東広島市議会 > 2024-08-30 >
08月30日-01号

ツイート シェア
  1. 東広島市議会 2024-08-30
    08月30日-01号


    取得元: 東広島市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-26
    令和 元年第3回 9月定例会(第1日目)1. 日時  令和元年8月30日2. 場所  東広島市議会議場3. 出席議員(30名)  1番 鈴 木 英 士   2番 片 山 貴 志   3番 坂 元 百合子  4番 牛 尾 容 子   5番 景 山   浩   6番 田 坂 武 文  7番 岩 崎 和 仁   8番 中 川   修   9番 貞 岩   敬  10番 岡 田 育 三   11番 坪 井 浩 一   12番 大 道 博 夫  13番 玉 川 雅 彦   14番 北 林 光 昭   15番 加 藤 祥 一  16番 重 森 佳代子   17番 奥 谷   求   18番 大 谷 忠 幸  19番 重 光 秋 治   20番 加 根 佳 基   21番 宮 川 誠 子  22番 谷   晴 美   23番 乗 越 耕 司   24番 竹 川 秀 明  25番 池 田 隆 興   26番 山 下   守   27番 鈴 木 利 宏  28番 牧 尾 良 二   29番 石 原 賢 治   30番 上 田   廣4. 欠席議員(なし)5. 本会議の書記  事務局長    脇 本 英 治      局次長     弓 場   潤  議事調査係長  尾 崎 修 司      主査      三 原 博 道6. 説明のため出席した者  市長      高 垣 廣 徳      副市長     松 尾 祐 介  副市長     多 田   稔      教育長     津 森   毅  総務部長    倉 本 道 正      政策企画部長  西 村 克 也  財務部長    江 口 和 浩      生活環境部長  天神山 勝 浩  健康福祉部長  梶 永 里 美      こども未来部長 上 田 祐 子  産業部長    木 原 岳 浩      建設部長    先 灘 啓 二  都市部長    加 藤 博 明      下水道部長   森 行 裕 章  会計管理者   古 本 克 志      消防局長    石 丸 泰 三  水道局長    三 戸 通 明      学校教育部長  大 垣 勇 人  生涯学習部長  國 廣 政 和      災害復旧担当理事中 谷 浩 美  総務部次長総務課長           政策企画部次長兼総合政策課長          大 畠   隆              惣 引 文 彦  財務次長財政課長           生活環境部次長兼廃棄物対策課長          中 村 光 利              中 村 満 彦  総務部総務課長補佐兼行政経営係長          中 川 道 浩7. 会議事件日程第1        会議録署名議員の指名日程第2        会期の決定日程第3 諮問第149号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて     諮問第150号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて     諮問第151号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて     同意案第152号 固定資産評価審査委員会委員の選任の同意について     同意案第153号 固定資産評価審査委員会委員の選任の同意について     議案第154号 財産の取得について     議案第155号 財産の無償譲渡について     議案第156号 財産の無償譲渡について     議案第157号 財産の無償譲渡について     議案第158号 財産の無償譲渡について     議案第159号 財産の無償譲渡について     議案第160号 財産の無償譲渡について     議案第161号 財産の無償譲渡について     議案第162号 財産の無償譲渡について     議案第163号 財産の無償貸付けについて     議案第164号 財産の無償貸付けについて     議案第165号 財産の無償貸付けについて     議案第166号 財産の無償貸付けについて     議案第167号 財産の無償貸付けについて     議案第168号 財産の無償貸付けについて     議案第169号 財産の無償貸付けについて     議案第170号 市道の路線の認定について     議案第171号 公の施設指定管理者の指定について     議案第172号 請負契約締結について     議案第173号 委託契約締結について     議案第174号 職員給与に関する条例等の一部改正について     議案第175号 東広島市手数料条例の一部改正について     議案第176号 