663件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広島市議会 2019-09-20 令和 元年第 3回 9月定例会−09月20日-03号

ことしの平和宣言で市長がようやく,唯一の戦争被爆国として核兵器禁止条約への署名批准を求める被爆者の思いをしっかり受けとめていただきたいと,核兵器禁止条約への署名批准日本政府に求められたことは,被爆者を初め,核兵器廃絶を求める全世界の市民社会を大きく励ます宣言になったと感じています。

広島市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回 6月定例会−06月20日-04号

広島市戦争による核兵器使用の被害を受けた最初の土地であるという特別な立場も,そのことによる特別な使命感によって核兵器廃絶を基本とした平和推進のための活動に相当の予算を使うということが市民承認されているということも,世界の平和運動からの注目や期待も将来にわたって変わることはないでありましょう。

広島市議会 2019-06-19 令和 元年第 2回 6月定例会−06月19日-03号

また,昨年2018年の長崎市平和宣言が,日本政府に対して,唯一の戦争被爆国として,核兵器禁止条約に賛同し,世界を非核化に導く道義的責任を果たすことを求めたのに対し,広島市平和宣言では,核兵器のない世界の実現に向けた対話と協調への役割を求めるだけでした。このことは,核兵器禁止条約に早期署名を求める被爆者や市民からの期待を裏切るものになったと言わざるを得ません。

広島市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回 6月定例会-06月18日-02号

ここへ付言をすれば,戦後初めて世界へ発信された昭和22年の平和宣言では,この地上より戦争の恐怖と罪悪とを抹殺して真実の平和を確立しよう,永遠に戦争を放棄して世界平和の理想を地上に建設しようと結ばれており,重ねて,昭和24年に制定された平和記念都市建設法,その第1条には,この法律は,恒久の平和を誠実に実現しようとする理想の象徴として,広島市平和記念都市として建設することを目的とするとありました。

廿日市市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年06月06日

また、全国集会では、岡島真砂樹中央執行委員長が今まさに日本国憲法危機だ、平和民主主義危機だ、そして教育危機は安倍政権によってさらに緊迫度を増していると述べ、分科会では、安倍首相国民置き去りの改憲は決して許さないとか、軍事強化、戦争をする国づくりを阻止せよなどリポートもあったと新聞等の報道がありました。  

広島市議会 2019-03-05 平成31年度予算特別委員会−03月05日-07号

1962年のキューバ危機のときに,核戦争が起こったらどうなるかというのは一番よくわかってたのがゲバラだと言われております。今でもキューバ子供たちは,学校で広島,長崎のことを教えられています。さらに,外務大臣として初めてキューバを公式訪問したのは,地元の岸田文雄外務大臣だったというのも強い縁を感じます。

広島市議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日-06号

原爆ドームっていうのは,確かに私も最後の世代被爆二世でございますし,当事者としていろんな思いがございますけれども,確かに戦争というもの,被爆といったもの,これは確かに負の遺産として,我々はまたその実相についても,また鎮魂ということにおいても大切にしていかなきゃいけないテーマであることは,それは間違いないんですね。  と同時に,やっぱり大事なことは,それから広島市がいかに復興してきたっていうこと。

廿日市市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2019年02月22日

本市は、昭和60年に核兵器廃絶宣言をしており、これからも広島や長崎の悲劇を風化させることなく、戦争のない平和な未来を目指さなくてはなりません。  そうした中、本年2月上旬に、アメリカ合衆国及びロシア連邦が中距離核戦力全廃条約の破棄や履行停止を表明するなど、核軍縮に逆行する動きが顕在化しています。  

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

将来の世界を担う若者に戦争の悲惨さと平和のとうとさを伝え,理解し,実践していただくことが平和都市広島の役割であると考えます。その取り組みの一つが修学旅行の誘致ですが,少子化が進展する中,何とか30万人を維持しているというのが現状です。今後,修学旅行生の数を35万人台にすることを目標にするとのことでしたが,その実現に向けてどのように取り組まれているのでしょうか。  

