運営者 Bitlet 姉妹サービス
2098件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 尾道市議会 平成30年12月13日 文教委員会 課題と思っている人間と、課題と思ってない人間が、今議論しているので、かみ合わないだけなんですよ。普通に堂々と言ってくれますよね、皆さん。感覚が違うから。この感覚のずれを教育委員会と現場の小学校の教員とで埋めないと、課題解決できないんですよ。皆さんが、現場に苦労させているという感覚をもうちょっと持ってほしいんですよ。けど、響かないから、こんだけ言っても。 もっと読む
2018-12-12 廿日市市議会 平成30年議員全員協議会 本文 開催日:2018年12月12日 以前も提案したかもしれないんですけど、例えば今のように中山間地では利用する人間が少ないので、今のように2分の1で利用するとかっていう方法もあるのかもしれませんけども、例えば吉和とかの場合はその人数が少ないから廿日市に対して係数として7を掛けるとか8を掛けるとかっていうふうな地域加算的な考え方っていうのも一つあると思いますし、あとはもう一方では例えばまちづくり交付金っていうふうな形で地域に対してお金を もっと読む
2018-12-12 尾道市議会 平成30年12月12日 民生委員会 ◆山戸重治委員 実証実験の結果が93%が適合して、残り7%も、その後いろんな取り組みをしているということですが、最終的には人の判断で、人間のチェックといいますか、そういうことで丁寧に対応していくということですが、ぜひそれはやっていただきたいと思うんですが、AIということですから人工知能ですか、詳しいことは知りませんけども、当然進化をするシステムだというふうに理解をするんですが、一度、例えば兄弟関係は もっと読む
2018-12-11 尾道市議会 平成30年12月11日 総務委員会 先ほども何か第三者がおかしいんじゃないかという話が出ましたが、片一方の利益を代表する人間が一人立ち会って、反対派の人たちには立ち会わせなかったんです。それが公正な第三者なんですか、あなた方の感覚では。ちょっと答えてください。 ○副委員長(岡野斉也) 総務部長。 ◎総務部長(宮本寛) そういった事実として報告を受けてるということで御議論申し上げました。 ○副委員長(岡野斉也) 杉原委員。 もっと読む
2018-12-07 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月07日 今後とも本市のスポーツ分野において暴力行為が根絶されるよう、現在策定中のスポーツ推進計画の素案には、スポーツ知識、技能の習得のみならず、人間力が備わった指導者を養成することを記載するよう考えておりまして、引き続き研修会などを通して人材の育成に努めてまいりたいと考えております。  以上です。 もっと読む
2018-12-06 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月06日−02号 人間中心のまちづくりをしていくことは大変重要で,このコンセプトはすばらしいと思います。  恐らくペアシティ三原西館の利用者は,現状の約2倍くらいにはなるのではないかと予想しております。そうした中,みはら歴史館の場所を含めた1階と2階の活用方法が重要であると思います。 もっと読む
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 この活動を通して社会の未来を担う子どもが生きる力を育み、心身ともに健やかに成長し、社会で自立するための人間育成を推進し、地域の活性化に寄与することを目的といたします。さらに、教育の場が学校であるかフリースクールであるかの違いだと私は感じました。   もっと読む
2018-10-23 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月23日 ただご指摘の中にありました、じゃあ全く問題はないのかということでありますけれども、やはりどうしても人数が少ないがゆえに人間関係が固定化をしていくというような問題も一体型の中でも現実としては生じておるというような状況もございます。 もっと読む
2018-10-17 尾道市議会 平成30年 決算特別委員会 厳しいようですけど、5年間、そりゃ人間がかわってますよ、5年間こういう状況が続くというのは、もう本当は全員首なんです。総入れかえしなきゃいけないぐらいの深刻さがあるという、これは一般社会では当たり前のことなんだということをまず肝に銘じてください。これ以上責めませんけども。  もっと読む
2018-10-02 尾道市議会 平成30年10月 2日 議会運営委員会 どちらの立場で討論をするか、討論の人間も決めないといけないということで、その前に各会派で態度を表明してもらわないと、質疑もあるし、どういう立場で質疑をするのかというのもこの場で確認させていただいて本会議に臨むというようなやり方をこれまでもさせてもらってきたので、御理解いただければと思うんですがいかがですか。 杉原委員。 もっと読む