東広島市債権管理条例の一部改正について     議案第177号 東広島市コミュニティ活動施設設置及び管理条例の一部改正について     議案第178号 東広島市印鑑条例の一部改正について     議案第179号 東広島市専用水道等の設置及び給水に関する条例の一部改正について     議案第180号 災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について     議案第181号 東広島市老人集会所設置及び管理条例の一部改正について     議案第182号 東広島市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部改正について     議案第183号 東広島市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について     議案第184号 東広島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について     議案第185号 東広島市地域研修センター設置及び管理条例の一部改正について     議案第186号 東広島市勤労者福祉施設設置及び管理条例の一部改正について     議案第187号 東広島市林業施設等の事業分担金徴収条例の一部改正について     議案第188号 東広島市公共下水道条例等の一部を改正する条例の一部改正について     議案第189号 東広島市消防団員定員、任免、服務等に関する条例の一部改正について     議案第190号 東広島市水道給水条例の一部改正について     議案第191号 令和元年度東広島市一般会計補正予算(第3号)     議案第192号 令和元年度東広島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)     議案第193号 令和元年度東広島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)     議案第194号 令和元年度東広島市介護保険特別会計補正予算(第2号)     議案第195号 令和元年度東広島市水道事業会計補正予算(第1号)     議案第196号 令和元年度東広島市下水道事業会計補正予算(第1号)───────────────────── * ───────────────────                             午前10時00分 開  議 ○議長(乗越耕司君) 皆さん、おはようございます。 令和元年第3回東広島市議会定例会を開会するに当たり、お忙しい中御参集賜り、まことにありがとうございます。 ただいまの出席議員は30名であります。定足数に達しておりますので、これより、令和元年第3回東広島市議会定例会を開会いたします。 この議会の運営につきましては、諸事が円滑に終始しますよう皆様方の御協力をよろしくお願いいたします。 直ちに本日の会議を開きます。 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。 お諮りします。この際、説明員として本会議に市長、教育長並びに説明の委任を受けた者の出席を求めたいと思います。これに御異議ありませんか。          〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(乗越耕司君) 御異議なしと認めます。よって、説明員の出席を求めます。 暫時休憩いたします。                             午前10時01分 休  憩───────────────────── * ───────────────────                             午前10時02分 再  開 ○議長(乗越耕司君) 再開いたします。 日程に入るに先立ち、高垣市長から招集に当たり挨拶がありますので、これを許します。 ◎市長(高垣廣徳君) 議長、市長。 ○議長(乗越耕司君) 高垣市長。 ◎市長(高垣廣徳君) (登 壇) 本日、令和元年第3回東広島市議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には、御多用中にもかかわらず、御参集を賜りまして厚くお礼を申し上げます。 まず、7月18日に東広島浄化センターから黒瀬川放流した水質について、全窒素汚濁負荷量が水質汚濁防止法基準値である日量1,570キログラムを超過し、1,635キログラムを観測いたしました。議員の皆様を初め市民の皆様、下流域にお住まいの関係各位の皆様には御心配と御迷惑をおかけし、まことに申しわけございませんでした。ここに深くおわびを申し上げます。 その後の状況でございますが、7月中は11日間、8月に入りまして昨日までの間に9日間、基準値を超過した状態が断続的に続いております。原因は流入水の窒素濃度及びBOD、いわゆる生物化学的酸素要求量が上昇したため、現有施設で処理可能な値を超えたものによるものでございます。 