7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2019-09-19 令和 元年第 3回 9月定例会−09月19日-02号

G20大阪サミットの開催に合わせた被爆地訪問については,長崎市と連携して各国大使館に要請し,その結果,本年6月に,トゥスク欧州理事議長,ピニェラ・チリ共和大統領及びムハンマド・サウジアラビア王国皇太子に本市を御訪問いただきました。3名とも平和記念資料館を見学され,トゥスク議長とムハンマド皇太子被爆体験証言の聴講もされるなど,被爆の実相に触れていただきました。

広島市議会 2018-11-02 平成30年11月 2日大都市税財政・地方創生対策特別委員会−11月02日-01号

これに対する国の措置状況でございますが、世界の政治指導者や若者への広島・長崎訪問の働き掛けについては、本年3月のスリランカ大統領、10月のタジキスタン共和大統領及びリトアニア共和国首相の広島訪問が実現し、平和記念資料館視察、原爆死没者慰霊碑への参拝・献花を行っていただきました。

福山市議会 2015-03-04 03月04日-04号

こうした中,元ドイツ連邦共和大統領ヴァイツゼッカー氏が去る1月31日,94歳で亡くなられました。ヴァイツゼッカー氏は,1985年5月,戦後40年に当たりドイツ連邦議会において,過去に目を閉ざす者は未来に対しても盲目となるとの,ドイツ大統領として過去のナチス,ヒトラーの戦争犯罪に対して向き合い,反省し,あの有名な演説を行ったのであります。ドイツ国民はもとより,世界中の人々が感銘を受けました。

福山市議会 2013-12-12 12月12日-05号

若くしてアパルトヘイトへの抵抗闘争に身を投じ,27年と半年に及ぶ獄中生活に耐え,黒人解放,人間解放を闘い続け,旧白人政権との対話と人種,民族間の和解を通じてアパルトヘイト撤廃と民主化を実現した元南アフリカ共和大統領ネルソン・マンデラ氏,20世紀最大の人権活動家マンデラ氏の偉業は,今も輝きを増しています。 

広島市議会 2010-12-14 平成22年第 5回12月定例会−12月14日-04号

このサミットは,被爆65周年を迎えた本市において,ヨーロッパ以外の地域で初めて開催され,デクラーク元南アフリカ共和大統領,ダライ・ラマ法王など,6名の個人受賞者と13団体代表者が参加し,核兵器のない世界の実現に向け,活発で内容の濃い議論が展開されました。  一般公開された六つのセッションや最終日の平和アピールには,延べ約1万人の市民参加いただきました。

広島市議会 2007-02-15 平成19年度予算特別委員会−02月15日-07号

昨日の予算特別委員会終了後,各会派の幹事さんにお集まりをいただき,本日の委員会において午前11時ごろから昼休憩までの間,チェコ共和大統領の広島訪問に伴う対応のため市長の離席を許す旨お知らせいたしましたが,航空機の故障により広島への到着がおくれるとのことでございます。したがいまして,午前中の市長の離席はございません。  

広島市議会 1997-09-24 平成 9年第 4回 9月定例会−09月24日-03号

これに対して,ことし7月に国際シンポジウム出席のために広島に来られましたデクラーク前南アフリカ共和大統領は,核を持たないことがより国家安全保障すると考えて,自分の在任中に保有していた核兵器を廃棄したと述べられました。それは冷戦が終わって各国間の相互依存が進む中で,核抑止力に頼る国家安全保障の考え方がもはや現実的ではなくなったということを示していると思います。

  • 1