1142件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

広島市議会 2019-10-28 令和 元年第 4回10月臨時会−10月28日-01号

これまで行われてきた保険料上昇抑制のための一般会計からの繰り入れをなくそうとするものですが,低所得加入世帯の生活への配慮を欠いたやり方は,自治体の役割を投げ捨てるものと言わざるを得ません。今,国保行政に求められることは,サラリーマン世帯の2倍にも上る高過ぎる保険料をいかに引き下げていくかの努力です。

広島市議会 2019-09-24 令和 元年第 3回 9月定例会−09月24日-04号

昨今の町内会加入率からすれば,脱退世帯や未加入世帯などがふえてきており,これら未加入世帯に対しての民生委員活動は非常に難しいものがある。できれば市役所のOB職員民生委員の委嘱をし,脱退や未加入世帯の対応をしてほしいなど。最近では民生委員も各町内会役員の位置づけでお願いしているところもあるとのこと。  そこで,一つ提案があります。

広島市議会 2019-09-20 令和 元年第 3回 9月定例会−09月20日-03号

今後は少子高齢化に伴う共働きの増加,定年延長,核家族化,個人主義重視などの影響によって各団体への加入率は年々減少し,今後ますます将来の担い手が不足することが想定されております。すなわち,地域活動は衰退する一方で,将来に向けて危機的状況にあります。誰が地域の安心・安全を守り,誰がお祭りや運動会といった地域文化歴史を後世に語り継いでいくのか,今,真剣に取り組まなければなりません。  

府中市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会( 9月18日)

質疑に入り、「特定健康診査受診に係る個人負担金の見直しとして、受診料を無料としたとなっているが、何名の利用があったのか」という趣旨の質疑があり、担当課長から「平成30年度末の国保加入者7,916人のうち、法定報告の数値だが、健診対象者が6,221人、そのうち健診した人数は2,458人となり、受診率は39.5%となっている」という趣旨の答弁がありました。  

府中市議会 2019-09-12 令和元年厚生常任委員会( 9月12日)

ですので、府中市病院は開示病院として今登録してありますけれども、府中市民病院はまだでございますので、電子カルテがやっと整いましたので、こういった関係でもし加入していければと思っておりますけれども、市といたしましてもHMネットの普及につきましては医師会さん、それから県や県医師会さんと連携しての普及促進の研修会などに取り組んでいきたいと考えております。 ○委員長(棗田澄子君) 広瀬副委員長。

府中市議会 2019-09-10 令和元年第3回決算特別委員会( 9月10日)

そういったところで県内多くの自治体加入されております退職手当組合につきまして、今後メリット・デメリットを含めまして検討してみたいと思っております。 ○委員長(三藤毅君) 浅野観光課長。 ○観光課長浅野昌樹君) 観光府中市のさらなる発展をということで、人口減が続く中で観光資源観光へ生かすことが大切であるということで、観光課としてもそれを目指して動いているところでございます。

府中市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会( 9月 6日)

総務部長(粟根誠司君) 現状での課題ということで、これまでも定期的に誘致の会の皆さんとそういったことについて確認をするなどして把握をしてきたつもりでございますが、ただ議会常任委員会から御要望があり、保険について誘致の会も加入の指示、あるいは依頼をしていたのでございますが、オープンと同時にではなく最近の加入ということがございました。

府中市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会( 9月 5日)

加入率の向上による普及促進は、事業を進めていく上で重要な課題と捉えております。また、上下処理区におきましては、ほぼ100%の接続となっております。 ○議長(加藤吉秀君) 大本千香子君。 ○16番議員(大本千香子君) 76.7%の接続率ということなんですけれども、未接続の世帯については、どのような働きかけをされているのか伺いたいと思います。  

廿日市市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日:2019年03月22日

国民健康保険特別会計について、本市にも多くの外国人労働者が住んでいるが、国民健康保険加入状況と保険料の滞納状況を問うという質疑に対し、国民健康保険外国人への適用は、平成29年度末で484人であり、全被保険者の約2%である。滞納状況は、平成31年2月20日収納日現在で207世帯、2,275万3,804円であり、滞納世帯数に占める割合は約10%であるとの答弁がありました。  

府中市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会( 3月19日)

国民の4人に1人が加入しており、国民保険医療制度の重要な柱となっております。  府中市の国保加入者の1人当たりの収入の平均値を見ると、年間約64万円と低く、協会けんぽ加入組合健保に比べ、保険税への負担感が大きくなっています。実際、国保税の滞納世帯は、広島市が20%、府中市が5.6%、広島県内平均でも14.3%と、収納率の悪化が懸念されております。

府中市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会( 3月 8日)

府中市国民健康保険加入者は何人で、平均所得は幾らか、あわせて保険税が所得に占める割合は、協会けんぽや組合健保と比べてどうなっているのか、どう違うか、御提示をいただきたいと思います。  ここからは、質問席にて一問一答形式で行わさせていただきます。           〔7番議員 岡田隆行君 質問席に移動〕 ○議長(加藤吉秀君) 九十九健康福祉部長

広島市議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日-06号

この計画書では,商店街への加入や行事への協力地域へのコミュニティースペースの提供,防犯防災活動等のまちづくり活動への参加等の,出店後に取り組む地域貢献活動の記載を求めております。今後も,このガイドライン等を通じまして,大規模小売店舗の設置者,小売事業者による地域社会に対する貢献活動を促進していきたいと考えております。

廿日市市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日:2019年02月26日

市は、認知症と診断された市民を登録し、保険料を支払って保険加入し、認知症患者が起こした事故火災などで本人や家族が賠償責任を負った場合は、市が保険金(最高2億円)を賠償金として請求者に支給する。市は、必要予算を年間約3億円と見込んでおり、市民税を1人年間400円上乗せし、財源とする。  

広島市議会 2019-02-21 平成31年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

国保は高齢者や低所得者の加入割合が高くならざるを得ない制度であることから,所得に対する保険料負担が重くなっています。このため,国として低所得者の保険料について法律で軽減措置を講じており,この軽減措置を平成26年度から6年連続で拡充してきていると承知しています。  また,国保料の負担率引き下げについては制度が抱える構造的な課題と捉え,その解決のために国に対して白本要望を行っているところです。  

広島市議会 2019-02-20 平成31年第 1回 2月定例会−02月20日-02号

本市の職員互助会に対する公費助成額が政令市の中で最も多くなっている要因は,本市職員互助会は,教員を含む職員のほか,嘱託職員等も正規職員と同様に加入しており,公費助成を行っている他の政令市に比べ,平成30年4月1日現在の会員数が2万856人で,最も多くなっていることによるものです。

広島市議会 2018-12-21 平成30年12月21日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−12月21日-01号

ただ、広島市議会の方、約7割の加入ではありますけれども、全員が加入しなければならないのかどうかは別といたしまして、我々は来春は選挙があるわけですけれども、改選後には、新たな会長も選んでいただいて、公式的な議員連盟にしていただきたいと考えています。