5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

廿日市市議会 2016-12-08 平成28年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2016年12月08日

平成28年7月1日に、文部科学省地震調査研究推進本部が公表した中国地域活断層長期評価長期予報というものですけれども、いつどこで地震が発生してもおかしくないことが示されていると。そういうふうに受けとめており、地震対策必要性、これを再認識したところでございます。

福山市議会 2016-09-23 09月23日-03号

本年7月,国の地震調査研究推進本部が公表した中国地域長期評価において,中国地域東部地区は,活断層も少なく,地震活動も低調であり,今後30年以内にマグニチュード6.8以上の活断層による地震が発生する確率は2%から3%で,中国地域全域発生確率50%に比べ低くなっておりますが,地震など自然災害に対する日ごろからの備えは重要であると考えております。 

尾道市議会 2016-09-08 09月08日-02号

阪神淡路大震災を機に、政府は地震調査研究推進本部を設置して活断層帯研究し、現状評価長期評価、強震動評価津波評価、長周期地震動に関する検討を開始しました。活断層で発生する地震は、数百年から数十万年の活動間隔なので、海溝型に比べて研究が困難と言われていますが、熊本地震が起き、改めて活断層地震の怖さ、被害の甚大さに驚いております。

  • 1