5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2018-02-14 平成30年 2月14日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−02月14日-01号

だから雇用政策と鑑みてやらないといけない部分もすごくあると思うんですが、市としてどういうふうにこの出生率を上げていくのかというところと、結婚してもらわないと産まれないんだけれども、フランスじゃないので、事実なんかできないので、その辺すごく難しいと思うんですが、市としては積極的にやっていきますよというのか、いやいや、これは慎重に議論せにゃいけんし、プライベートな問題だから余り力は入れませんよということなのか

広島市議会 2016-10-18 平成28年度決算特別委員会(第3分科会)−10月18日-01号

◆星谷 委員         配偶者というのは,最近,事実も多いと思うんですけども,事実の場合はどうですか。 ◎玖島 住宅管理担当課長   事実の方も配偶者に含んでおり,住民票に「未届の夫」,または「未届の妻」と記載されていることをもって,その確認をさせていただいております。 ◆星谷 委員         ということは,その届けがなかったらだめだということね,事実があっても。

府中市議会 2012-12-06 平成24年第5回定例会(第2号12月 6日)

1つ目、事実、同棲制度――結婚しなくても公的な利益を、シングルでも夫婦と同じレベルで受けることができる制度。婚外子と嫡出子を同等に――結婚していないカップルの子供と結婚している夫婦の子供を法的に同じ扱いにする。これはフランス、スウェーデンの成功例でございます。  2番目に、仕事をしながらでも子供を産み育てられる環境の構築、保育費の所得に応じた無料化等。これはイギリスの成功例でございます。  

呉市議会 2010-03-01 平成22年第1回 3月定例会

また,事実を増加させ,離婚の増加や婚姻制度の崩壊をもたらすおそれが多分にあり,さらに別姓世代が続けば家系は確実に混乱して,日本のよき伝統である家族制度は瓦解し,祖先と家族・親と子を結ぶ連帯感や地域の一体感,ひいては日本人の倫理観・道徳観にまで悪影響を及ぼすものであり,我が国の将来に大きな禍根を残すことになると危惧するものである。 

  • 1