119件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

神石高原町議会 2018-12-14 12月14日-04号

さらに,この条約採択に際し,世界各国で革新的な貢献をしたとして,昨年の10月,ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和を受賞したことは,核兵器廃絶へ向けての国際的な合意を強く後押しするものである。 日本政府は,目標は同じでも手段が違うとして,この条約に反対を表明しているが,今こそ日本は唯一の戦争被爆国として,地球上の核兵器廃絶に向け,国際間の調整役など主導的役割を果たすべきである。

広島市議会 2018-12-10 平成30年第 6回12月定例会−12月10日-04号

ことし,初めて広島の高校生3名を含む高校生平和大使ノーベル平和の候補となりました。高校生平和大使は毎年国連を訪問し,核兵器の廃絶を願う署名を届け,核兵器の廃絶と平和な世界の実現を訴えてきました。惜しくも受賞には至りませんでしたが,高校生という若い世代が世界に向けて核兵器廃絶と平和な世界の実現を訴え,それが世界に認められました。大変誇らしく思います。

広島市議会 2018-12-07 平成30年第 6回12月定例会−12月07日-03号

昨年,ノーベル平和授賞式でICANを代表して演説された被爆者のサーロー・節子さんは,11月28日,市内で開かれた反核シンポジウムで講演され,条約を拒否している日本政府に対して広島市による働きかけが乏しいと指摘され,広島からの強い発信を求められました。この指摘を,市はどのように受けとめられたのか,伺っておきます。

広島市議会 2018-10-02 平成30年第 4回 9月定例会−10月02日-05号

また,オスロ市で開催されたノーベル平和授賞式に出席し,受賞者のICANや被爆者と現地で喜びを分かち合うとともに,核兵器禁止条約の早期発効に向けて全ての国が署名批准するよう訴えました。  「迎える平和」の推進については,国連軍縮会議や核軍縮の実質的な進展のための賢人会議の広島開催等の機会を捉え,国連や政府関係者等に被爆の実相を直接伝えました。

府中市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会( 9月18日)

また、平成29年度のノーベル平和は、核兵器禁止条約の採択に貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が受賞しました。このことは、世界の世論が一刻も早い同条約の発効を期待しているあらわれである。  ICANのベアトレス・フィン事務局長は、「日本は唯一の戦争被爆国として禁止条約参加することで、世界の核軍縮のリーダーとなり得ます」と日本政府に対する期待を述べています。  

東広島市議会 2018-06-08 06月08日-01号

││ 2017年のノーベル平和を「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が受賞したこと││は、世界の世論が一刻も早い同条約の発効を期待しているあらわれです。ICANのベアト││リス・フィン事務局長は「日本は唯一の戦争被爆国として禁止条約参加することで、世界││の核軍縮のリーダーとなり得ます」と日本政府に対する期待を述べています。      

尾道市議会 2018-03-19 03月19日-05号

また平成29年度のノーベル平和は、核兵器禁止条約の採択に貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が受賞しました。このことは世界の世論が一刻も早い同条約の発効を期待しているあらわれです。 ICANのベアトレス・フィン事務局長は「日本は唯一の戦争被爆国として禁止条約参加することで世界の核軍縮のリーダーとなり得ます」と日本政府に対する期待を述べています。 

広島市議会 2018-03-16 平成30年度予算特別委員会−03月16日-13号

そういった中で,広島市民がこうやって世界平和を願う予算を使ってきたってことは,私は,今,ICANがノーベル平和をとりました。ジュネーブに本部があります。でも,私は,広島市民こそノーベル平和を受賞すべき,団体ではありません,自治体だというふうに思います,市民だと思うんですね。

広島市議会 2018-03-16 平成30年 3月16日議会運営委員会-03月16日-01号

こうした一連の活動は、他の被爆者の活動とともに、非核保有国や市民社会を初めとした世界的な核兵器廃絶への機運を高め、平成29年7月の核兵器禁止条約の採択やICANのノーベル平和受賞を後押ししました。  加えて、原爆症の認定など被爆者援護施策について、国に要望を行い続け、その充実に大きく貢献しました。  

福山市議会 2018-03-06 03月06日-03号

2017年7月に国連で122カ国,地域の賛成で核兵器禁止条約が採択され,その運動をリードしてきた核兵器廃絶国際キャンペーン,ICANが同年10月にノーベル平和を受賞したことは,記憶に新しい出来事です。 北朝鮮核開発ミサイル発射などを背景とした朝鮮半島情勢の緊迫化などは,アジア諸国のみならず,国際社会平和の行方に暗い影を投げかけるものです。

広島市議会 2018-02-23 平成30年 2月23日建設委員会-02月23日-01号

世界が核兵器禁止条約を採択して、その発効に向けて、今世界の国も動きつつあるわけですけれども、ICANもノーベル平和を取ったと。正に核兵器廃絶のメッカとしての広島市のバッファゾーンが広島市によって価値を低められていると言いましょうか、それはやはり私は問題だというふうに思います。平和推進課だけが平和公園を守っときゃええいう話じゃないんです。

廿日市市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日:2018年02月23日

核兵器禁止し、廃絶するために活動する世界のNGOの連合体であるICANがノーベル平和を受賞されました。ノルウェーで行われた授賞式では、広島で被爆したサーロー節子さんが被爆者として初めて演説し、核兵器の終わりの始まりにしようという訴えに世界の多くの人が共感を覚えたところでございます。  

広島市議会 2018-02-22 平成30年第 1回 2月定例会−02月22日-04号

また,12月には条約採択への貢献などを理由に,核兵器廃絶国際キャンペーン── ICANが,ノーベル平和を受賞するなど,世界的に条約に対する関心と期待が高まっています。  しかし,その一方で,昨年は北朝鮮による6度目の核実験弾道ミサイルの発射が相次ぐ中,12月には新たな国連安保決議が全会一致で採択されました。

広島市議会 2018-02-21 平成30年第 1回 2月定例会−02月21日-03号

10月には核兵器廃絶国際キャンペーン── ICANがノーベル平和を受賞するなど,核兵器廃絶への機運が高まっています。  そんな流れに挑戦するかのように,ことしの2月2日,トランプ米大統領は,使える小型核兵器開発を強く打ち出し,通常兵器でも核兵器で対応するとした新核戦略── NPRを公表しました。