応答  │  ├───────┼─────────────────────────────┤  │29.10.31│・少子化対策に関し,講演会開催に係る協議         │  ├───────┼─────────────────────────────┤  │29.12.22│・有識者からの意見聴取(講演会)(少子化対策関連)    │  │       │ 中京大学現代社会学部教授

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

先月も放射線研究の第一人者で引退後は被爆者として体験証言活動を続けられました広島大学名誉教授の葉佐井博巳さんが亡くなられました。また一人,被爆の惨禍を生き抜き,その体験を語ることで後の世代被爆の実相を伝えられたとうとい命が失われました。また,このように亡くなられた方々だけではなく,病気や体力の問題からやむを得ず被爆体験証言活動をやめられる被爆者の方もいらっしゃいます。

広島市議会 2019-02-21 平成31年 2月21日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会-02月21日-01号

2有識者からの意見聴取(講演会)でございますが、中京大学、松田茂樹教授の講演の内容と質疑応答の概要を13ページにかけて掲載しています。  14ページをお開きください。  3県外行政視察でございますが、京都府福井県静岡市で調査を行い、その概要を24ページにかけて掲載しています。  25ページをお開きください。  

広島市議会 2018-12-07 平成30年第 6回12月定例会−12月07日-03号

外環道もシールドマシンを使って掘削工事が行われますが,ことし9月の受注者選定手続をめぐる談合疑惑が指摘され,手続は中止されておりましたが,事業再開に向けて立ち上げられた技術評価委員会の4人の大学教授のうち,3人が応募ゼネコンから研究費を受け取っていることが明らかとなりました。中立公正であるべき評価委員会のメンバーがゼネコンの関係者という構図は,究極の談合システムであります。

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日総務委員会-10月01日-01号

この頃大学は、この保健管理センターにきちっと教授ベルがいて、心理学の先生がいて、保健師さんとかいて、カウンセラーもきちっといてという状況です。やはりここの機能を強化すると、内部の自浄能力がすごく高くなるというふうに思うんですが、教職員にいろいろストレス度のチェックもされていると思うんですが、リスクの高い先生たちは何%ぐらいおられますか。

広島市議会 2018-09-27 平成30年第 4回 9月定例会-09月27日-04号

東京大学高齢社会総合研究機構の飯島勝矢教授は,フレイルは可逆性があり,適切な対応をとれば,さまざまな機能を回復できる状態であるとしています。また,多面性があると強調しています。  フレイルには,筋力が衰える身体的フレイル,鬱や認知機能が低下する心理的・認知的フレイル,独居や経済的困窮,孤食による社会的フレイルの三つがあります。

広島市議会 2018-09-25 平成30年第 4回 9月定例会-09月25日-02号

その記事では,広島市大学は広島平和研究所として国際関係国際法安全保障研究する教授らが研究してきたが,人材育成にも軸足を置く,世界平和に貢献する人材育成は重要な使命ということが書かれていました。その前日の8月20日付中国新聞にも,この平和学研究科の目標などについて,広島市大学平和研究所の所長さんの記事が掲載されていました。

廿日市市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年09月14日

市では今年度若年層の雇用対策としまして、県立広島大学と連携し、大学生が有する就職活動への意識、志望する企業職種の傾向、情報収集の方法などを精査し、市内の中小企業、小規模事業者が抱える人材不足の課題を明らかにする調査、そして本市の食品関連企業が直接広島工業大学を訪問し、自社の業務内容や魅力を学生や担当教授にプレゼンするセミナーを産業経済団体と共同による開催など、市内企業と学生との接点を数多く設け、地元企業

府中市議会 2018-09-11 平成30年第5回予算特別委員会( 9月11日総務文教分科会)

○教委総務課長大和庄二郎君) 委員の構成でございますが、委員につきましては建築専門の大学教授など6名を考えております。また、委員には、現在設置しております、先ほども御紹介いただきました文化財保護審議委員会及び歴史資料館運営審議会等の委員の中からも御参加いただく予定でございます。 ○主査(三藤毅君) 土井分科員。

