68件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福山市議会 2020-02-26 02月26日-03号

例えば,北産業団地の第2期工事や駅前,駅裏の再開発大型道路建設やリム・ふくやまの改修予算など,急迫性のない事業は一旦中止して,必要な護岸整備などの予算に振りかえることを求めるものです。 以上についての御所見をお示しください。 手城川流域の災害防止対策について。 現在,手城川河口のヘドロしゅんせつ護岸整備が行われているところです。 

福山市議会 2019-12-13 12月13日-05号

市は福山道路などの大型道路を推進していますが,生活道路安全対策こそ率先して進めるべきです。 以上,それぞれについて御所見をお示しください。 次に,環境行政について,温暖化対策再生可能エネルギー利活用促進について伺います。 12月2日から本日13日まで,国連気候変動枠組条約の第25回締約国会議,COP25が開かれています。

福山市議会 2019-12-04 12月04日-01号

人口減少時代を迎え,生産年齢人口が減少する中,渋滞解消というなら,右左折レーンの延伸や新設,新たなアンダーパス化を検討するなど,高額な大型道路新設ではなく,安価な手法を検討するべきである。 都市計画費として,立地適正化計画策定費953万1000円が執行されたが,この計画は,行政区域を定め,市民住居生活に必要な施設を誘導するものである。

福山市議会 2019-09-11 09月11日-04号

また,渋滞解消のためには,莫大な費用と長い期間のかかる大型道路新設ではなく,安価で短期間にできる現道路交差点拡幅改良などを行うべきです。渋滞ランキングに掲載された交差点における広島県道路交通渋滞対策部会での最新の議論の状況をお示しください。 次に,計画区間について伺います。 多治米川口線について,6月議会では最適のコースとの認識が示されました。地域住民にとっては耳を疑うような認識です。 

福山市議会 2019-06-26 06月26日-04号

さらに,高架式大型道路建設大気汚染騒音振動などの公害や,地域が分断されるほか,建設費により市民負担増嵩します。そのため,長年にわたり住民から根強い反対運動が展開されています。福山道路建設計画を中止するべきですが,御所見をお示しください。 次に,自転車利用公共交通促進について伺います。 国道2号線の自動車流入を減らすためには,車依存からの脱却が必要です。

福山市議会 2018-03-22 03月22日-06号

また,大型道路建設に係る予算が組まれていることも問題である。 教育費について,教職員の多忙化解消するためにも,35人学級を全学年で実施するべきである。 子どもたちを厳しい規則で縛る生徒指導規程は,合理的で簡潔なものに改めるべきである。教育は,財界や政府の望む人材づくりではなく,全ての児童生徒の豊かな人格形成を目指して,主権者としての基礎的な力を育むことである。 

福山市議会 2017-06-28 06月28日-04号

計画区域状況から,当区間大型道路建設することは困難と思料するものですが,御所見をお示しください。 次に,渋滞解消策について伺います。 国道2号線は,産業道路であると同時に,多くの市民が通勤や買い物などに活用する重要な生活道路となっています。それが一時的な交通渋滞を加速し,交通事故が多発する要因とも考えられます。

福山市議会 2017-03-23 03月23日-06号

住民反対している,まちこわしの大型道路建設予算が計上され,静かな農村地帯に新たに2150台の自動車が走行し,騒音振動大気汚染交通事故環境悪化を及ぼすスマートインターチェンジ建設を進めていることは認められない。 今年度も部落解放同盟福山協議会への団体補助金が200万円計上されているが,きっぱりと廃止するべきである。 

福山市議会 2016-03-11 03月11日-06号

住民反対しているまち壊しの大型道路建設予算地域内に新たに2150台の自動車が走行し,静かな農村地帯騒音振動大気汚染交通事故環境悪化を及ぼすスマートインターチェンジ建設は認められない。 今年度も部落解放同盟福山協議会への団体補助金が200万円計上されているが,きっぱりと廃止するべきである。 

広島市議会 2015-06-24 平成27年 6月24日建設委員会-06月24日-01号

長束八木線について、今、私も質問をさせていただいているわけですけども、住民の皆さんはこういう大型道路ではなく、生活道路拡幅を急いでいらっしゃると思うんですが、私が一つだけ最後言いたいのは、長束八木線がなければダムの整備ができないかどうか、これだけちょっとお聞きします。

福山市議会 2015-03-18 03月18日-06号

また,スマートインターチェンジへの進入路の一部には,福山西環状線へのアクセス道が含まれ,大型道路建設を一層進めることにつながり,認めることはできない。 以上に述べた政治的比重から,反対。 との意見が述べられ,委員多数をもちまして,原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 次に,議第52号市道路線廃止については,全員異議なく,原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。 

福山市議会 2014-12-02 12月02日-01号

福祉・教育への予算を渋る一方,国,県に追従し,大型道路建設を進めている。 また,人権交流センター人権平和資料館事業が,長年同一の団体に委託されているあり方は再検討し,コミュニティセンター18館は,さらに広く地域に開かれた施設とし,児童館的な活用もできるよう条例の改正が求められる。いまだ部落解放同盟への団体補助金が220万円支出されているが,きっぱり廃止をするべきである。 

廿日市市議会 2014-09-12 平成26年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日:2014年09月12日

県も2011年から3年間で大型道路整備計画には約1,650億円、1年間で約410億円をつぎ込んでいます。今回の災害を教訓に、こうした方針を転換し、災害未然防止のための対策予算を抜本的に厚くすべきだと考えます。  以上を踏まえ、市民の命と財産を守るために、ハード、ソフト両面での対策を求め、3点質問いたします。  その1点目です。

福山市議会 2014-03-06 03月06日-05号

今後,少子化の進行や自動車減少時代を迎える中,大型道路建設よりも,既設道路橋梁維持補修が急がれるのではありませんか。道路政策について,不要不急大型道路建設から,維持補修長寿命化などに思い切って転換することが必要ではないでしょうか。御所見をお示しください。 福山市の老朽化した橋梁維持補修の必要な道路の総延長はどれくらいか,数値をお示しください。