運営者 Bitlet 姉妹サービス
2416件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 尾道市議会 平成30年12月18日 文教委員会 この情報をもとに5月の終わりごろから、実態把握等、本人や保護の就学の希望を個別に聞く就学相談を実施をしております。就学相談を通して児童・生徒一人一人の実態や保護の希望を丁寧に聞き取り、その子の状況に応じたよりよい入学先や条件、あるいは入学後の支援として、どのような合理的配慮ができるかなど、検討したことについて保護に説明をしながら合意形成を図っております。 もっと読む
2018-12-13 尾道市議会 平成30年12月13日 文教委員会 なので、今後どんどんふえていっても、7,200平方メートル以上あるということでオーケー、今でも狭いと、肌感覚的に、子供たち、学校の先生、保護が見ても狭い、グラウンドが取り合いになっている、クラブ活動に支障が出てきているっていうのを簡単に文科省の基準ではクリアしているから全然大丈夫ですよというふうには到底現場を見て思えないんです。 もっと読む
2018-12-12 尾道市議会 平成30年12月12日 民生委員会 また、もう一つ大きな点は、そうした時間を十分かけて保護の気持ちに寄り添った丁寧な対応ができるということが、一つ期待できるというふうに思っております。そうしたことで、満足度の向上にもつながっていくのではないかというような期待もございます。 もっと読む
2018-12-11 尾道市議会 平成30年12月11日 総務委員会 じゃあ、今言うように年金、生活保護が何人ふえたら2,000万円が吹っ飛ぶんですか。大体平均値でいくと。そういう試算もしなきゃいけないでしょう。メリット・デメリット云々なら、200万円いって20人が、仮に生活保護が十何万円で30人ぐらい、15万円として30人ですか、20人か。それでも、2,000万円飛びますよ、15万円で14人か、2,000万円程度といったら。プラスだけじゃないんですよ。 もっと読む
2018-12-07 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月07日 陳情項目は、保育園基本構想を進めるに当たり、保護のニーズを踏まえ、保護と一緒に検討を行ってください。回数ではなく、保護の疑問や不安解消に努め、公正な説明を実施してくださいというものです。公立保育園は、子どもが地域の中で通え、地域の小学校につなぐことで地域とともにあり、信頼されてきましたが、子ども・子育て支援新制度の導入もあり、保育の質と公的責任に変化が生じてきているのではないかと感じます。 もっと読む
2018-12-07 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日−03号 また,保育士などの確保が難しい久井,大和地域の公立施設においては,直接,民生委員児童委員の会合で保育士などの紹介をお願いし,また通園する保護に声かけするなどの方法で探しております。これに加えて,今年度は,新たな取り組みとして,広島県が調査した市内在住の潜在保育士の名簿の中で,本人同意が得られた人の情報を県から提供を受け直接交渉するなど積極的に取り組んでいるところです。   もっと読む
2018-12-06 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月06日−02号 1点目は,学習支援事業を,まずどういった課題を持った子どもと保護に向けて行うのかという基本的な行為と目標を,どのように今定めて実施しておられるのかという点についてです。   もっと読む
2018-12-06 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 名簿 開催日:2018年12月06日 シティプロモーション事業の検証と今後について             2 新たな事業の見直しについて            藤 田 俊 雄 議員             1 保育園再編基本構想のその後について            石 塚 宏 信 議員             1 市民センターを中心としたまちづくりの施策について             2 本市が進めている公立保育園の民営化該当園の保護 もっと読む
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 つまり、運営費、教育内容の企画、人材の確保、費用の全てを保護が負担しています。この活動を通して社会の未来を担う子どもが生きる力を育み、心身ともに健やかに成長し、社会で自立するための人間育成を推進し、地域の活性化に寄与することを目的といたします。さらに、教育の場が学校であるかフリースクールであるかの違いだと私は感じました。   もっと読む
2018-12-04 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年12月04日 ◯市長(眞野勝弘) 選考基準で根拠法令を申し上げましたが、教育委員の選任については、地方教育行政の組織及び運営に関する法律において、当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で、教育、学術及び文化に関し識見を有する者から、また第4項において、地方公共団体の長は、委員の任命に当たっては、委員の年齢、性別、職業等に著しい偏りが生じないように配慮するとともに、委員のうち保護 もっと読む
