295件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年06月06日

主要農作物種子法、いわゆる種子法でございますが、これは戦後食糧増産という国家的要請を背景に、国や都道府県が主導して、優良な種子の生産や普及を進める必要があるとの観点から制定されたものでございまして、国民食糧を安定して確保するため、これまでその役割を果たしてまいりました。  

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

この所得税法第56条は,戦前の家族主義を基盤とした世帯単位の課税税制の名残で,戦後個人単位課税税制とは相入れない状況になっています。  政令指定都市広島市議会においても,時代に合っていない法律の廃止や見直しについては,積極的に国会政府に意見をすべきと考えますので,ぜひこの意見書提出に御賛同をお願いいたします。  以上でございます。 ○永田雅紀 議長       お諮りいたします。

広島市議会 2019-03-06 平成31年 3月 6日消防上下水道委員会−03月06日-01号

そのため、戦後早くから雨水施設の整備を行ってきましたが、都市化の進展により、アスファルト等で覆われた区域が増加し、雨水が地中に浸透しにくくなったことなどから、時間雨量20ミリ程度の雨で浸水が発生していました。  このため、浸水から市民生命財産を守ることを目的に、平成3年度から時間雨量53ミリを整備基準として、既存施設能力不足を補う雨水幹線やポンプ場などの整備に取り組んでおります。  

廿日市市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

2020年、教育改革戦後一番大きな最大の改革ではないかというふうに言われています。社会がこれほど劇的に変化する中で、教育が形を変えるというのは当然の流れだというふうに思います。ただ、学校にもかなり負担というか、混乱もあるんではないかというふうに思います。小学校においては2020年から、中学校においては2021年から、新しい学習指導要領が始まるというふうに聞いています。

広島市議会 2019-02-22 平成31年第 1回 2月定例会−02月22日-04号

このように,この法律は,戦後,一貫して平和都市建設に取り組み,今日,国内外に向けて平和を発信する広島を築き上げる上でのまちづくりの重要な理念を提示し続けているものと考えております。平和施策においてもこの理念のもとで各種取り組みを進めてきており,その役割は今後とも変わらないものと考えております。  次に,現在の広島市平和政策の施策推進における根拠となる規定はあるかについてです。  

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

また,戦後,広島平和記念都市建設計画によって整備された平和大通り道路空間を活用した新たなにぎわいづくりも必要です。現在,市において平和大通り道路空間を活用した新たなにぎわいづくりのためのさまざまなモデル事業を実施されていますが,余り順調に進んでいないのではないでしょうか。

呉市議会 2019-02-12 平成31年第1回 産業建設委員会

戦後70年が経っていますが、市内にはこれぐらいの大きい規模の防空ごうで未だ埋め戻しされてないところがあるんですか。防空ごうの埋め戻しというのは、県がやる仕事ですか。これには国の補助がありますが、市がやる仕事ですか。 ◎松川土木整備課長 現在把握しているところでは、市内に同程度の大きさの防空ごうは16カ所ございます。

府中市議会 2018-12-07 平成30年第6回定例会(12月 7日)

その山々に戦後植栽されました人工林スギ、ヒノキが50年以上経過して、利用されるときを今かと待っております。県産材、市産材の消費拡大について、市の取り組み、そして現状を問わせていただきます。           〔12番議員 山口康治君 質問席に移動〕 ○議長(加藤吉秀君) 若井建設産業部長、答弁。

広島市議会 2018-12-06 平成30年第 6回12月定例会−12月06日-02号

都心設計図といえば,戦後の出発点は昭和25年の丹下健三氏の広島平和都市建設構想案があります。これは,原爆被爆者慰霊碑から原爆ドームへと続く南北軸を背骨としつつ,平和をつくり出す工場として平和記念公園と中央公園を一体的に整備するということであります。そして,大きなゾーニングとして,本川に沿った広大な緑地空間と,その東側に隣接するスポーツ文化施設群を構想するものでありました。  

広島市議会 2018-11-01 平成30年第 5回11月臨時会−11月01日-01号

最後に,決算第12号,平成29年度広島市競輪事業特別会計歳入歳出決算についてですが,戦後復興のために財源確保を目的に始めた競輪事業ですが,かつてのような市財政への貢献が見通せない以上,きっぱり廃止を決断すべきです。よって,この決算は反対です。  以上で討論を終わります。 ○永田雅紀 議長       以上で討論を終結いたします。  これより採決いたします。  

広島市議会 2018-10-02 平成30年第 4回 9月定例会−10月02日-05号

広島市競輪を始めたのは,戦後,他の都市がそうであったように,都市復興のために大きな財源が必要だったからで,競輪事業には市の財政への大きな貢献が求められました。本来,刑法処罰を受けるギャンブルで地方財政への大きな貢献ということが余り意味をなさなくなれば,違法性だけが残ります。  

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日経済観光環境委員会-10月01日-01号

その点は戦後とは大きく違います。  戦後多くの自治体で、競馬だけじゃなくて、競輪競艇オートレースというふうに全国の自治体に次々と広がっていったのは、やっぱり焼け野原になった都市復興のために、税収が乏しい時期に自治体財政に大きく貢献させるということが最大の目的で、法律に基づく認可を受けて自治体がギャンブルを実施できるようにしてきたということなんだと思います。

広島市議会 2018-09-27 平成30年第 4回 9月定例会-09月27日-04号

広島市でも,1954年度,昭和29年度から一般会計に総額345億円を繰り入れて,戦後復興都市づくりの貴重な財源となってきました。しかし,入場者数,売上数ともに激減し,1997年度,平成10年度以降,長らく繰り入れも行われていません。今後,ギャンブルの違法性を阻却できるほどの大幅な繰り入れが可能だとお考えでしょうか。  

広島市議会 2018-09-25 平成30年第 4回 9月定例会-09月25日-02号

市は,6月の説明会の際にも,基町地区を戦後の広島を支えてきたまちから,これからの広島の将来を牽引するまちへと位置づけを変え,市の責任においてまちづくりを進めていくと説明されましたが,今回のビジョン素案で,高齢化の進展など地元の方々が懸念されている課題の解決を図るため,思い切ったまちづくりの方向性を具体的に打ち出されたことは,住民の方々の不安を和らげ,安心して暮らし続けていただくことにもつながるのではないでしょうか

広島市議会 2018-09-10 平成30年 9月10日都市活性化対策特別委員会-09月10日-01号

◆酒入 委員   30年たつと、大体戦後に建った家がもう建て替えの時期にほとんど来てる。現実に向洋駅の今の海田青崎線の所は小さいお店がたくさんあったんです。お昼の食事をするとか居酒屋とかありましたけども、古くなって全部壊されまして、残っているのが数軒です。そうしますと、先ほどの都市の活性化もそうですけども、近くでお店がなくなる。

府中市議会 2018-09-06 平成30年第5回定例会( 9月 6日)

戦後最悪と言われる西日本豪雨災害で亡くなられた方の御冥福を心からお祈りし、被災された全ての方々に心からお見舞いを申し上げます。なお、今朝早く、北海道胆振地方震度6強という地震がありました。詳細はまだわかりませんが、一刻も早い住民の救出をお祈りします。  では、質問に移らせていただきます。