ツイート シェア
  1. 廿日市市議会 2019-06-14
    令和元年文教厚生常任委員会 本文 開催日:2019年06月14日


    取得元: 廿日市市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-11-25
    ▼最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1   ~~~~~~~~○~~~~~~~~     開会 午前9時29分 ◯委員長 ただいま出席委員が7名であります。定足数に達しておりますので、これより文教厚生常任委員会を開きます。それではこれより付託案件の審査を行います。今次定例議会において本委員会に審査を付託されました案件は議案第47号災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例など3件であります。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~   日程第1 議案第47号 災害弔慰金の   支給等に関する条例の一部を改正する条   例 2 ◯委員長 日程第1、議案第47号災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。直ちに当局の説明を求めます。 3 ◯福祉総務課長 議案第47号災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由及び内容をご説明申し上げます。議案説明書の19ページをごらんください。1の改正の理由でございます。災害弔慰金の支給等に関する法律及び災害弔慰金の支給等に関する法律施行令の一部が改正されたことに伴い、災害援護資金の貸し付けについて、被災者支援の充実を図る観点から、必要な規定の整理を行おうとするものでございます。2、改正の内容でございます。(1)災害援護資金の貸し付けにおける保証人について、法律施行令の改正に伴いまして、新たに条例に定めるものでございます。従前は必置とされておりましたが、本市において選択できるものとして規定いたします。これは、被災等により保証人を立てられない被災者が、災害援護資金の貸し付けを受けられるよう配慮したものでございます。(2)災害援護資金の貸付利率について、従前は法定で3%とされておりましたが、法律の改正に伴い市町村での設定が可能となったため、本市では保証人を立てる場合は無利子保証人を立てない場合は、据置期間中は無利子、据置期間経過後は延滞の場合を除き、年3%以内で規則で定める率とすることを条例で定めるものでございます。従前、法定で定められていた利率よりも低い利率を設定することにより、被災者の返済負担の軽減を図ることを目的とするものでございます。(3)災害援護資金の償還方法につきまして、年賦償還及び半年賦償還に加え、新たに月賦償還を設けるものでございます。これは、被災者災害援護資金の円滑な償還と本市の確実な債権回収を目的とするものでございます。(4)その他、引用条項など必要な規定の整理を行うものでございます。3、施行期日等でございます。公布の日を施行期日といたしますが、災害援護資金貸し付けにおける保証人及び貸付利率の規定につきましては、平成31年4月1日以降に生じた災害に対して適用いたします。4、根拠法令は、災害弔慰金の支給等に関する法律第10条第1項及び第4項でございます。以上で、議案第47号の提案理由及び内容の説明を終わります。ご審査のほど、よろしくお願いいたします。 4 ◯委員長 以上で当局の説明は終わりました。これより質疑を行います。 5 ◯栗栖委員 まず貸し付けについて、保証人をこれまで必置だったのが、できる、という緩やかになったという意味だと思うのですけど、実際これまでに事例があるかわからないのですが、廿日市の中で、例えば物を借りる場合にこれまでの保証人が必置という部分で借りられないという事例があったのかどうなのかという部分がまず1点。それから今回の改正によって、かなり実際この援護資金は融資を受けやすくなるというふうに理解をすればいいのかという点。3点目は年3%以内で規則で定める率という形になっていますけど、実際どれぐらいになるのかという3点をお伺いします。 6 ◯福祉総務課長 まず規則で定める率についてお話しさせていただきます。規則におきましては1%と規定することを考えております。これにつきましては母子福祉資金貸付金といいますのが、従前この制度と同じような制度でございまして、現在1%となっておりますので、そういったところを参考にさせていただきましたのと、あわせて県内市の状況も確認しましたところ、本市を含む14市のうち、11市が1%ということもございまして、近隣市等の状況も踏まえて本市につきましても1%という利率を設定させていただくことにいたします。続きまして過去の実績でございますが、本市におきましては芸予地震の際、平成13年に1件の貸し付けの実績がございます。これによりまして、当然利率等も低くなりますので借りやすくなったのではないかという認識を持っておるところでございます。 7 ◯栗栖委員 県内市町の事例で多い1%ということだったのですけど、それ以外は1%より高かったということですか。だから低いほうの1%に定めたのか、単に1%が多いから多いほうにあわせたのか、どっちが高いのですか。 8 ◯福祉総務課長 本市と同じ状況の選択制のものが11市と申し上げたのですが、安芸高田市が3%という利率を設定してございまして、あと江田島市がゼロ%、金利なしというとこもありますが、あと府中市ですね。ただし保証人は必須ということでのゼロ%という市がございました。 9 ◯栗栖委員 済みません。さっき答弁で確認できなかったのですけど、だから1件しか芸予のときになかったということなので、保証人を立てられずに融資を受けられなかったという方はいないかということでよかったのかもう一回確認。 10 ◯福祉総務課長 従前でも保証人が必要という制度でございましたので、いろいろご相談を受ける中で法律の趣旨にのっとって貸し付けを行っておるところでございますので、保証人が立てられないから借りられなかったかどうかというところについては正直承知をしていないところでございます。 11 ◯高橋委員 同じような質問なのですけど貸し付けの上限額とか、そういったものについてお伺いをします。 12 ◯福祉総務課長 貸付金額につきましては、法律で規定をされておりまして最高限度額で一応350万円が貸付限度額となっております。 13 ◯委員長 ほかにございますか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕
