24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

広島市議会 2019-10-28 令和 元年第 4回10月臨時会−10月28日-01号

しかし,収益をふやそうとすればするほど社会問題となっているギャンブル依存をふやすことになります。こんな社会正義に反する事業は続けるべきではありません。  最後に一言申し上げます。決算審査の質疑の中で指摘しましたが,市が行う市民アンケートの設問のあり方について申し上げます。  平成30年度実施されました放課後児童クラブを利用する保護者へのアンケートに大変恣意的な設問が見られました。

広島市議会 2019-06-25 令和 元年第 2回 6月定例会−06月25日-05号

収益を上げようとすればするほどギャンブル性の高い事業を進め,ギャンブル依存患者を生み出すことにつながるので,事業自体の廃止を求めます。  また,第19号議案は,熊野道路の通行料金を値上げするという事業計画の変更にかかわるものです。消費税増税にあわせて,利用者に転嫁することには同意できません。  次に,第6号議案,第15号議案,第17号議案の三つの議案に意見を付します。  

広島市議会 2019-03-13 平成31年第 1回 2月定例会-03月13日-05号

ギャンブル依存が問題になっている中,既に本市財政に貢献する役割も終えています。よって,公営ギャンブルは必要ありません。  第24号議案,広島市個人番号の利用に関する条例の一部を改正する条例。  我が市議団は,より深刻なプライバシー侵害や犯罪を招くおそれのあるマイナンバー制度導入に反対してきました。本議案は,マイナンバー制度の利用を拡大するものであり,賛成できません。  

広島市議会 2018-10-02 平成30年第 4回 9月定例会−10月02日-05号

ミッドナイト競輪を実施する,これからはインターネットでの車券売り上げがふえるんだと言いますが,それは我々の見えないところで競輪というギャンブルにのめり込む人がふえる可能性が大きくなるということであり,ギャンブル依存に陥る人がふえる可能性が大きくなるということではないんでしょうか。

広島市議会 2018-10-01 平成30年10月 1日経済観光環境委員会-10月01日-01号

だけれども、その代わりに今大きな問題になっている、多くの人たちがギャンブル依存に陥るということがありました。ギャンブルにのめり込んで自らを破滅させる、家族離散を招く、あるいはいろんな形で大勢の人たちが不幸な目に遭う、そういうことがありました。ですから、戦後復興の時代にはお金が必要だったのでやったんだけれども、これはいわば必要悪ということで行われてきたんではなかろうかというふうにも思うんです。  

広島市議会 2018-09-27 平成30年第 4回 9月定例会-09月27日-04号

顧客の拡大が期待できると言われますが,ギャンブル依存が全国で320万人に上るギャンブル大国と言われる中で,依存症をふやす懸念についてどのようにお考えですか。  そもそもギャンブル,賭博は法律禁止されています。例外的に地方財政への貢献,工業の振興,公益増進を目的とすることで,違法性を阻却するとして,公営ギャンブル── 競輪が認められてきました。

廿日市市議会 2018-09-13 平成30年第3回定例会(第3日目) 名簿 開催日:2018年09月13日

住民避難行動の取り組みについて             2 宮島包ヶ浦自然公園の運営及び取り組みについて            大 畑 美 紀 議員             1 市営住宅の在り方について             2 太陽光発電施設建設の適切規制について             3 災害時の体制、対応の見直しについて            角 田 俊 司 議員             1 ギャンブル

広島市議会 2018-03-27 平成30年第 1回 2月定例会−03月27日-07号

ギャンブル依存をふやすことにつながる公営ギャンブルを継続する必要はありません。雇用対策をしっかり行い,廃止すべきです。  次に,第24号議案,広島市個人番号の利用に関する条例の一部改正について。個人番号制度個人情報が漏えいする危険があり,現実に漏えいの事故も起きています。この制度は廃止するべきであり,この制度を運用するための議案には反対です。  

広島市議会 2017-10-31 平成29年第 4回10月臨時会−10月31日-01号

カジノの日本への持ち込みで議論になったように,公営ギャンブルはいつの場合も犯罪とつながるのをいかに防ぐかが重要な課題となっていて,他方では,近年,ギャンブル依存が深刻な問題として強調されるようになっております。そうした重大問題がある中で,あえて公共の名でギャンブルを続ける意味はないと考えます。

