運営者 Bitlet 姉妹サービス
2006件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月18日−04号 理事者に対する質疑を終え,請願に対する意見交換に入りましたところ,委員から,消費税率10%の引き上げについては問題があると認識しているが,その一方で,税率引き上げの中止を国に求めるか否かについて判断しかねている。このため,引き続き調査研究を行う必要があるとし,閉会中の継続審査を望む意見が出されました。 もっと読む
2018-12-14 尾道市議会 平成30年12月14日 産業建設委員会 この費用を算出するに当たりましては、職員の現地調査であるとかJAとの情報交換などや相談会、その他相談受け付けなどからこのたびの補正の概算を算出しております。 件数につきましては、概算ではございますが今のところ62件、内訳としましてはビニールハウスとかかん水施設、井戸などの施設被害が43件ありまして、その他、動力噴霧器とか耕運機などの機械被害が14件ございます。  もっと読む
2018-12-11 三原市議会 平成30年12月11日 総務財務委員会-12月11日−01号 審査は,まず請願内容の確認を行い,その後意見交換をし,意見交換終了後に討論,採決を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○正田洋一委員長 では,そのようにさせていただきます。 もっと読む
2018-12-07 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月07日 特に今年度からは公立と民間の保育士が互いの園を訪問し、施設や保育内容の見学、情報交換などを通して、新たな気づきやその園のよいところを学び、自園での保育内容や運営手法を見直す機会になっている状況でもございます。今後も保育の質の向上に向け研修や巡回を継続するとともに、保育士確保策や処遇改善、保育環境の整備に取り組んでいきたいと考えております。  3点目の募集定員についてでございます。   もっと読む
2018-12-06 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月06日−02号 現状のままの体制ややり方では,有効活用されない可能性があり,これらの利用者へのアンケートや意見交換などを通して,求められる機能は何なのかを明確にし,求められる機能を形にしたテナントを入れていくような進め方が必要ではないかと思います。 もっと読む
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 今年度、初めて実態を把握した段階であり、現在、そのような正式な協議会のような場は設けておりませんが、今後はフリースクールに通う児童生徒の学習活動などの状況を把握するなど、相互の情報交換の場を設けていくことは必要であると考えております。  4点目の教育の場は学校だけではないという考え方についてであります。   もっと読む
2018-12-04 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月04日−01号 保証人制度のあり方については,広島県及び県内市町と情報交換を行いながら検討を続けているところであるが,民法の改正に伴い,連帯保証人の債務を保証する限度額の提示が必要となるなど今後も見直しが必要となることから,県等と連携をとりながら適切な公営住宅の運営に向けて早急に取り組んでいきたいとの答弁がありました。   もっと読む
2018-11-08 三原市議会 平成30年11月 8日 総務財務委員会-11月08日−01号 あとは,理事者との意見交換の調整なんですけど,皆さん予定表をお持ちでしょうか,日程調整をさせていただきたいと思うんですが。私としては,12月議会が始まる前に1回やりたいと思っているんですが,皆さんは忙しいですか,それか12月議会中。 もっと読む
2018-10-25 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月25日−06号 その後,本委員会は,請願に対する意見交換に入りました。  それでは,委員から出されました意見について主なものを申し上げます。   もっと読む
2018-10-23 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月23日 27 ◯堀野副市長 施策的には確かに見えにくいところはあるかもわかりませんけれども、担当者に直に話を聞きますと結構JAあたりとの情報交換もやりながらいろんな物事を考えておるようですので、そういうJAとそれぞれの責任分担の中で廿日市市内の農業振興、何ができるかというのは今これからやるんではなしに、今やってることを土台にしてみていただけるようなものを政策にしていきたいと思っております もっと読む