    14 ◯委員長 なしと認めます。次にまいります。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~   日程第2 議案第50号 令和元年度廿   日市市介護保険特別会計補正予算(第1   号) 15 ◯委員長 日程第2、議案第50号令和元年度廿日市市介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。直ちに当局の説明を求めます。 16 ◯高齢介護課長 議案第50号令和元年度廿日市市介護保険特別会計補正予算(第1号)について、歳入歳出補正予算事項別明細書により、その内容をご説明いたします。補正予算書の7ページをお願いします。1の総括、歳入でございます。4款国庫支出金及び8款繰入金を、132万5,000円追加するものでございます。  8ページをお願いします。  歳出でございます。1款総務費132万5,000円を追加するものでございます。  続いて、10ページをお願いします。  2の歳入でございます。4款国庫支出金、2項国庫補助金、5目介護事業費国庫補助金、補正額66万2,000円でございます。これは、国庫補助事業である介護報酬改定等に伴うシステム改修事業費補助金の歳入でございます。令和元年10月実施予定の介護職員の処遇改善及び介護報酬改定などの介護保険制度改正に対応するための、介護保険事務処理システムの改修に係る事業費補助金として、国から改修費用の2分の1の金額が交付されるものでございます。続きまして、8款繰入金、1項一般会計繰入金、5目その他一般会計繰入金、補正額66万3,000円でございます。これは、介護保険事務処理システム改修に係る事業費から国庫補助分を差し引いた金額を一般会計から繰り入れるものでございます。  次に12ページ、13ページをお願いします。  3の歳出でございます。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、説明欄003介護保険一般事業、補正額132万5,000円でございます。これは、先ほど歳入で説明いたしました介護保険制度の改正に伴う介護保険事務処理システムの改修手数料でございます。以上で、説明を終わります。ご審査のほど、よろしくお願いします。 17 ◯委員長 以上で当局の説明は終わりました。これより質疑を行います。 18 ◯栗栖委員 今回の補正とは関係ないのかもしれないのですが、昨年度の介護保険事業会計介護医療院か何かの設置ができなくてかなり大幅な減という形になりました。今年度の予算については、それらもまた開設されるという見込みの中で、昨年の最終的な決算に近い7億近い差が出ているということなのですが、実際どうなのですか。介護医療院の開設というのは今年度、可能な状況になりつつあるのですか。 19 ◯高齢介護課長 介護医療院につきましては昨年度、新たにというのが……。今までの療養介護型の介護病棟からの転換というところがほとんどだったのですが、今年度相談を受ける中で来年度に向けて準備を進められているといったところを今相談を受けております。 20 ◯委員長 ほかにありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 21 ◯委員長 ないようでしたら、質疑を終結いたします。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~   日程第3 議案第53号 工事請負契約   の締結について(大野体育館解体工事) 22 ◯委員長 日程第3、議案第53号工事請負契約締結について(大野体育館解体工事)を議題といたします。直ちに当局の説明を求めます。 23 ◯契約課長 議案第53号工事請負契約締結について、提案理由及び内容をご説明申し上げます。  議案説明書の25ページをごらんください。  1の提案の要旨でございますが、廿日市市大野1328番地において施工いたします大野体育館解体工事請負契約締結しようとするものでございます。2の請負契約の内容でございます。(1)の工事内容でございますが、体育館の解体、鉄骨造3階建て、延べ面積4,515.03平方メートルでございます。詳細につきましては、後ほど、図面により、ご説明申し上げます。5月9日に入札に参加できる条件広島県内に主たる営業所を有する解体工事の評定値が550点以上の企業とし、同種工事の施工実績や、市内企業の活用計画などの地域貢献項目を評価した、地域実績評価型総合評価方式による条件付一般競争入札を行いました結果、(2)の請負金額1億3,090万円で、(3)の請負廿日市市桜尾一丁目1番11号、河井建設工業株式会社廿日市営業所、営業所長永井視氏に落札をしたものでございます。請負金額につきましては、引き渡しが本年10月以降となりますので、新消費税率の10%を適用したものとなっております。なお、この請負金額は、入札に際して設定した税抜きの調査基準価格1億4,014万8,000円を下回っておりましたため、低入札価格調査を実施しましたところ、仮設材、重機及び廃棄物運搬車両を保有している一次下請業者を活用することで労務費は確保しつつ、賃料を抑えて単価を安価にできることや、今回の解体工事図書館市民センターを使用しながらの工事ではあるものの、体育館は施工規模が大きい割に内部空間が広く、効率よく作業をすることができるなど施工性もよいため、一般的な解体工事の施工単価よりも安価にできることなどによる企業努力によって履行可能であることが確認されたことから、落札決定をしたものでございます。  