108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広島市議会 2018-12-12 平成30年12月12日総務委員会−12月12日-01号

厳しい財政状況の下ではありますけれども、今後勤務条件の改善等に向けて関係団体とも十分協議をしながら検討を進めていきたいと考えております。 ◆村上 委員   はっきり言えないということなんでしょうけれども、しかし、改善して下がるというのは普通考えられないので、どれだけ上がるかということは置いとっても、下がらないというふうに、でないとおかしいというふうに申し上げておきます。  

府中市議会 2018-12-10 平成30年総務文教常任委員会(12月10日)

それに加えて、社会情勢適応の原則に基づきまして、職務に精励している職員に対して、適正な給与、その他勤務条件を確保することは、職員の努力や実績に報いるとともに、組織活力の向上、そして、行政の効率化、安定的な運営に寄与するものと考えております。  このたびの発災以降、職員は日々全力で復旧業務にあたっております。それぞれの業務に着実に取り組んでおりまして、職員も頑張っているところでございます。  

府中市議会 2018-12-07 平成30年第6回定例会(12月 7日)

学校現場での先生方の働き過ぎ、これについてですけれども、いずれにしても教員健康で生き生きと働くためには、ブラック企業ならぬブラック職場とやゆされている学校職場での勤務条件の改善が強く求められていると言えます。教育のまち、子育てのまちを一つのコンセプトにする当市でありますから、この点についてはやっぱり強く改善が進められていくべきだと考えております。  

広島市議会 2018-12-07 平成30年第 6回12月定例会−12月07日-03号

この会計年度任用職員制度については,全国で64万3000人もの臨時・非常勤職員がさまざまな分野で活動していることから,この臨時・非常勤職員の適正な任用・勤務条件を確保するために導入されると伺っています。内容的には,臨時・非常勤職員の任用,服務規律等の整備を図る一方で,特別職非常勤職員や臨時職員の任用要件の厳格化を行うものとされています。

府中市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会(12月 6日)

今回の制度の導入については、補助的な業務に従事する臨時職員及び非常勤嘱託員を会計年度任用職員といたしまして、その任用勤務条件について、統一的に取り扱うこととなっております。また、どういう職務が補助的な業務に該当するのか、判断が難しいということもございますが、しっかりと検討いたしまして、適切に判断していく必要があるかと考えているところでございます。  

府中市議会 2018-09-11 平成30年総務文教常任委員会( 9月11日)

本市については、その6名のうち、そして4団体から申し出のうち1団体と、今、勤務条件等のお話をさせてもらっている最中でございます。今の段階ではこの1名というところでございます。 ○委員長(三藤毅君) ほかにございませんか。               〔ほかに質疑する者なし〕 ○委員長(三藤毅君) なければ、本案に対する質疑はこれにて終了いたします。  続いて、討論を行います。  

広島市議会 2018-06-22 平成30年第 2回 6月定例会−06月22日-03号

国は,今回の法改正の趣旨は,任用の適正化と勤務条件の確保であると国会で答弁していますが,任用の適正化といって今まで脱法状態であったものを解消しても,待遇改善が進まなければ年々業務量がふえ,責任の重くなる嘱託職員の苦労に報いることにはなりません。人手不足も解決できません。どのようにお考えでしょうか。  基町住宅地区について,最後,お聞きします。

府中市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会( 6月15日)

○7番議員岡田隆行君) きょうの場合は、大きい柱の二つ目の勤務条件等でありましたけど、1点目において、やっぱり業務改善のいろんな面でできる部分もあると思います。そうすると、年休も取りやすくなってくることもあるかなと思います。いずれにしても、先生たちが健康で暮らせるように、これが一番だと思います。  先般、知り合いの教員からこんな話を聞きました。

府中市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会( 3月 1日)

予定では、平成29年度中に臨時・非常勤職員の実態把握を行い、会計年度任用職員勤務条件等を検討する中で、平成30年度中に勤務条件などを確定させまして、平成31年3月議会条例を上程したいと思っております。平成31年4月から募集を始めて、平成32年4月からの採用というふうなスケジュールで、国のスケジュールどおりでございます。ただし、各自治体勤務条件などの整備状況があります。

広島市議会 2017-10-11 平成29年度決算特別委員会−10月11日-02号

◎石橋 調整担当課長     県費負担教職員勤務条件につきましては,本市の制度に合わせることを基本に,権限移譲後も全体として移譲前の給与等の水準を確保できるよう,職員団体や関係部局と協議し,必要な措置を講じました。具体的には,正規教員の給料等について,広島県の給料表を本市の給料表として定めることや,期末・勤勉手当等に反映する地域手当を大幅に引き上げることなどにより対応しました。

府中市議会 2017-09-11 平成29年第3回決算特別委員会(9月11日)

この市費採用教員の勤務状況ですが、小中一貫教育授業を主たる任務としておりますので、学級担任校務分掌、部活動等の業務を割り当てない勤務条件としております。したがって、残業に相当する勤務実態は発生しておりません。  議員が御指摘される教職員の勤務実態調査については、市費の教員のみならず、現在的な学校状況に対する御心配として受けとめるものでございます。市内の学校ではタイムカードは導入しておりません。

広島市議会 2017-07-19 平成29年 7月19日文教委員会-07月19日-01号

これにつきましては、教育職員の勤務条件休日取扱いということになりますので、今後、こういった取扱いの変更等々を検討していくに当たりましては、職員団体の方と協議、調整を行う、交渉を行っていくということが必要になろうかというふうに考えておるところでございます。 ◆碓井 委員   大体よく分かるんですが、今日は初日ですから、これについては、1年間、どうしても条例を作るなら条例作る、委員長。

広島市議会 2017-06-27 平成29年第 2回 6月定例会−06月27日-04号

議員御指摘の答弁は,本年2月議会において中森議員からあった,県費負担教職員制度権限移譲に伴い,勤務条件が低下するものはないか,あるとすればどういうものかとの御質問に対するもので,答弁の中では給与や諸手当等については本市の制度に合わせることを基本としている旨をお答えしたものです。

広島市議会 2017-06-23 平成29年第 2回 6月定例会−06月23日-02号

今後,この事業を先行して実施している事例に見られるような成果が得られるよう,事業を実施していく中で必要に応じてコーディネーターの勤務条件の改善について関係部局と協議を行い,適切な事業の運用に努めたいと考えております。  次に,この自殺未遂者支援コーディネーター事業について,今後,増員や他の病院にも順次配置していくなど拡充していく必要があると思うがどうかとのお尋ねでございます。  

府中市議会 2017-03-07 平成29年第1回予算特別委員会(3月 7日総務文教分科会)

しかしながら、開設時間の延長といったことになりますと、放課後児童クラブの指導員として働くことを希望される方にとっては、勤務条件面の選択理由といったことにも直結してくるものでございまして、これまでも広島県東部方面に広く応募を募ってきている状況はあるんですけど、現実的にはこういったところでなかなか難しい状況も一面ではございます。

広島市議会 2017-02-28 平成29年度予算特別委員会-02月28日-03号

これまで県が行っておりました教職員給与勤務時間,その他の勤務条件等の労務管理,文部科学省との調整を含む定数管理のほか,学級編制や教職員配当基準の検討,人事給与システムの稼働に伴う運用・保守などに係る業務が新たに発生をいたします。また,これらに対応するために,組織体制の整備が必要となります。