運営者 Bitlet 姉妹サービス
964件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 尾道市議会 平成30年12月14日 議会運営委員会 一方で、東アジアや東南アジア地域における中国の海洋進出や核兵器の廃棄に対しての態度に全く変化が見られないとされている北朝鮮などの脅威やリスクから国民の命と暮らしを守るために自衛隊が必要であることは、ほとんどの国民が認識していることでありましょう。 したがって、平成会は自衛隊の身分を憲法によりきちんと規定することは当然と考え、この意見書に反対をいたします。 もっと読む
2018-12-12 尾道市議会 平成30年12月12日 民生委員会 今御質問にありましたフードドライブにつきましては、社会福祉協議会といたしましては、個人の方から食品とか品物を御寄附といいますか、御寄贈といいますか、いただくことになりますので、そういったところのリスク管理がある程度あるという形で考えておられまして、そこらあたりは難しいというところでフードバンクというような形でのお取り組みと伺っております。 ○委員長(岡野長寿) 福原委員。 もっと読む
2018-12-07 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2018年12月07日 そういう中で懸念されておりますのが、副反応として腸重積という病気がございますが、ロタウイルスワクチンは2カ月から3カ月の赤ちゃんが接種、口からごくんと飲む形で接種いたしますけれども、腸重積の発生率の高くなる傾向が3カ月児に多くなっているというデータから、厚生労働省のほうでも、腸重積のデータについてもっと整理をする必要がある、あるいはリスクと費用対効果についてということで継続して検討されております。 もっと読む
2018-12-06 三原市議会 平成30年第 5回定例会-12月06日−02号 今後,民間が所有している床の活用について,新たな組織の中で市のコンセプト実現のために積極的に関与することになれば,他の所有者の収入確保の責任が生じるなどのリスクが発生することも考えられますので,よりよい民間活用を実現するための連携方法などについて慎重に検討してまいります。   もっと読む
2018-12-05 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日:2018年12月05日 された不登校児童生徒への支援のあり方についてでは、不登校児童生徒の支援に対する基本的な考え方として、不登校児童生徒への支援は学校に登校するという結果のみを目標とするのではなく、児童生徒がみずからの進路を主体的に捉えて社会的に自立することを目指す必要があること、児童生徒にとっては不登校の時期が休養や自分を見詰め直すなどの積極的な意味を持つことがある一方で、学業のおくれ、進路選択上の不利益や社会的自立へのリスク もっと読む
2018-12-04 廿日市市議会 平成30年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年12月04日 この債務負担行為補正については、近年集中豪雨等が多発する中、内水対策を強化し、浸水リスクの低減を図るため予防保全型の管理形態とすることにより、老朽化が進行した雨水ポンプ設備の効率的、効果的な機能維持及び保全、長寿命化を推進するものでございます。  次に、第3表の2の廃止でございます。   もっと読む
2018-11-08 三原市議会 平成30年11月 8日 総務財務委員会-11月08日−01号 ◆政平智春委員 今の意見に加えさせてもらったら,行政施設としてリスクをいかに分散をするかということも,災害の問題も含めて必要だと思う。 ○正田洋一委員長 リスク分散の視点か。 ◆政平智春委員 本郷の給食センターも,まさかあんなことが起きるとは思ってないんで,みんな。ほんで,どんと起きた。 もっと読む
2018-10-12 三原市議会 平成30年第 4回定例会-10月12日−03号 東日本大震災女性支援ネットワーク調査チームの報告書の中に,「災害・復興時における女性と子どもへの暴力」によると,最初避難所では,困っている女性や子どもを狙った性被害,性暴力などが発生するリスクが高まります。避難所で夜になると,女性の毛布の中に男の人が入ってくる。しかし,周りの人は,まあ若いんじゃけえね,周りの女性も見て見ぬ振りをして助けてくれない。 もっと読む
2018-09-13 廿日市市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日:2018年09月13日 新機能都市開発構想の進捗状況とリスク分担について。  新機能都市開発構想は、事業協力者が決定して新たな、そして具体的な段階になりました。しかしながら、市民にも議会にも具体的な説明が不足していると思っております。  1、現在の進捗状況を問う。  2、区画整理組合と事業協力者とのリスク分担と契約の内容について問う。  3、組合施行中、本市が負担すべき債務は生じるのか。 もっと読む
2018-09-13 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月13日−05号 特に,雨足も弱まったタイミングで被害が発生したことは,不意を突かれた心境であり,時差災害のリスクを感じさせました。利活用されず,管理者不在で管理が不十分な状況や老朽化が心配される中で,ため池の今後の管理のあり方について,お考えをお示しください。  また,国は,防災重点ため池にかかわり,2020年度までにハザードマップの作成,公表を求めています。 もっと読む