入札状況でございます。  文教厚生常任委員会資料、議案第53号関係入札状況調書をごらんください。入札状況調書は、消費税及び地方消費税抜きの金額を記載しております。4者の応札があり、応札額と加算点から算出した評価値が最も高い者について低入札価格調査を実施の上、落札者としております。なお、税抜きの予定価格は、1億5,675万2,000円で落札率は75.9%となっております。議案説明書にお戻りください。(4)の工期につきましては議決の日の翌日から、令和2年3月31日までとさせていただいております。3の根拠法令でございますが、議案第52号説明書と同様、議会議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条でございます。  それでは、次のページ以降の図面によりまして、工事内容についてご説明申し上げます。  図面1枚目の位置図をごらんください。今回の工事場所は、廿日市市大野1328番地で図面中央の丸で囲んでいる箇所でございます。  次のページをごらんください。筏津地区内、大野体育館の配置図でございます。図面の右上が北側になります。図面中央上側に、斜線で示しております箇所が、今回解体を行う大野体育館でございます。大野体育館は、昭和52年度に整備され、築後、40年が経過しており、筏津地区の再整備に先行して解体し、複合施設として新設することとしております。  次のページをごらんください。解体する大野体育館の南側及び北側の立面図でございます。横幅は51.9メートル、奥行きは79.2メートルで、建物の最高高さは15.5メートルとなっております。  次のページをごらんください。同様に大野体育館の西側及び東側の立面図でございます。以上で議案第53号の提案理由及び内容の説明を終わらせていただきます。ご審査のほど、よろしくお願いいたします。 24 ◯委員長 以上で当局の説明は終わりました。これより質疑を行います。 25 ◯高橋委員 まず低入札の価格調査が行われたということなのですが、低入札のときに価格調査を行う場合と、行わずにそのまま低入札は無効となる場合と、その判断基準というか、これについてお伺いします。 26 ◯契約課長 低入札価格調査につきましては、まず調査基準価格を設けておりまして、この金額を下回ったものについて低入札の価格調査を行うことになりますけども、数値的な判断基準としての失格基準価格を設けておりまして、これを下回った場合につきましては、価格のみでもう失格ということで、次の価格の方への調査を行うというような形になっております。 27 ◯高橋委員 今の答弁で、そういう基準を設けてあるということなのですが、今回の場合、それに満たなかったから低価格調査に入ったと思うのですけど、その基準というのはどういう何パーセントとかいう基準かあるのでしょうか。 28 ◯契約課長 調査基準価格の設定になりますけども、こちらについては工事設計金額に応じた価格ということになります。まずは直接工事費の97%、共通仮設費の90%、現場管理費の90%、一般管理費の55%、これらを合計したものが調査基準価格ということになります。 29 ◯高橋委員 体育館のアスベストの使用があるのかないのか、そこら辺の調査はちゃんとしてあるのかということをお聞きします。 30 ◯営繕課長 このたび解体します大野体育館につきましては、アスベスト調査をしております。外壁の吹きつけ塗料の中にアスベストがあることが判明しておりますので、その除去を含めた解体としております。 31 ◯高橋委員 今回、事務所等も解体ということで全部解体になると思うのですけど、今回解体に当たって、いろんな事務的なことはどこでやるのか、代替施設というのはどこになるのかお伺いします。 32 ◯スポーツ推進担当課長 従前、大野体育館で行っておりました事務的なことにつきましては、今回福祉センターのプレハブ棟がございます。そちらへ移行いたしまして受け付けを行う予定としております。 33 ◯高橋委員 そういったことについての周知、利用者に対する周知が、個人使用されている方からなんですけど、次どうなるかよく聞いていないというような声がありましたので、そこら辺の周知についてちゃんとできるのか、できているのかお伺いします。 34 ◯スポーツ推進担当課長 ご指摘いただいた件について、周知がちょっと十分できてないというお声もいただいておりますので、ご利用の方にしっかり情報が伝わるような形で努めてまいりたいと思っております。 35 ◯栗栖委員 今回の解体工事に際してなんですが、隣に水道施設がある。その隣には学校給食センターがある。今の市民センターまた図書館等はそのまま営業されるということで人が集まる施設なんですが、裏の道路もそんなに広い道路でもないし、機械の搬入、また撤去とかどういう形で進めていくのか。また近隣への対策ですよね。音なんかもかなりしてきて、アスベストについては先ほど調査に出されて飛散防止はされると思うのですけど、その辺の徹底というのはどういうふうにされるお考えですか。 36 ◯営繕課長 この工事中の安全管理につきましては、当然近隣の方への安全管理が当然必要で、ただ工事の車両につきましては川側の広い道路、あそこからしか出入りできないので、一般の利用者の方との動線がかぶる形にはなりますので、その辺は当然ガードマンをつけるなり安全管理は十分していこうと思います。外周、周りの家につきましても防音シート等をしまして、最小限音が出ないような形では、解体工事なので全然音が出ないことはないのですけど、音が少ないような重機を使うなどして極力影響がないようには進めたいと思います。 