このことから、影響を最小限にとどめるべく、8月8日に有識者を交えた東広島浄化センター水質対策委員会を設置し、御意見を賜りながら、適正処理に向け対策を講じているところでございます。 次に、今月21日、東広島消防署長が強制わいせつ未遂容疑により逮捕されるという事案が発生いたしました。全体の奉仕者として信頼にこたえる行動が強く求められているにもかかわらず、こうした重大な法令違反が発生いたしましたことは痛恨のきわみであり、被害者及び市民の皆様に深くおわびを申し上げます。今後、事実関係を確認の上、厳正に対処してまいりますとともに、職員一丸となって、一層の信頼回復に努めてまいります。 さて、8月も終わりとなり、いつの間にか、宵の喧騒は蛙から虫時雨へと移ろい、天高く、稲穂色づく爽籟に秋の兆しを感ずる季節となりました。 間近に迫りました9月1日は、今から59年前の昭和35年に、政府地方公共団体等関係諸機関を初め、広く国民が、台風高潮津波地震等の災害についての認識を深め、これに対する心構えを準備することを目的として制定された防災の日でございます。 また、9月1日は、大正12年に関東大震災が発生した日でもありますが、暦の上では二百十日に当たり、この時期は台風シーズンのただ中でもございます。過去には、死者、行方不明者5,098人という、明治以降最大の被害を出した昭和34年の伊勢湾台風を初め、被害の大きさから、三大台風と言われる枕崎台風及び室戸台風も、全て9月に上陸したものであります。現在も、九州地方に豪雨をもたらした停滞前線とともに、南太平洋上には次々と台風が発生する予兆があり、今後も予断を許さない状況がしばらく続くものと考えております。 昨年の7月豪雨災害の教訓から、災害は決して遠い地域の出来事などではなく、身近に起こり得るものと、危機感と緊張感を絶えず持って、常に想定以上の災害発生の可能性を念頭に置きながら、今後も油断することなく、引き続き、災害に対する備えを堅固にしてまいります。 また、9月は重陽の節句でもございますが、これは古来、奇数は縁起のよい陽数とされ、その奇数が連なる日を祝したのが五節句の始まりと言われております。中でも、一番大きな陽数である9が重なる9月9日を、陽が重なる重陽の節句として、不老長寿や無病息災を願ってきたそうでございます。 本市では、「えっと健康!ぶち笑顔!ちぃとやってみようや東広島」を健康づくりのスローガンに、また、市制施行40周年を記念して、地域の魅力が詰まった曲に合わせ、運動機能の維持・向上を図るオリジナル体操「いきいき体操ひがしひろしま」を作成し、その普及を通じて、市民の皆様の健康寿命の延伸に取り組んでおります。 議員の皆様にもぜひ、この秋の夜長を、御家族や御友人とともに、いきいき体操ひがしひろしまを始めるきっかけとしていただき、健康を末永く維持増進していただくことで、引き続き、市政発展のため、御活躍を賜りますようお願いを申し上げます。 それでは、本市を取り巻く内外の諸情勢及びまちづくり大綱の5つの視点に沿ったもののうちから、主だったものに触れながら、開会に当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。 まずは、7月6日、東広島市市民文化センターにおきまして、平成30年7月豪雨災害から1年を迎えるに当たり、犠牲となられました方々の御冥福をお祈りし、深い哀悼の意を表するとともに、復興への思いを新たにするため、平成30年7月豪雨災害犠牲者追悼式をとり行いました。当日は、市議会議員の皆様にも御出席をいただきまして、御遺族を初め、御来賓及び住民自治議会代表者など、多くの皆様の御列席のもと、議長には追悼の辞を頂戴し、厳粛な空気の中、無事挙行することができましたことを改めて厚く御礼を申し上げます。 次に、災害復旧復興の進捗状況でございます。 これまで、より多くの災害復旧業務に対応するため、市OB職員の採用、他市からの応援による人員確保等に努め、緊急性が高い箇所から鋭意、復旧作業を進めているところではございますが、進捗が芳しくない状況にございます。 特に、農業施設災害復旧事業につきましては、いまだ着手率が6.1%と、当初の見込みと比較して、概ね半年ほどのおくれが生じている状況にございます。この原因は、当初、業務量が想定できなかった重要変更審査や入札不調対応に関する諸課題に不測の時間と労力を費やしたことによるものでございますが、今後、そのおくれを取り戻すべく、一層の集中と対策を講じてまいる所存でございます。 既に、6月からは優先度の高い箇所から工事発注しており、今後、農閑期を迎える10月以降、河川農地農業施設工事発注を進めていくこととしております。なお、今後の工事発注の見通しにつきましては、市のホームページで逐次お知らせをしてまいります。 次に、8月19日、住民自治議会代表者の皆様に御出席をいただき、私を初め、副市長、教育長、各部局長が直接、地域の課題について伺いながら、連携を深めることを目的とした市民協働のまちづくりトークを開催いたしました。 