2258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

廿日市市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019年06月07日

また、職員の皆さんには、健康に留意をし、みずからの夢を追い続け、そして一丸となって、次の世代が希望の持てるまちをつくっていただきたいと願っております。  新田茂美議員には過分なお褒めの言葉をいただき、感謝をしております。小生は、どこにあってもこの廿日市に恋をし続けます。そういう思いでございます。

呉市議会 2019-03-06 平成31年第2回 民生委員会

資料のほうで、18ページのところなんですけれども、幼保連携のことで子育て世代の保護者の方が一番心配されるのは保育の質がどうなっていくんかという問題だと思うんです。だから、ここを制度の面で論議されていくわけです。 

呉市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会 予算特別委員会(当初予算)

◆小田委員 じゃ、次に移りまして、アプリ活用の期間としまして、これ、主要概要のところを見ると大体概要書いているんですけれども、予算総体質問でもありましたが、この期間、例えば見る限り子育て世代、先ほどおっしゃいました就学前を対象期間とイメージするんですけれども、それでよろしいのか。今後のイメージとしてずっと使っていけるのかという素朴な疑問を持ちました。そこらについてお伺いいたします。

呉市議会 2019-03-01 平成31年第1回 3月定例会

消費税の使い道を変更して全世代型社会保障に切りかえ、幼児教育の無償化、高等教育の一部無償化、私立高校の実質無償化、年金をもらう額が少なく困っている人に年間で最大6万円を加算、介護保険料も所得の低い人は保険料を軽くする、またプレミアム商品券の発行等、今回の予算編成に組み込まれた施策もあり、大変に評価するものであります。

福山市議会 2019-03-01 平成31年第1回( 3月)定例会

その内容は,国の2次補正予算分として,防災・減災,国土強靱化のための3カ年緊急対策に速やかに着手することを目的とした国の補正予算に呼応し,小中学校の校舎耐震補強改修や外壁改修のほか,予防接種未接種世代の男性を対象とした風疹抗体検査等に取り組むこととしている。 

廿日市市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日:2019年02月25日

将来世代を含めた持続可能性について伺います。  人口減少社会がいよいよ本格化し、先送りしてきた多くのことが一気に浮上するだろうと言われています。そのとき私たちは、何を守り、何を諦めるのかといった視点を持ちながら、国と地方のあり方を含め、現実を直視し、既成概念にとらわれず、問題の解決策を模索すべきと考えます。今回、この1点目の質問で、将来世代を含めた持続可能性というテーマを題させていただきました。

広島市議会 2019-02-21 平成31年 2月21日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会-02月21日-01号

「被爆者の高齢化も一段と進み、被爆者自身から被爆体験を直接聞けなくなるという現実を迎えようとしている中で、被爆者の願いを次の世代へ継承していくため、平和の推進に関する条例について、改選後に取組を進めることとしている議会による政策立案を行うための仕組みの中で、条例案策定に向けて検討されたい。」としております。  以上が、提言部分の説明になります。  

呉市議会 2019-02-07 平成31年第1回 民生委員会

下側の(2)の生活環境別の自殺の概要でございますが、上のグラフを少し詳細に分析して、世代別に仕事を持っているか持っていないか、また同居か独居かということで、別々の割合でグラフを示しております。このグラフを見ますと、全国との比較では60歳以上の無職でひとり暮らしの男性の割合が高いという傾向が見られると思います。 

広島市議会 2019-01-24 平成31年 1月24日平和推進・安心社会づくり対策特別委員会−01月24日-01号

「少子化は、大幅な人材不足や現役世代の負担増加など市民生活に多大な影響を及ぼす。昨年12月の国の統計によれば、平成30年の出生数は過去最少、3年連続して100万人を下回り、出生数が死亡数を下回る自然減は過去最大となる見通しである。本市においても、近年、出生数減少の流れは止まらず、平成29年には、少なくとも昭和23年以降、70年間で初めて人口が自然減に転じた。

広島市議会 2018-12-18 平成30年12月18日大都市税財政・地方創生対策特別委員会−12月18日-01号

次に、カの若い世代(15〜29歳)の東京圏、関西圏への転出超過、転出超過数、大学卒業生の圏域内就職率についてです。  主な理由として、20〜24歳の就職期の年代の転出超過が最も多く、学生が地元の中小企業の情報を知らない中、条件面で有利な大都市圏の企業へ学生が流れていること等が考えられます。  

呉市議会 2018-12-14 平成30年第12回 総務委員会

消費税率の増収分は未来世代の負担軽減、少子化対策、社会保障の充実にそれぞれ充てることになっております。 お年寄りも子供も将来世代も、みんなが安心して生活できる活気ある社会の流れをつくっていくためのものでございます。 また、低所得者への経済的な配慮として、生活する上で必須となる食料品などの税率を低く抑える軽減税率が導入されることになっております。 

福山市議会 2018-12-14 平成30年12月14日 総務委員会

また,低所得者の負担軽減策については法定軽減制度が設けられており,さらに本市独自の減免制度により子育て世代への負担軽減が図られている。 加えて,新年度より乳幼児等医療費助成制度の対象年齢が中学3年まで拡充される見通しなど,負担軽減策が拡充,強化されようとしている。 以上述べた諸点から,請願第3号に反対。 ○委員長(連石武則) 稲葉誠一郎委員。

広島市議会 2018-12-13 平成30年第 6回12月定例会-12月13日-05号

                 │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 109 │広島市監査委員が広島市職員措置請求について,不当な却下決定を乱発│ │     │していることについて                      │ ├─────┼────────────────────────────────┤ │ 113 │広島のまちづくりにおける ISO化(第六世代

廿日市市議会 2018-12-12 平成30年議員全員協議会 本文 開催日:2018年12月12日

また、健康増進を目的とした主に高齢者の登山者の増加や、子育て世代の子育て環境の選択肢の充実のニーズに対応するため、解体によります空き地につきましては、キャンプもできる多目的広場としてリニューアルし、市民の保養、健康増進、また、周辺住民への本市の魅力発信の場とし、多くの方が活用することで地域のにぎわいを持続する施設といたします。

広島市議会 2018-12-10 平成30年第 6回12月定例会−12月10日-04号

被爆者の平均年齢が82歳を超え,年々被爆者の数が減少する中,私たちは広島で起こった現実と,ほかの誰にもこんな思いはさせてはならないという被爆者の願いをこれからも次の世代へ語り継がなくてはなりません。私は,特に若い世代が被爆者の思いを受け継ぎ,平和への思いを内外に発信していくことが重要であると考えています。  

広島市議会 2018-12-07 平成30年第 6回12月定例会−12月07日-03号

地域の活動として多くの世代が共感し,参加しやすい楽しいイベントの企画や,子供を対象にしたイベントの企画,多くの方が関心を持っている高齢者支援などの課題に積極的に取り組んでいる地域もあり,そういった活動のタイムリーな情報発信が特に重要です。こむねっとひろしまの機能を十分に活用し,地域社会の情報発信が進むよう,細やかな支援が必要ではないでしょうか。