2018-10-23 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月23日 なおご質問のありました将来展望に当たって統廃合等をどういうふうに進めていくかということでありますけれども、これは極めて大きな問題でありますし私自身も浅原、玖島のところにかかわって地域の方、保護の方等々も直接いろいろ話をしながら、子どもたちにとって極小規模での教育活動というのは極めて難しいということをお話をしながら統合という形に進めたわけですが、しかし地域の方のやはり学校に対する熱い思いというのは極 もっと読む
2018-10-19 三原市議会 平成30年10月補正予算特別委員会-10月19日−01号 第2項小学校費505万4,000円,及び22ページの第3項中学校費342万5,000円は,被災された児童・生徒の保護に対し,就学に必要な経費を援助するものであります。  議案説明書の8ページに資料を添付しておりますので,御参照ください。  23ページをごらんください。   もっと読む
2018-10-17 三原市議会 平成30年10月17日 厚生文教委員会-10月17日−01号 意見交換会は中止になりましたが,意見交換会のテーマとして,地域で健やかに育つ子どもたちの居場所づくりについてということで,小学校,保育所などの保護から意見を聴取することで進めておりました。6月19日に行った委員会ではそのテーマで各委員が事例などを持ち寄るという話で進めておりましたので,一度政策提案のテーマとなりそうな事例を各委員で持ち寄り話をしてみてはどうかと考えておりますが,いかがでしょうか。 もっと読む
2018-10-17 尾道市議会 平成30年 決算特別委員会 ぜひこれはデリバリーにこだわるのではなくて、実態に応じて、そして本来の保護の願いに応えられるような形で、ぜひ個別に余りこだわらずに、個別に合理的な方策を研究してくださいと思いますが、それでいいですね。 ○委員長(田頭敬康) 教育委員会庶務課長。 もっと読む
2018-10-16 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月16日 改善した理由ですが、この収入未済の対策として、保護の承諾のもと、児童手当からの保育料の徴収、それから保育園長から催告書の手交付、当然プライバシーには配慮した上で園長から催告書を渡すいうことを行っている中で、一定の効果が上げられているのではないかと理解をしております。 もっと読む
2018-10-12 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月12日−03号 いじめ,暴力行為につきましては,いずれも加害の児童・生徒と保護を指導するとともに,謝罪の場を設けるなど,事案の解決に取り組んでおります。  不登校につきましても,現在学校が家庭訪問を継続したり,関係機関とも密接に連携を図りながら取り組みを進めているところであります。   もっと読む
2018-10-11 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月11日−02号 また,半壊以上の保護に対しましては,来年の3月末まで,就学援助費を支給することとしております。  今後も住民説明会で受けましたさまざまな要望等を整理していく中で,被災された方の状況や思いを考慮し,必要な復旧・復興の施策を検討してまいります。 ○仁ノ岡範之議長 吉川経済部長。        もっと読む
2018-10-09 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月09日−01号 第2項小学校費の505万4,000円及び22ページの第3項中学校費の342万5,000円は,被災された児童・生徒の保護に対し,就学に必要な経費を援助するものであります。  議案説明書の8ページに資料を添付しておりますので,御参照ください。  23ページの第5項第10目地域学習拠点施設費の5,000万円では,休館中の本郷公民館の機能を確保するため,本郷生涯学習センターを改修いたします。   もっと読む
2018-09-20 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月20日−06号 このほか、二次救急医療体制の維持・充実のため、市内の公的病院等の運営を支援するとともに、支援が必要な子どもや保護に対し、生活環境の改善等に向けた支援を行う家庭支援員を配置したほか、市民の安全・安心な生活を確保するため、消防・救急車両の整備や橋梁の老朽化対策を推進いたしました。  次に、「環境と調和した生活しやすいまち─快適づくり─」についてでございます。   もっと読む
2018-09-13 廿日市市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年09月13日 2点目として、奈良県大和郡山市では、先ごろ市立の小中学校の全教員に向けて不登校の子どもや保護への対応に関するガイドブックが配布されたそうです。このガイドブックは、不登校状態にある児童生徒が学ぶ同市の学科指導教室に勤める教員の発案で企画されたそうです。不登校の原因は多様化し、一人一人に寄り添った対応が求められております。 もっと読む