8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

広島市議会 2019-02-26 平成31年度予算特別委員会−02月26日-02号

具体的な例で申し上げますと,5年生では,先ほどもお話しいただきましたが,理科の「メダカのたんじょう」の学習の中で,メダカの生態やメダカ絶滅危惧種だということを知る学習にあわせて,安佐動物公園の飼育員から,オオサンショウウオユーラシアカワウソなど,安佐動物公園で飼育をしている絶滅危惧種の生き物に関する話を聞き,それらの生き物の生態や絶滅危機に陥っている理由などについて調べ学習を行っております。

広島市議会 2015-12-22 平成27年12月22日都市魅力づくり対策特別委員会-12月22日-01号

その代わりに、今のユーラシアカワウソやらレッサーパンダを送ってもらった。お互いに交流しとる。ほいじゃあ、広島に着いた船があっこへ持っていくのに、行く道路があるか、インフラが、交通網が整備ができとるか。全くできてない。道路も広がってない。依然として曲がったままの道路がある。こういったことの整備を、これは本来は市がしなけりゃあいけない。

広島市議会 2014-03-05 平成26年度予算特別委員会−03月05日-06号

次に,4匹いるユーラシアカワウソです,カワウソですね。ちょっと哀愁じみた目をしておりますが,このカワウソは平均年齢,平均推定は18年だそうですが,安佐動物公園は23年生きております。やがていなくなってしまう可能性もあります。次に,37羽いるフラミンゴです。これは推定は40年から41年ということですけど,今フラミンゴで,私が指さすこの3羽が42歳だそうです。

広島市議会 2009-06-18 平成21年第 2回 6月定例会-06月18日-01号

園内で時間の表示があったヒヒ,ヤマアラシ,カワウソのえさやりを見ることはできましたが,1日の開園中1回しか見られないのですから,ほかの動物のえさやりについてもホームページや入場口に表示して,多くの来場者に動物たちのさまざまな生態を観察してもらいたいと思います。現場の職員の皆さんの努力で,来場者数も上昇傾向にあると聞いております。せっかくの情報です。

広島市議会 2003-02-28 平成15年第 1回 2月定例会−02月28日-02号

その間,整備されたものとして,カワウソ舎,オオサンショウウオ繁殖施設改修,ヒヒ山改修,マレーバク舎新設,クロサイ繁殖施設新設,こども動物園ピーチクパーク改修があり,本園の充実に大きく寄与してまいりました。しかし,限られた財源の中での事業だけに,いまだ基本構想の達成には至らず,道半ばと言えましょう。

広島市議会 1992-03-12 平成 4年度予算特別委員会-03月12日-06号

◎久保 緑政課長  昨年,重慶市との交流によりカワウソ展をやった。これを契機として入園者もかなりふえてきている。さらに動物園の中での催しを行い,今年度と同様の入園者を見込んでいるところである。 ◆牧里 委員  多くの皆さん方が楽しんでいただくよう,さらなる努力を求めておきたい。  

広島市議会 1991-12-11 平成 3年第 6回12月定例会−12月11日-02号

入園者の数につきましては,動物公園ではキンシコウ,レッサーパンダ特別展示のありました昭和62年度をピークに減少してまいりましたけれども,平成3年度は重慶市から贈られましたカワウソや「カッパとカワウソ展」の人気もありまして増加に転じました。去る11月23日には,開園後20年の入場者数が1,000万人を突破したところであります。  

広島市議会 1990-06-27 平成 2年 6月27日建設委員会-06月27日-01号

なお、平成3年度には、重慶市からカワウソ3頭を譲り受けて展示する。 ◆石川 議員   公共下水道がいつ整備されるか。それに、早く接続するように準備するようにするとか、部屋をあらかじめ準備し、カバの購入の準備をするなど早くする方法がある。下水が整備されるまで、準備を早くする意思はあるか。 ◎仲森 公園緑地部長   公共下水道の整備時期ははっきりしていないが、平成6年ごろには幹線が整備されるであろう。

  • 1