2018-09-25 尾道市議会 平成30年 9月25日 議会運営委員会 ○委員長(宮地寛行) 理解していただきたいのは、提出者がいましてこの議案が出てきているということでありまして、提出者が、この提出に賛成をしていただけないだろうかという営みを佐藤委員のほうが恐らくされて賛成者が出てきてるわけであって、賛成した理由が賛成した人間がばらばらなのかもしれません。基本は、提出者の意見でこれが提出されてて、会議規則にのっとって2名以上の賛成者がいるということです。  もっと読む
2018-09-13 廿日市市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年09月13日 また、長期間にわたり登校できない児童生徒が学校復帰を目的として通うことができる廿日市市こども相談室を設置しており、少人数による学習支援や集団の中で人間関係をつくる活動の支援も行っております。   もっと読む
2018-09-13 尾道市議会 平成30年 9月13日 文教委員会 なぜそのような差が起こっているかというと、やはり低学年のときの学級崩壊等であったり、さまざまな人間関係のトラブルが起こったようなこともございます。 もっと読む
2018-09-13 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−05号 仮想空間,サイバー空間と,それから現実空間を高度に融合させたシステムにより経済発展と社会的課題の解決を両立する,人間中心の社会であるというふうに定義づけられています。そうした中にあって,そこに向けた子どもの人材育成,そういったことが今学校に求められているということで紹介させていただきました。  以上です。 ◆39番(徳山威雄) ソサエティー5.0というふうに言われたんですかね。 もっと読む
2018-09-13 東広島市議会 平成30年第3回 9月定例会-09月13日−05号 これは、つまり、災害時にはどういう対応が必要となり、そのための手段として、市はどのような機能を持っているのかという、そういう災害対応の基本中の基本を承知している人間が危機管理の担当部署に存在していなかったということを意味しているのであります。   もっと読む
2018-09-12 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−04号 20世紀後半は,人間の産業活動に伴って排出された人為的な温室効果ガスが主因と見られ,その確率は9割を超えると評価され,このまま温暖化を放置した場合,今世紀末に5度ないし6度の気温が上昇,世界がGDPの約20%に相当する損失をこうむるリスクがあるとされています。  人類は有効な緩和策を有しており,温室効果ガスの排出量を現状よりも大幅に削減することは可能であります。 もっと読む
2018-09-11 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月11日−03号 本市におきましては,第五次福山市総合計画に基づき,市民一人一人の人権が尊重され,誰もが心豊かに暮らせる人間環境都市福山の実現を目指しています。また,部門別計画である福山市人権施策基本方針に基づき,人権文化が根づいた地域社会の実現に向けて諸施策を総合的,計画的に推進してきたところであります。今後とも,さまざまな人権問題の解決に向けて積極的に取り組んでまいります。   もっと読む
2018-09-10 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月10日−02号 本市は,2014年平成26年4月に福山市いじめ防止基本方針を策定し,各学校では,いじめ問題の根絶に向け,いじめは人間として絶対に許されない行為である,いじめはどの子どもにもどの学校でも起こり得るものであるとの認識のもと,全教育活動において取り組んでいます。   もっと読む
2018-09-01 尾道市議会 平成30年第4回 9月定例会 次に、議案以外の委員会所管事務に関するものとして、委員及び委員外議員より、山波小学校グラウンド東側法面の崩壊への対応、小・中学校体育館が避難所となった場合の授業や式典などへの影響、熱中症対策としての体育館のエアコン設置について、因島、瀬戸田地区の不登校児童・生徒のための適応指導教室の開設、学校間学力格差の原因と学校選択制度について、教職員未配置について、学力でははかれない子供たちの人間力形成について もっと読む
2018-06-28 三原市議会 平成30年 6月28日 総務財務委員会-06月28日−01号 ですから,今言われたものが全て,いろんな意味で市民合意が前面に出てくると,選ばれた人間というか,議会制民主主義というものがわからなくなるわけですけど,その判断というのは今回の内容みたいに生活に密着したというか,ああいうものについては市民合意で,時間をかけながら徐々にやっていくというのは要るんだろうと。そこらあたり今後の課題として検討が要るんじゃないんでしょうかね。 ○正田洋一委員長 高木委員。 もっと読む