53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-10-23 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年10月23日

126 ◯総務課長 この高調波工事でございますけれども、地下にありますいろんな電気設備から、高調波という周波の違ったいろんな電波が出るということで、周辺機器に熱を与えたり、映像でありましたら画像の乱れとか、障害が出るということから対策工事が必要であるということから、予算の計上をさせていただきまして、実際入札をいたしましたところ、このような結果になったということでございます

府中市議会 2018-12-07 平成30年第6回定例会(12月 7日)

しかしながら、情報格差の是正につきましては、現在、国、総務省においてLTEによる4G回線を利用した情報回線にかわり、2020年には次世代型の超高速多数接続が可能な5G回線の実現に向け、研究開発総合実証試験周波の確保などが現在行われるなど、大きくかじが切られようとする流れがございます。  こういった状況の中で、このままでは府中市が今以上におくれをとるという危機感を感じておるところでございます。

三原市議会 2016-09-08 09月08日-04号

開設しなかった理由    イ 要請があった地域のみに開設することの不公平   (2) 自主防災組織への防災リーダー育成    ア 防災リーダー活用無策    イ 自主防災組織リーダーの新設   (3) 避難所開設における自主防災組織との連携   (4) 防災行政無線難聴地域の現状   (5) 防災行政無線自治会放送設備接続   (6) 防災行政無線の全デジタル化に伴うデメリット   (7) 周波

呉市議会 2016-09-08 09月08日-04号

開設しなかった理由    イ 要請があった地域のみに開設することの不公平   (2) 自主防災組織への防災リーダー育成    ア 防災リーダー活用無策    イ 自主防災組織リーダーの新設   (3) 避難所開設における自主防災組織との連携   (4) 防災行政無線難聴地域の現状   (5) 防災行政無線自治会放送設備接続   (6) 防災行政無線の全デジタル化に伴うデメリット   (7) 周波

広島市議会 2016-04-21 平成28年 4月21日消防上下水道委員会−04月21日-01号

消防隊等が使用する消防救急無線は、これまでアナログ方式を使用していましたが、スマートフォンタブレット端末普及に伴う電波有効利用のため、電波周波割当が見直され、全国の消防本部が使用している全ての消防救急無線は、平成28年5月31日までに、デジタル方式に移行することが義務付けられました。  

広島市議会 2015-07-27 平成27年 7月27日消防上下水道委員会−07月27日-01号

電波法が改正され、消防救急無線デジタル化周波変更が義務付けられたため、平成28年4月1日の運用開始を目指して整備を進めており、経費節減を図るため、近隣市町共同基地局無線装置等整備を行っています。  整備スケジュールにつきましては、昨年度と本年度の2か年で、機器の製作・設置を行っております。  26ページを御覧ください。  項目13の消防広域応援体制の充実でございます。  

広島市議会 2014-07-15 平成26年 7月15日消防上下水道委員会−07月15日-01号

電波有効活用を図るため、電波法が改正され、消防救急無線について、デジタル化周波変更平成28年5月末までに行うことが義務付けられたため、平成28年4月1日の運用開始を目指して、整備を進めています。  なお、経費節減を図るため、近隣市町共同基地局無線装置等整備を行っています。  

三原市議会 2013-09-11 09月11日-01号

これが一つの塊なら共振する周波一つなんですが、幅が違う縦長校舎がくっついた構造ですと共振する周波がふえまして、倒壊をしやすくなるのではないかと思われます。鉄骨補強で一部分だけを補強するよりも、いっそのこと建てかえまして一体となった校舎のほうが安全になるのではないかと思うんですが。それともう一つは、鉄骨補強校舎寿命は延びるんでしょうか。お尋ねします。

呉市議会 2013-09-11 09月11日-01号

これが一つの塊なら共振する周波一つなんですが、幅が違う縦長校舎がくっついた構造ですと共振する周波がふえまして、倒壊をしやすくなるのではないかと思われます。鉄骨補強で一部分だけを補強するよりも、いっそのこと建てかえまして一体となった校舎のほうが安全になるのではないかと思うんですが。それともう一つは、鉄骨補強校舎寿命は延びるんでしょうか。お尋ねします。

広島市議会 2013-07-23 平成25年 7月23日消防上下水道委員会−07月23日-01号

電波有効活用を図るため、電波法が改正され、消防救急無線について、デジタル化周波変更平成28年5月末までに行うことが義務付けられたため、平成28年4月1日の運用開始を目指して、整備を進めています。  なお、経費節減を図るため、近隣市町共同無線基地局等整備を行うこととしています。整備スケジュールにつきましては、表のとおりで、今年度は実施設計を行います。  

広島市議会 2013-03-12 平成25年度予算特別委員会−03月12日-10号

◎水落 警防課長       無線設備につきましては,国が使用用途に応じまして周波を割り当てているため,交信はできません。  デジタル化メリットについてですが,主なメリットといたしましては,チャンネル数がふえますことから,災害が複数発生した場合においても無線の混信を防ぐことができます。また,音声が明瞭になるとともに,個人情報保護強化が図れます。