当日は、平成30年7月豪雨災害復旧事業の進捗状況と地域情報報道機関への発信及び緊急医療の適正利用について御報告を申し上げました。また、第五次東広島市総合計画地域別計画について、膝を突き合わせながら頂戴いたしました多くの貴重な御意見を、今後の計画策定の参考としてまいりたいと考えております。 次に、仕事づくりについてでございます。 市内に立地しております国内唯一のDRAM製造工場におきまして、これまで進めてこられました新製造棟の拡張工事が6月に完了し、これにより、製造装置を配置するクリーンルームの面積が従来の1割、約7,000平方メートルほどふえ、今年度中に1Z世代と呼ばれる次世代DRAMの量産を始める計画と伺っております。 また、完了時期は未定とされておりますが、さらに、別の製造棟も建設中で、今後数年で数十億ドル規模の投資とともに、今後、3年間で新卒技術者を500人採用する計画を表明されております。この巨額の設備投資は、本市経済にとりましても大変喜ばしく、地元を代表して歓迎を申し上げる次第でございます。また、これにとどまらず、地元大学経済界と連携して、新たな産業イノベーションの創出につながるものと大いに期待しているところでもございます。 本市といたしましては、今後も円滑な事業活動や従業員の良好な住環境の確保に向けた協力体制の構築に加え、地域貢献や社会貢献への橋渡し役など、きめ細やかな支援を続けてまいります。 次に、人づくりについてでございます。 人工知能を初めとした科学技術の著しい発展及び世界的な競争が激化する中、科学技術の土台となる理数教育の充実を図ることは喫緊の課題と考えておりますことから、子どもが科学技術に興味を抱くとともに、親しみ、学ぶことができる環境を充実していくため、7月より科学の芽育成講座を開講いたしました。これは、大学企業研究機関が集積する本市の強みを生かし、各機関の専門的な知識技術を活用した体験的、問題解決的な講座として実施しているものでございます。 対象は市内小中学校の小学3年生から中学3年生までの児童生徒で、広島大学近畿大学工学部及び広島国際大学教員企業研究機関職員の皆様に講師をお願いし、小中学校に出向いて、授業を行っていただいております。 これまで、既に3校で実施し、今後も積極的に講師を派遣していくこととしております。これにより、理数好きな子どもの裾野の拡大を図り、次代を担う科学技術人材育成を推進してまいります。 次に、活力づくりについてでございます。 第1回JBCF東広島サイクルロードレースが7月6日、広島大学周辺で開催されました。JBCFサイクルロードシリーズとは、日本全国を転戦して開催される自転車によるロードレースで、各レースの順位に応じて付与されるポイントの年間獲得総数を競うシリーズでございます。 本市にとりましては、本格的なサイクルロードレースは初めて開催されるものであり、Jプロツアー第10戦、Jエリートツアー第23戦として開催され、西条HAKUWAホテル前を発着点に、全国から集結したトップレベルのレーサーが、1週5.5キロメートル広島大学外周特設コースを周回するもので、時速約50キロメートルの猛スピードで目の前を駆け抜ける光景は、映像では感じることのできない銀輪の風圧と色とりどりのジャージが糸を引く、まさに大迫力の熱戦でございました。 これに加え、広島大学構内では、プロレーサーによるトークショーやユニフォームの人気投票、本市の名産を味わえるフードコーナーを初め、子どもたちを対象としたキックバイクレースや自転車全教室が行われるなど、家族連れでも楽しめる新たな賑わいの創出につながるイベントでございました。 私もパレードランに参加させていただきましたが、レースコースの一部を多くの参加者の皆様と一緒に、沿道の方々からの応援を受けながら走り抜ける爽快感は、大変心地のよいものでございました。 近年のスポーツサイクルの人気上昇に加え、広島からも、このサイクリングチームのVICTOIRE広島が出場したこともあり、他の出場チームの応援も含め、沿道には、市内外より多くのギャラリーの皆様がお越しになり、大変な盛り上がりでございました。 地元といたしましても、積極的に御協力を申し上げますとともに、今後の活動に一層の弾みがつき、主催者の目指されている新たな自転車文化を通じた地方活性化へとつながってまいりますことを心より期待申し上げる次第でございます。 それでは、改めまして、本定例会に提出させていただいております議案の概要につきまして御説明を申し上げます。 まず、予算関係につきましては、平成21年11月に始まりました家庭太陽光発電等の固定価格買取制度が、ことし11月以降、順次、当初の契約期間である10年間を満了することとなりますが、引き続き、持続可能な社会の構築を目指し、地域再生可能エネルギーの普及拡大を推進していくため、新たな買い取り先として、趣旨に賛同する協力企業とともに、電力地産地消を進める地域電力会社を設立することが必要と判断し、そのための出資金を含む一般会計補正予算など、6件をお願いするものでございます。 