9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2019-12-12 令和 元年12月12日経済観光環境委員会−12月12日-01号

◎藤原 農政課長   学校給食を所管する教育委員会健康教育課と連携し、広島近郊大葉野菜などの地場産物利用拡大を図っています。特に学校給食における地場産の日には、こうした地場産物が供給できるよう、生産振興に努めております。 ◆藤井 委員   地場産物利用拡大進めているということであります。広島野菜、ひろしまそだちというのの利用はどのぐらいか分かりますでしょうか。

広島市議会 2019-10-13 令和 元年度決算特別委員会(第1分科会)−10月13日-01号

食材そのもの広島湾大海の幸,また広島近郊大葉野菜など,いろいろと取り組んでおられることはよく承知しております。  その中で,瀬戸内かき海鮮食堂取組について質問をいたします。  これについて,私は,平成28年度分の決算特別委員会質問をしております。その際に,要望としてお伝えをしておいたことがあります。

広島市議会 2019-09-19 令和 元年第 3回 9月定例会−09月19日-02号

また,広島市においても,都市農業振興策として,農業生産技術指導による生産効率化支援コマツナホウレンソウなどの広島近郊大葉野菜消費拡大,さらに都市農業の安定的な継続を図るため,市独自の支援制度となる農業継承円滑化支援事業による新規就農者への交付金支給などの事業が実施され,JAとの協力により一定の成果が出ているものと評価しています。  

広島市議会 2019-07-30 令和 元年 7月30日経済観光環境委員会−07月30日-01号

イの“ひろしまそだち”地産地推進事業については、表に示している「広島近郊大葉野菜など、“ひろしまそだち”産品生産振興農業における生産工程管理取組であるGAP推進等に取り組みます。  ウの6次産業化サポート事業については、農林産品加工販売など6次産業化に取り組む農業者林業者を支援いたします。  36ページをお開きください。  

広島市議会 2018-09-03 平成30年 9月 3日経済観光環境委員会-09月03日-01号

イの“ひろしまそだち”地産地推進事業については、「広島近郊大葉野菜など“ひろしまそだち”産品生産振興農業における生産工程管理取組であるGAP推進及びPR等に取り組むことにより、「市内産、新鮮、安心」な“ひろしまそだち”産品を通じた地産地消を更に進め、消費拡大を図ります。  

広島市議会 2018-03-12 平成30年度予算特別委員会−03月12日-09号

圏域内公設市場への出荷を拡大することにより,広島近郊大葉野菜,コマツナサラダミズナシュンギクホウレンソウパセリ青ネギを初めとする圏域内農作物生産拡大を促し,より一層圏域内農作物地産地消が進むことを目的としています。 ◆太田 委員         昨年9月に開催をされていますけれども,商談会実績,そして成果と課題をあわせてお願いします。

広島市議会 2016-10-17 平成28年度決算特別委員会(第1分科会)−10月17日-01号

広島湾大海の幸や,最近では広島近郊大葉野菜PRなど,広島のうまいもの,これをブランド化して積極的に売っていこうという姿勢は,私は大賛成なんです。ただ,数値化することはとてもどれも難しい取り組みだと思っておりますが,数字で示すことができる実績があればお示しください。 ◎今富 観光企画担当課長   数値化できるもののうち,まず瀬戸内かき海鮮食堂における限定メニュー提供数がございます。

  • 1