広島市議会 2018-06-25 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号

市立大学の中に市のOB職員が特任教授となり,副塾長として実質運営し,広島市大学塾が昨年よりスタートしています。  この内容は,社会におけるみずからの役割を認識した新しい時代のリーダーを育成することを目標とするとうたっています。しかし,正式なシラバスもない,単位履修もない自由なプログラムとなっています。

府中市議会 2018-06-20 平成30年第3回予算特別委員会( 6月20日建設分科会)

外部委員につきましては、広島県大学教授と准教授1名ずつ、それと県の職員が2名、内訳は、環境部門として東部厚生環境事務所の参事、それと、施設の関係としまして設備工事担当課のお二人となっております。内部委員につきましては、副市長、総務部長、建設産業部長の3名となります。 ○主査山口康治君) 田邉分科員。

府中市議会 2018-06-19 平成30年第3回予算特別委員会( 6月19日厚生分科会)

しさせてもらったんですが、投げたら投げっ放しというところが非常に私個人の印象としてはあるので、例えば、提言とか、結果報告だけをもらうんじゃなくて、市が前に出て、やっぱし統制をとっていくというところをしっかりやっていってもらわないと、市民が、市は何をやっとるんやという感覚に多分なってくると思うので、そういったところは本当に市として取り組む体制をしっかり持っていただきたいのと、今回、特に関東から2大学教授

広島市議会 2018-05-21 平成30年 5月21日経済観光環境委員会−05月21日-01号

初めに、(1)委員構成は、委員長である伊藤敏安、広島修道大学国際コミュニティ学部教授を始めとする5名の方で、御覧のとおりとなっております。  次に、(2)審議状況についてです。  アの第1回は平成28年11月29日に開催され、包括委託後の競輪事業の運営状況等について意見交換されました。  イの第2回は昨年7月10日に開催され、平成28年度の競輪事業の実績等について意見交換されました。  

広島市議会 2018-03-16 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号

これアメリカ大学教授がつくった表でありますけれども,実際にはこういうことがあります。  それで,もう少し行きたいと思いますけれども,予算編成,市債残高,非常に頑張って削減をしてもらっておりますけれども,政令市では悪いほうから,これちょっと今3番目ってありますが,あの表でいくと4番目でありまして,ごめんなさい。

広島市議会 2018-03-15 平成30年度予算特別委員会−03月15日-12号

それから後,話は余談になりますけども,10年前ですか,発掘調査を広大の考古学教室はしたけれども,それから60年近くたってもただの一遍も地元に説明をしないっていうことで,不足を言いましたら,ちょうど古瀬教授が高陽公民館で上深川遺跡,中小田遺跡も含めて,説明をされました。そのときに,広大が持っております中小田の遺跡にあります三角縁神獣鏡という鏡の現物を持ってこられました。

広島市議会 2018-03-14 平成30年度予算特別委員会−03月14日-11号

それでもいいんですけれども,その群の中全てが,例えば広島・長崎講座になるとか,必ず広島市大学は何かの勉強をしていただければありがたいなというふうに思っておりますので,また改めて取り上げさせていただきますし,教授会というのがありまして,私らが言ったからすぐできるというようなもんでもありませんが,そういう方向でやっぱり考えていただきたいなというふうに思います。  

広島市議会 2018-03-02 平成30年度予算特別委員会−03月02日-03号

また,スクールソーシャルワーカーに対しては,社会福祉を専門とする大学教授のスーパーバイザーを講師として招聘して,年間3回になりますが,スクールソーシャルワーカー全員を対象とする研修や初任のスクールソーシャルワーカーに対する研修,これは毎月2回行っていますけど,毎月2回実施して,理論研修や事例検討などを行っているところでございます。 ◆木戸 委員         ありがとうございます。