このほか、人権擁護委員の候補者の推薦に係る諮問が3件、固定資産評価審査委員会委員の選任同意案が2件、職員給与に関する条例等の一部改正などの条例案が17件、その他、財産の取得についてなど20件、全体では48件の議案を提出させていただいております。また、会期中に、平成30年度東広島市歳入歳出決算の認定についてなど、3件の決算案を追加提出させていただく予定としております。議員各位におかれましては、何とぞ慎重なる御審議の上、適切なる御議決を賜りますようお願いを申し上げます。 ○議長(乗越耕司君) 挨拶が終わりました。 この際、諸般の報告を行います。 まず、議会の活動状況等につきましては、配付しております諸活動表をごらんいただきたいと思います。 次に、監査委員から例月出納検査の結果報告がありました。その写しを配付しておりますので、ごらんいただきたいと思います。 次に、市長からの報告事項について申し上げます。 報告第20号「専決処分の報告について」、1件の報告書が提出されております。配付しておきましたから、御了承願います。 次に、議長において受理しております陳情書等につきましては、陳情書等受理状況一覧表として配付しておきましたから、御了承願います。 次に、本定例会会期予定につきましては、会期予定表を配付しておりますので、ごらんいただきたいと思います。なお、この案につきましては、先般の議会運営委員会において御協議いただき、作成したものでありますので、御了承願います。 以上で、諸般の報告を終わります。───────────────────── * ─────────────────── ○議長(乗越耕司君) それでは、これより日程に入ります。 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、議長において、30番上田 廣議員、1番鈴木英士議員、2番片山貴志議員を指名いたします。───────────────────── * ─────────────────── ○議長(乗越耕司君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。 お諮りします。本定例会会期は本日から9月19日までの21日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。          〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(乗越耕司君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日から9月19日までの21日間と決定いたしました。 なお、会議予定につきましては、配付しております会期予定表のとおりでありますので、御了承願います。───────────────────── * ─────────────────── ○議長(乗越耕司君) 日程第3、諮問第149号「人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて」から、議案第196号「令和元年度東広島市下水道事業会計補正予算(第1号)」までの48件を一括して議題といたします。 提出者の説明を求めます。 ◎総務部長(倉本道正君) 議長総務部長。 ○議長(乗越耕司君) 倉本総務部長。 ◎総務部長(倉本道正君) (登 壇) ただいま議題となりました議案のうち、私からは諮問第149号から議案第190号までの42議案につきまして御説明を申し上げます。 まずは、議案書によりまして説明をさせていただきます。 諮問第149号から第151号までは人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてでございます。 本案は、人権擁護委員3人の方の任期満了に伴い、当該委員の候補者を、それぞれ法務大臣に推薦することにつきまして、議会の意見を求めるものでございます。 諮問第149号につきましては、角 春太朗氏を推薦するものでございます。 角氏の主な経歴について申し上げますと、同氏は、昭和43年に久芳農業協同組合に就職され、平成17年に広島中央農業協同組合を退職された方で、平成23年から人権擁護委員として御活躍でございます。 次に、諮問第150号につきましては、山西正明氏を推薦するものでございます。 山西氏の主な経歴について申し上げますと、同氏は、昭和56年に教職につかれ、平成23年に退職されるまで、学校教育に携わられた方で、平成26年から人権擁護委員として御活躍でございます。 次に、諮問第151号につきましては、中邑徳之氏を推薦するものでございます。 中邑氏の主な経歴について申し上げますと、同氏は、昭和53年に教職につかれ、平成27年に退職されるまで、学校教育に携わられた方で、平成29年から人権擁護委員として御活躍でございます。 なお、人権擁護委員の任期は3年でございます。 次に、同意案第152号及び第153号は、固定資産評価審査委員会委員の選任の同意についてでございます。 本案は、固定資産評価審査委員会委員2人の方の任期満了に伴い、当該委員の選任について議会同意を求めるものでございます。 