214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

府中市議会 2019-09-13 令和元年第3回予算特別委員会( 9月13日建設分科会)

それから2階に上がる手すりについては、大正モダニズムをあらわすデザインとなっております。それから映画館として使用されていた古い映写機、映写室もございまして、白黒映画から始まりましたシネマ時代を思い出されること、などなど歴史的な価値を持つ建物であるということでございました。

府中市議会 2019-09-11 令和元年第3回予算特別委員会( 9月11日総務文教分科会)

先ほど指定文化財を改修前の状態で目指すのか、改修後を目指すのかということでございますけども、やはりこちらの建物につきましては、大正期に立ち上げられてこの間いろんな扱い利用される中で、上下の町並みとあわせて非常に建物の価値があるというような指導をいただいている、先生からも意見をいただいております。

府中市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会( 9月 6日)

そしてこの映画の中で、企業と住民の調整に当たる中心的役割を担った人物として登場する方のモデルとなりましたのが、旧大正村、現在の府中市協和地域木野山町出身の角彌太郎氏でございます。煙害という非常に難しい問題解決のために、住民に誠意をもって対応され、高さ156メートルの大煙突を立てるなど、さまざまな施策により問題を解決に導き、住民の厚い信頼を得た人物であったと伺っております。  

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

どうしてもやむを得ないときに行政が助ける公助という考え方は,明治大正時代の援助を受ける人を自立した人間として扱わず,生きていればいいというだけの最小限の恩恵を与える,つまり救済家族及び親族並びに近隣による扶養相互扶助にて行うべきであるとし,どうしても放置できない身寄りのない困窮者だけはやむを得ず国庫救済してよいとされた時代に逆戻りしかねない考え方です。公助の考え方とよく似ています。  

広島市議会 2018-09-25 平成30年第 4回 9月定例会-09月25日-02号

また,鹿児島県桜島では約100年前の1914年── 大正3年に大噴火しています。その8時間後にはマグニチュード7.1の地震が起きました。このときの噴煙は高度8,000メートルに達し,火山灰は東北地方にまで飛んでいきました。現在の試算では,桜島のマグマの量は,その当時の約90%まで回復しています。今のペースでマグマがたまると,2020年代には大正大噴火のレベルにまで達すると予想されています。

府中市議会 2018-06-14 平成30年第3回定例会( 6月14日)

古くは大正14年に刊行された書物におきまして、国宝の価値ありと紹介されたものがございました。  しかしながら、神像がお寺の仏像のように日常的に崇拝されるような扱いではなかったため、その後におきまして学術的な価値づけがなされない状況となっていました。  時が過ぎまして、平成14年に建築学が御専門の学術的見識者の方、三浦正幸先生と言われる方と市の教育委員会におきまして調査を行いました。

広島市議会 2018-04-20 平成30年 4月20日経済観光環境委員会-04月20日-01号

具体的には、①記憶の継承の場として、レストハウスは、原爆ドームとともに爆心地に最も近い被爆建物であり、被爆の記憶をとどめているとともに、旧大正屋呉服店として被爆前の中島町の面影を残す唯一の建物であり、建物の特質を最大限にいかすことにより、平和記念公園の価値の一層の向上を図ってまいります。  

広島市議会 2018-03-16 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号

最後に,歴史ある風情の復活では,猿猴橋を地元のまちづくりと連携して大正時代の竣工当時の姿に復元し,交通の要衝として栄えた当時の風情を復活させました。また,この川の駅を拠点とし,猿猴橋,そして京橋,元安橋の三つの橋を通り,平和記念公園までの旧西国街道をまち歩きコースとして整備をしているところです。  

広島市議会 2018-03-09 平成30年度予算特別委員会−03月09日-08号

また,建物については,被爆前の旧大正屋呉服店の外観に近づけるため,例えば建物南西側にバルコニーを,正面の屋根の装飾を当時の形状に,それぞれ復元する予定です。  次に,レストハウス機能の拡充については,1階に観光案内所と売店を,2階に約100名が利用できる休憩喫茶室を整備するほか,トイレを各階に設けるなど,レストハウスを訪れる方の利便性を向上させます。  

広島市議会 2018-03-08 平成30年度予算特別委員会-03月08日-07号

現在供用されております,瀬野西インターチェンジから東側に約900メートルの安芸区上瀬野町上瀬野を起点とし,海田町大正交差点西側の安芸郡海田町南堀川町を終点とする,延長9.6キロメートル代表幅員20.5メートル自動車専用道路であり,昭和50年度に事業化され,全体事業費は約1192億円となっています。  次に,安芸バイパスでございます。

府中市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会( 3月 1日)

といいますのは、今、朝のNHKの連続ドラマで「わろてんか」というがのやっとるんですけれど、これは吉本新喜劇の女社長の話ですけれど、大正時代に、女社長が生まれたというのは、その当時は、女性は太陽であるという、大正ロマンという時代背景があったから生まれたんだと思うんです。女性を安く使う考えは変えてほしいと思うところであります。

広島市議会 2017-03-14 平成29年度予算特別委員会-03月14日-13号

死後にもらったのは,大正4年,豊臣秀吉大正6年に織田信長がもらっています。それが最後です。日本ではその後,正一位をもらった人はいません。  伏見稲荷は,先ほど言いましたけども,日本の稲荷の総本社で王子稲荷というのは関東の総司で,言い伝えでは,大みそかに関東中のキツネが集まって王子稲荷にお参りするそうです。ですから,王子では,今でも大みそかにキツネの仮装をしてパレードが行われている。

広島市議会 2016-11-21 平成28年11月21日総務委員会−11月21日-01号

名古屋大学減災館、非常に防災の取組として大学が中心になって貢献をされているんですが、どういう名前だったか、名前が明らかでありませんが、とにかく明治大正昭和初期、中期、現在というふうにそれぞれの地域の等高図と言いましょうか、そういうものを、現在はこういう形だけど、50年前はそこは沼であったとか山であったとか、そういうことが一目で分かるようなそういうものが準備してありました。