2018-09-12 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月12日−04号 また,水道事業の広域化は災害リスクに耐えられません。広域化により水源の統合などを行えば,今回のような大規模な災害に対し迅速な復旧,復興が行いにくくなることが懸念されます。水道事業の広域化の方針を抜本的に見直すことを求めます。以上についてお答えください。  次に,鞆のまちづくりについて,伝建地区内への防災広場の設置について伺います。   もっと読む
2018-09-10 福山市議会 平成30年第4回( 9月)定例会-09月10日−02号 市内には約2200カ所のため池がありますが,ため池管理者の把握ができていないものがあること,農家数の減少や高齢化により管理が十分でないものがあること,ため池の存在やリスクが地域の住民に十分に知られていないこと,そして防災重点ため池の選定基準を満たしているが指定されていないものがあることなどの課題があります。 もっと読む
2018-09-01 尾道市議会 平成30年第4回 9月定例会 全国で最も高い土砂災害のリスクを持った自治体としてどういう備えをするのか、マンパワーや災害対策本部の機能などについては改めて再検証を求めておきます。 また、広島県の本郷取水場の被災による尾道市内全域にわたる断水については、二度とこのような事態が起きないように、市長答弁でも示された取水場の複数化や藤井川における取水設備の拡張など早期に実現していただきたいと思います。  もっと読む
2018-08-08 東広島市議会 平成30年第1回 8月臨時会-08月08日−01号 熱中症の発症リスクも懸念されておりますことから、被災地へのお力添えをいただいております中、議員各位におかれましてはどうか御自愛の上、特に水分補給等には御留意いただきまして、変わらずの御活躍をいただきますようくれぐれもお願いを申し上げ、まことに簡単ではございますが、御挨拶とさせていただきます。どうもありがとうございました。 ○議長(牧尾良二君) 挨拶が終わりました。   もっと読む
2018-06-25 広島市議会 平成30年第 2回 6月定例会−06月25日-04号 県のホームページにもこうやってあるんですけれども,例えば1年間を通じて温暖で過ごしやすい,平均17.2度の気温が担保されていることであったりとか,例えば台風の接近がもう極端に少ないんですね,年に2.7回,そして瀬戸内海に面してることで津波のリスクも低い,今後30年で震度6弱以上の地震が起こる確率がこれも飛び抜けて低いんです。 もっと読む
2018-06-22 東広島市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月22日−05号 こうした状況を踏まえまして、本市といたしましては地域周産期母子医療センターの機能強化を図るため、医療機器の整備や産婦人科医の確保などを支援し、ハイリスク分娩や急変時に適切に対応する高度な医療を提供できる体制を整え、市民の安心づくりに寄与してまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-06-21 廿日市市議会 平成30年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2018年06月21日 あまり一人だけでいいですよとなれば、やはりリスクも高くなるということがありますので、そこは慎重にしていきたいと思います。 21 ◯栗栖委員 個別案件的な言い方になりますけど旧吉和地域ということで、いろいろクラブからも要望が出ています。 もっと読む
2018-06-21 福山市議会 平成30年第3回( 6月)定例会-06月21日−05号 廃棄物を1カ所に集中して焼却することによって,環境リスクを一部の地域に背負わせることになります。また,搬出入車両台数は日量800台の予定で,長距離の運送により輸送燃料が増加し,排気ガスや騒音,振動等の環境悪化が路線地域に集中することとなります。  福山市民に他自治体の環境リスクを背負わせないこと,また福山市内でも現行の焼却炉の更新や改修を行い環境リスクの分散を行うことを求めるものです。   もっと読む
2018-06-21 東広島市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月21日−04号 仮に、民間事業の推進をする段階に至った場合は、契約時におきまして、万が一の撤退等に対するリスク分散といったものを適切に行う必要があると考えております。 ◆11番(重森佳代子君) 議長、11番。 ○議長(牧尾良二君) 11番重森佳代子議員。 もっと読む
2018-06-20 東広島市議会 平成30年第2回 6月定例会-06月20日−03号 そのため、現時点では、中学生を対象とした検査の導入は検討しておりませんが、ピロリ菌が胃がんの発症リスクを高める胃潰瘍等の要因になるなど、正しい知識の普及に努めてまいります。  次に、若い世代のがん患者への支援についてでございますが、東広島地区医師会への委託事業といたしまして、がん患者等在宅医療介護連携推進事業を実施しております。 もっと読む