まず、同意案第152号につきましては、中野真理子氏を選任することにつきまして、議会同意を求めるものでございます。 中野氏の主な経歴について申し上げますと、同氏は、昭和56年に公認会計士事務所に就職され、昭和58年に退職された後、同年に税理士事務所を開業されて御活躍の方でございます。 次に、同意案第153号につきましては、片山昭臣氏を選任することにつきまして、議会同意を求めるものでございます。 片山氏の主な経歴について申し上げますと、同氏は平成5年に会計事務所に就職され、平成6年に退職された後、平成7年に司法書士事務所を開業されて御活躍の方でございます。また、同氏は平成22年から固定資産評価審査委員会委員として御活躍でございます。 なお、固定資産評価審査委員会委員の任期は3年でございます。 次に、提出議案説明書によりまして説明をさせていただきます。 議案第154号「財産の取得について」でございます。 本案は、東広島消防署東分署に配備する高規格救急自動車を買い入れようとするものでございます。2、取得する財産は高規格救急自動車1台、3、取得価格は3,196万6,000円、4、相手方は、広島トヨタ自動車株式会社西条店でございます。 次に、議案第155号から第162号までは財産の無償譲渡についてでございます。 まず、議案第155号につきましては、2の表に掲げる早稲木集会所の建物を早稲木地区に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第156号につきましては、2の表に掲げる切田宝蔵椀会館の建物を宝蔵椀自治会に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第157号につきましては、2の表に掲げる上保田会館の建物を上保田区に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第158号につきましては、2の表に掲げる川角会館の建物を川角区に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第159号につきましては、2の表に掲げる乃美尾下組老人集会所の建物を乃美尾下組生産森林組合に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第160号につきましては、2の表に掲げる切田北組老人集会所の建物を切田北組自治会に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第161号につきましては、2の表に掲げる東広島市下陰地生活改善センターの建物を、乃美下陰地常会に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第162号につきましては、2の表に掲げる東広島市飯田生活改善センターの建物を飯田自治会に無償で譲渡しようとするものでございます。 次に、議案第163号から第169号までは財産の無償貸付けについてでございます。 まず、議案第163号につきましては、早稲木集会所を無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は早稲木地区でございます。 次に、議案第164号につきましては、切田宝蔵椀会館を無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は宝蔵椀自治会でございます。 次に、議案第165号につきましては、上保田会館を無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は上保田区でございます。 次に、議案第166号につきましては、川角会館を無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は川角区でございます。 次に、議案第167号につきましては、切田北組老人集会所を無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年10月1日から令和6年9月30日まで、4、相手方は切田北組自治会でございます。 次に、議案第168号につきましては、東広島市下陰地生活改善センターを無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は乃美下陰地常会でございます。 次に、議案第169号につきましては、東広島市飯田生活改善センターを無償で譲渡することに伴い、その敷地の用に供されている2の表に掲げる土地を無償で貸し付けようとするものでございます。3、貸付期間は令和元年11月1日から令和6年10月31日まで、4、相手方は飯田自治会でございます。 次に、議案第170号「市道の路線の認定について」でございます。 本案はごらんの表に掲げております助実39号線ほか1路線につきまして、一般交通の用に供するため、市道として認定しようとするものでございます。 