4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2017-12-13 平成29年12月13日経済観光環境委員会−12月13日-01号

昨年度、原爆犠牲ヒロシマの付近にオブジェを設置しましたところ、慰霊、鎮魂の場にふさわしくないとの御指摘がございました。このため、今年度は、平和推進課と協議しまして、元安橋から平和大橋までの間にはオブジェを設置せず、慰霊碑よりも南側に装飾する樹木、これをバランスよく選定した上で、上品な色合いの電飾を施すこととしたものです。

広島市議会 2015-03-04 平成27年度予算特別委員会−03月04日-07号

◆馬庭 委員         カキ船が平和情報発信をするっておっしゃったんですけども,カキ船の横にもっと情報発信できる原爆犠牲ヒロシマ,こちらがそうですけれども,この歴史は,長く言うと時間がございませんけれども,これは結局,原爆瓦が出て,それを発掘して,子供たちが発掘して,そしてこれは貴重だから残そうと,子供たちが原爆瓦を掘り起こしたものです。

広島市議会 2014-12-16 平成26年12月16日経済観光環境委員会−12月16日-01号

それからこれが原爆犠牲ヒロシマ小学校中学校、高校生の子供たちが元安川で原爆瓦等を発掘する活動をする中で、全国から寄せられた基金で建てられた碑です。紹介したように、ここは他の所もそうなんですけれども、碑前祭をずっとやられておりますが、その上流ちょっと隣には、これは双葉ライオンズクラブが管理者になっているんですけれども、平和祈り中曽根康弘氏の直筆の碑文があります。

広島市議会 2014-12-11 平成26年第 5回12月定例会−12月11日-03号

元安橋と平和大橋の間の護岸には,原爆犠牲ヒロシマを初め,平和祈り句碑など八つの慰霊碑が並んでいます。世界遺産原爆ドームのバッファーゾーンであり,原爆で多くの人が亡くなった,神聖な祈りの場所です。小・中・高校生が河原に埋まっている原爆瓦を発掘し続けた場所です。原爆瓦の発掘・保存運動とともに,全国から寄せられた児童・生徒,市民の献金によって建立されたのが原爆犠牲ヒロシマです。

  • 1