2018-10-17 三原市議会 平成30年10月17日 厚生文教委員会-10月17日−01号 では,ここからは委員間での意見交換,委員の皆様の意見を伺ってまいりたいと思います。  本請願につきまして御意見などがございましたら発言をお願いいたします。亀山委員。 ◆亀山弘道委員 説明を受けました。その事業者の方のおっしゃることに,事業を進めるためのいろんな規則,条例の一部分を無視したような発言があって,事業推進態度が不遜であるというふうな感じを受けました。 もっと読む
2018-10-17 尾道市議会 平成30年 決算特別委員会 実は、この部分は、昨年の決算委員会終わったときに代表監査委員と少し意見交換しました。私が受けとめたニュアンスと相当違いがあるんですね。きょうは御本人がいらっしゃいませんから、今あなた方がおっしゃったことを受けとめておくということにとどめておきますが、その点はもう少し代表監査委員と本音で意見を事務方も交換してみてください。私の言う意味はわかると思いますが。  もっと読む
2018-10-16 廿日市市議会 平成30年決算特別委員会 本文 開催日:2018年10月16日 そういったところとのヒアリングであるとか意見交換会も行っているというものでございます。 118 ◯委員長 ほかにありませんか。     もっと読む
2018-10-16 三原市議会 平成30年10月16日 総務財務委員会-10月16日−01号 また,市民との意見交換会についても10月9日の広報広聴委員会広聴部会におきまして中止が決定されております。それは,その決定でいいですね。       〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○正田洋一委員長 それでは,お配りしております協議資料のほうを読んできていただいたんだと思いますが,これについての協議をさせていただきたいと思います。   もっと読む
2018-10-15 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月15日−04号 今後も図書館協議会や図書館で活動されているボランティアの皆様といったこれまでの関係者の声を聞く仕組みを継続するとともに,新たに指定管理者の提案にある図書館利用者との意見交換会の実施や館長への手紙による図書館利用者からの意見収集を行うことなどにより,利用者ニーズを的確に捉え,反映する運営を実施し,利用者,指定管理者が手を取り合って進めていきたいと考えております。 ○仁ノ岡範之議長 8番安藤議員。 もっと読む
2018-10-12 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月12日−03号 市役所の各担当課,災害ボランティアセンター,避難所,独自で動いておられるボランティア団体等の間での情報交換,連携はどのように行われていたでしょうか。 もっと読む
2018-10-11 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月11日−02号 安全・安心な避難所の確保について,今後は民間施設を含めて,船木地区における避難所のあり方や避難方法について船木地区の自主防災組織などと協議を進め,意見交換などを通して,着実に対応していきたいと考えておりますので,よろしくお願いいたします。 ○政平智春副議長 13番伊藤議員。 ◆伊藤勝也議員 御答弁いただきました。自分で自分の気持ちが抑えられなくなっております。まあいいでしょう。 もっと読む
2018-10-09 三原市議会 平成30年第 4回定例会-目次 103  休憩・再開…………………………………………………………………………………… 103   萩 由美子議員…………………………………………………………………………… 103    1 西日本豪雨災害における,三原市の状況と今後の復旧について問う     (1) 河川のしゅんせつ,復旧と,住民説明について     (2) 市役所,避難所,災害ボランティアセンター,災害ボランティア団体間の情報交換 もっと読む
2018-09-25 尾道市議会 平成30年 9月25日 議会運営委員会 それから、議員間のことではありますが、これは議会運営委員会の問題にも匹敵するんですが、議会運営委員会が始まるまでにお互いの意見交換をするんだということが前提になって、議会運営委員会はあります。そうしないと、提案説明を聞いただけじゃ十分わからんということはたくさんあると思うんで、それも同じく、委員、議員が、一人ずつが相手方に尋ねて調査していくということを求められとんだろうと思います。 もっと読む
2018-09-14 尾道市議会 平成30年 9月14日 産業建設委員会 専門業者による点検でございますが、これについては2年から5年の間に1回程度で、さらに詳細に腐食、摩耗の確認、潤滑油の交換とか制御盤等の電気設備の点検とか、そういったことを行っておるところでございます。 ○委員長(宇根本茂) 新田委員。 ◆新田賢慈委員 ゲート、樋門はほとんどが海、それから河川との境にあるわけでございますから、非常に腐食等も激しいところなんです。 もっと読む