37 ◯栗栖委員 今近隣にも気をつけろ、あれこれ注文をつけたのですけど、やはり工事自体も工期は3月末とはいえ、早い段階でしなければいけないと思うのですけども、そこらのスピード感的なものの対応というのは求めていくのか、可能なのかという点をお伺いします。それと先ほど消費税の部分が10%で載っているということだったんですけど、今回実際工事を始めて10月まで実際増税されるまでの期間にされた工事については8%計算なのか、10月以降が10%計算なのかそこら部分もちょっと教えてください。 38 ◯営繕課長 工事期間につきましては当然外壁のアスベストの除去等の期間もかなりかかりますので、それは含めた上で工期設定をしておりますので、一応3月末の工期に十分間に合う形での……    (「短縮できないのか」と呼ぶ者あり) なかなか短縮というのはこれ以上は難しいかなとは思います。いろいろな仮設計画とかありますので。 39 ◯契約課長 消費税率でございますが、引き渡しの時点で判断されるということになりますので、工事費の全額について10%の消費税が適用されるというふうになります。 40 ◯委員長 ほかにありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 41 ◯委員長 ないようでしたら質疑を終結いたします。ここで暫時休憩をいたします。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~     休憩 午前9時55分     再開 午前9時57分   ~~~~~~~~○~~~~~~~~ 42 ◯委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。これより必要であれば議員間討議を行いたいと思いますがいかがでしょうか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 43 ◯委員長 ないようでしたら、これで議員間討議を終結いたします。これより議案ごとに討論及び採決を行います。議案第47号災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例について討論はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 44 ◯委員長 討論なしと認めます。これより議案第47号災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 45 ◯委員長 ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。次に議案第50号令和元年度廿日市市介護保険特別会計補正予算(第1号)について討論はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 46 ◯委員長 討論なしと認めます。これより議案第50号令和元年度廿日市市介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 47 ◯委員長 ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。次に議案第53号工事請負契約締結について(大野体育館解体工事)について討論はありませんか。     〔「なし」と呼ぶ者あり〕 48 ◯委員長 討論なしと認めます。これより議案第53号工事請負契約締結について(大野体育館解体工事)を採決いたします。本件は原案のとおり可決することにご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 49 ◯委員長 ご異議なしと認めます。よって本件は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~   日程第4 所管事務調査について 50 ◯委員長 日程第4、所管事務調査についてを議題といたします。皆さんの忌憚のないご意見等をいただき、具体的に調査したい案件があればご提案をいただきたいと思います。ここで暫時休憩をいたします。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~     休憩 午前9時59分     再開 午前10時03分   ~~~~~~~~○~~~~~~~~ 51 ◯委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。 52 ◯栗栖委員 委員長もこのたび就任をされていろいろ思いがあるように聞いております。この際、正副委員長のほうで協議をしてテーマのほうを決めていただけたらというふうに思うんですが、いかがですか。 53 ◯委員長 皆さんこれでご異議ございませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 54 ◯委員長 協議の結果、閉会中に所管事務調査を実施することとなりましたが、今の委員会では所管事務調査事項の決定には至りませんでした。ついてはご意見のあった調査項目から決定することで、委員長一任とさせていただきたいと思いますがご異議ありませんか。     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 55 ◯委員長 ご異議なしと認めます。よって所管事務調査事項については委員長・副委員長一任とさせていただきます。なお、決定した調査事項及び閉会中の委員会開催の日程等については、追って通知します。  以上で本委員会に付託された案件の審査は全部終了いたしましたので、本日の文教厚生常任委員会閉会いたします。   ~~~~~~~~○~~~~~~~~     閉会 午前10時04分 このサイトの全ての著作権廿日市市議会が保有し、国内の法律または国際条約保護されています。 Copyright (c) HATSUKAICHI CITY ASSEMBLY MINUTES, All rights reserved....