8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

呉市議会 2020-12-16 12月16日-04号

これは、3年前の市長選挙の際のマニフェスト実現にこだわったものです。ただし、新型コロナウイルス感染症理由に、市民を無作為抽出した384名の評価者により3ランク評価し、退職金の3割分を流動化する目玉制度は断念されました。そもそも、それを実現したとしても、投票行為をしていない市民が評価すること自体ナンセンスです。市民評価そのもの選挙洗礼を受けることなのです。

三原市議会 2020-12-16 12月16日-04号

これは、3年前の市長選挙の際のマニフェスト実現にこだわったものです。ただし、新型コロナウイルス感染症理由に、市民を無作為抽出した384名の評価者により3ランク評価し、退職金の3割分を流動化する目玉制度は断念されました。そもそも、それを実現したとしても、投票行為をしていない市民が評価すること自体ナンセンスです。市民評価そのもの選挙洗礼を受けることなのです。

福山市議会 2011-03-08 03月08日-03号

まず,マニフェスト実現のための財源は,予算の組み替えやむだ削減で十分捻出できるとしていましたが,実際には平成23年度必要財源の12兆6000億円のうち3兆6000億円の財源確保にとどまっています。そのため,新年度予算では44兆3000億円の新規国債を発行せざるを得なくなり,2年連続で税収を上回る国債を発行するという異常な事態を招きました。

庄原市議会 2010-03-04 03月04日-01号

政権を核とした民主党は、マニフェストを4年間で達成していくとしており、これまでの自民党政治から大きく変貌するものと予測しておりますが、マニフェスト実現に向けた事業仕分けによる財源確保も当初目標額の3分の1にも届かず、政策の適否は別として、ガソリン税暫定税率廃止子ども手当満額支給高速道路無料化は大きく後退しており、さらに今後3年間で主要マニフェスト関連予算を除いても新規国債発行額は過去最大となる

廿日市市議会 2009-12-10 平成21年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日:2009年12月10日

市場経済デフレ状態から脱皮できる状態ではなく、厳しさは増すばかり、マニフェスト実現ばかりがすべての鳩山政権追加経済対策も7.2兆円で、財源のうち2.7兆円は第1次補正予算執行停止分、3.5兆円は税収減の場合の地方交付税補てん分で、対策規模は実質1兆円で果たして経済対策と言えるのか、甚だ疑問であります。     

尾道市議会 2009-12-09 12月09日-03号

マニフェスト実現至上主義ではなく、国民生活至上主義という原点が大事だと申し上げておきます。 初めてのことだから長い目で見てほしいとの発言などもありますが、長い目で見ているほど、日本経済に今余裕は全くありません。ドバイショックなど景気の悪化に伴う急激な円高も生じており、早急にさまざまな経済対策を打ち出すことが大事であり、現政権経済危機に対する認識が甘いのではないかと申し上げます。 

福山市議会 2009-12-07 12月07日-02号

国においては,9月の新政権発足後に平成22年度予算編成方針が示され,マニフェスト実現のため,すべての予算を組み替えることや,既存予算についてゼロベースで厳しく優先順位を見直すなど,新たな方針に基づく概算要求額は約95兆円となっております。また,税収の減少が見込まれることや,国債発行枠の制約などからも事業仕分けなどの手法も取り入れ,年内に予算編成を終わるべく作業が進められております。 

  • 1