広島市議会 2019-02-20 平成31年第 1回 2月定例会−02月20日-02号

二度と戦争を起こさない,核兵器を使わせないためには,まず為政者自身が率先して歴史学び被爆の実相を理解した上で,人道主義に基づいて平和な世界を構築していくという強い思いを持っていただかなくてはなりません。その意味でも,市が行っている迎える平和は重要な施策であると思います。  

廿日市市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日

また、戦争により多くの方々がそのとうとい命を国にささげられ、そのみたまをお慰めするための慰霊碑が各地に建立されています。ご遺族の方の高齢化や地域での過疎化による後継者不足から、その維持管理が困難な状況になってきています。  戦争の悲惨さや平和の大切さを市民に再認識してもらうためにも、次の点について質問いたします。  

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日総務委員会-10月01日-01号

この研究科においては、研究者だけでなく、国、地方公共団体平和首長会議加盟都市報道機関などの職員が、改めて戦争の脅威と悲惨さ、平和学国際政治学などを学んで、平和の創造、維持のための理論を習得していただくということで、実際に現場でそういった平和の創造や維持に貢献してもらうということを想定されているということで、授業料等の無償化などの社会人に対する支援ということが特に必要であると、市立大学の方でも考

広島市議会 2018-09-26 平成30年第 4回 9月定例会−09月26日-03号

しかし,唯一の戦争被爆国である我が国,日本政府は積極的に核抑止論を唱え,アメリカによる核の傘の力を弱めるあらゆる動きに反対し,アメリカ政府などと一緒になって積極的に核兵器禁止条約に反対しました。そして同条約が採択された直後,この条約には署名しないと言明し1年以上たちましたが,いまだその姿勢を変えていません。

広島市議会 2018-06-22 平成30年第 2回 6月定例会−06月22日-03号

対話による問題の平和的な解決こそ真の道であり,戦争をしないために知恵と力を尽くすのが政治責任であることを示したと言えます。  被爆団体は,6月14日に開かれた定期総会の中で,米朝首脳会談が確認した朝鮮半島の非核化への前進を期待するという特別決議を上げ,非核化と平和体制構築のスタートに向けて具体的な努力を求めています。

広島市議会 2018-06-21 平成30年第 2回 6月定例会−06月21日-02号

本市としては,核兵器の非人道性や戦争の悲惨さを多くの若い世代に理解してもらい,世界恒久平和の実現に向けた共感の輪を広げるため,今後,修学旅行誘致活動における学校訪問の際に,このプロジェクトを紹介してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○山田春男 副議長      都市整備局長。 ◎山地正宏 都市整備局長   広島のまちづくりと都市農業についての2点の御質問にお答えいたします。  

広島市議会 2018-06-01 平成30年 6月 1日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−06月01日-01号

アの平和関連施設については、戦争平和に関する資料の展示等を行うための施設の設置や管理を行うことを目的とした条例で、14自治体が制定していることを確認しています。イの基金については、核兵器の廃絶や住民の平和意識の啓発等に関する事業に必要な財源を確保するための基金の設置や管理を行うことを目的とした条例で、21自治体が制定していることを確認しております。  

広島市議会 2018-05-21 平成30年 5月21日建設委員会-05月21日-01号

やはり戦争核兵器廃絶とか、平和を守るためには広島市はどのような思いをそこで抱いていたのかということも、逆に必要ではないか。視点場の高さは大体、これは地上からですか。それとも、被爆前の地上というのは今の地上よりも下にあるわけです。今後、平和公園では遺構をどのように展示していくかということも検討されていらっしゃると。  じゃあ、その場に立ったとき、そこには市民の生活があったと。

広島市議会 2018-03-27 平成30年第 1回 2月定例会−03月27日-07号

ところが,唯一の戦争被爆国の政府を自認する我が国の政府が,そのアメリカの核軍拡の方針を高く評価すると,全面的に賛成だと表明したことに対し,抗議の声を上げないのは全く理解できません。  思い返せば,昨年,国連で核兵器禁止条約が採択されたときも,この条約に絶対署名しないと言明した我が国政府を厳しく批判せず,政府が唱えている核兵器を持つ国と持たない国との橋渡しを行うことを求めただけです。