広島市議会 2017-10-11 平成29年度決算特別委員会−10月11日-02号

では,このように,本当多種多様なるバックグラウンドを持つ議員さんから一つの議案に対して,多角的な視点からそこで意見を交わされるということは非常に重要でありまして,こうした反対や慎重を期する意見も議会からの提言として尊重されるべきかと存じますし,現在およそ40にも上る自治体競輪事業が継続されておりますけども,現実問題として,ギャンブル依存の方々が一定数存在するのは確かでありますし,今後の安定的な収益性

広島市議会 2017-03-22 平成29年第 1回 2月定例会−03月22日-06号

この国会審議を通じ,改めてギャンブル依存の拡大の深刻さが浮き彫りとなりました。ギャンブル依存は,放置すれば自殺に至る極めて重篤な疾患で,我が国には536万人のギャンブル依存患者がいることが明らかとなっています。日弁連の破産調査では,ギャンブルが原因と見られる破産者は,全体の5%にも上ります。

広島市議会 2017-03-21 平成29年度予算特別委員会−03月21日-14号

第12号議案,平成29年度広島市競輪事業特別会計予算についてでありますが,国のほうではカジノ解禁推進法の審議がなされたところでありますが,この審議の中でギャンブル依存の拡大,この深刻さが浮き彫りになっております。広島市においても市民ギャンブル依存から助ける,ギャンブル依存に陥らせないためにも,一日も早く競輪事業から撤退することが必要だと考えます。  

広島市議会 2016-11-04 平成28年第 4回11月臨時会−11月04日-01号

ギャンブル依存社会問題ともなっています。ギャンブル事業から撤退すべきです。  決算第16号,開発事業特別会計市民の生活関連の事業に回すべきです。  市民が安心して子育てできるまち,高齢者が安心して住み続けられるまちにしてこそ,少子化対策として有効であり,本当の意味での世界に誇れるまちとなるのではないでしょうか。  

広島市議会 2015-11-04 平成27年第 5回11月臨時会−11月04日-01号

ギャンブル依存について比較・研究した厚生労働省の資料では,日本は他の国よりも有病率が高く,推計すれば患者は560万人というショッキングな数字です。販売拡大のため,場外発売所箇所数を2カ所ふやし,場外発売日数は前年度と比べて延べ113日増加させていますが,深刻なギャンブル依存患者をふやすだけです。  決算第16号,開発事業特別会計市民の生活関連の事業に回すべきです。  

福山市議会 2014-06-19 06月19日-05号

次に,保健行政について,カジノ法案ギャンブル依存対策について質問をします。 日本共産党や社民党を除く超党派の議員は,国会にカジノ合法化法案を提出しました。この法案は,カジノを合法化し,賭博場の開設を認める重大な内容です。この法案は,今国会に提出されている推進法と,その後の実施法の2段階に分かれています。推進法は,1,国がカジノ設置区域の整備をする。

広島市議会 2012-03-01 平成24年度予算特別委員会-03月01日-04号

権利を持っていらっしゃる方が入って,総合福祉センターというのはギャンブル依存の人とか薬物依存症の人とかアルコール依存症の人とか,そういう人たちが会をいっぱい持つところに,商業施設の中で総合福祉センターでそういう会がやっていかなきゃいけないわけですよ。私はそういうふうな環境といいますか,そういう場の設定といいますか,それも十分吟味したのかなというふうに思います。

広島市議会 2011-11-02 平成23年第 5回11月臨時会−11月02日-01号

WHOの国際疾病分類で,ギャンブル依存精神疾患の指定を受けています。  日本でギャンブル依存で治療を受けている人は約400万人と言われ,それによって引き起こされる多重債務を初め経済的破綻,家庭崩壊,最後には人格破壊まで引き起こします。平和都市を標榜している以上,健全な環境をつくっていくのが行政の使命です。

広島市議会 2010-10-14 平成22年度決算特別委員会(第1分科会)-10月14日-01号

◆馬庭 委員         てこ入れだっていうの初めて明らかになったので,今から私が論を立てるのとちょっと対立になると思うんですけど,私は聞いていただきたいと思うんですけど,てこ入れをしなくてもいいっていう私の根拠は,ギャンブル依存が国内に今400万人いるんですね。これは,ギャンブル依存っていうのはWHOの国際疾病分類の中でもはっきりと精神疾患だっていうふうに認められてます。

  • 1
  • 2