次に、議案第171号「公の施設指定管理者の指定について」でございます。 本案は、新東広島市美術館の管理を行う指定管理者として、株式会社イズミテクノを指定しようとするものでございます。なお、指定期間は令和元年11月1日から令和6年3月31日まででございます。 次に、議案第172号「請負契約締結について」でございます。 本案は、道の駅整備事業(仮称)道の駅西条地域連携施設設計施工一括工事工事)の請負契約締結しようとするものでございます。 2、契約の内容でございますが、(1)工事の内容は(仮称)道の駅西条地域連携施設等に係る建築工事一式並びに緑地及び外構の整備で、(2)契約金額は8億7,230万円、(3)契約の相手方は、大之木・ケーシーエル特定建設工事共同企業体、(4)工期は東広島市議会議決のあった日の翌日から令和3年9月30日まででございます。 次に、議案第173号「委託契約締結について」でございます。 本案は、高機能消防指令センター整備業務の委託契約締結しようとするものでございます。 2、契約の内容でございますが、(1)に掲げる内容の業務を行うもので、(2)契約金額は5億6,097万8,000円、(3)契約の相手方は、株式会社富士通ゼネラル中四国情報通信ネットワーク営業部、(4)履行期間は、東広島市議会議決のあった日の翌日から令和2年9月30日まででございます。 次に、議案第174号「職員給与に関する条例等の一部改正について」でございます。 本案は、地方公務員法及び地方自治法の一部改正により導入される会計年度任用職員給与等に関し、必要な事項を定めるとともに、所要の規定の整備を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)フルタイム会計年度任用職員給与といたしまして、アからエまでに掲げるとおり、フルタイム会計年度任用職員給与の種類、職務の級及び号級、期末手当並びに正規の勤務時間に勤務しないときの給与額の減額について定め、(2)パートタイム会計年度任用職員給与といたしまして、アからカまでに掲げるとおり、パートタイム会計年度任用職員給与の種類、報酬、費用弁償、期末手当及び正規の勤務時間に勤務しないときの報酬の減額について定め、(3)休職といたしまして、心身の故障のため、会計年度任用職員が長期の休養を要する場合における休職の期間は、その任期の範囲内において任命権者が定めることとし、(4)企業職員といたしまして、企業職員である会計年度任用職員に対して、給料及び手当を支給することとし、(5)育児休業等といたしまして、ア、任命権者を同じくする職に引き続き在籍した期間が1年以上である非常勤職員であって、その養育する子の1歳6カ月到達日までにその任期が満了すること、及びその職に引き続き採用されないことが明らかでない者は育児休業をすることができることとし、イ、育児休業をすることができる期間は、(ア)から(ウ)までに掲げる場合に応じ、それぞれに定める日までとし、ウ及びエに掲げるとおり、育児休業の期間の特例及び部分休業について、取り扱いを定めるものでございます。 3(1)この条例は令和2年4月1日等から施行し、(2)に掲げる経過措置を講ずるものでございます。 次に、議案第175号「東広島市手数料条例の一部改正について」でございます。 本案は、証明書の交付等に係る手数料とその経費の額に差が生じているため、当該手数料の額を改定するとともに、所要の規定の整備を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)法令に基づく事務につき、徴収する手数料の額をごらんの表のとおり改定し、(2)(1)に掲げるもののほか、市の事務につき徴収する手数料の額をごらんの表のとおり改定するものでございます。 3、(1)この条例は令和2年4月1日から施行し、(2)に掲げる経過措置を講ずるものでございます。 次に、議案第176号「東広島市債権管理条例の一部改正について」でございます。 本案は、民法の一部改正に伴い、条例において引用している同法の用語を整理するとともに、所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、この条例は令和2年4月1日等から施行するものでございます。 次に、議案第177号「東広島市コミュニティ活動施設設置及び管理条例の一部改正について」でございます。 本案は、ごらんの表に掲げる地域集会所を無償で譲渡すること等に伴い、当該地域集会所を廃止しようとするものでございます。 2、この条例は令和元年11月1日から施行するものでございます。 次に、議案第178号「東広島市印鑑条例の一部改正について」でございます。 本案は、住民基本台帳法施行令の一部改正により、氏に変更があった者の申請により、住民票に旧氏が併記されることとなることにあわせて、印鑑登録証明書についても同様の措置を講ずるとともに、所要の規定の整備を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)施行令の規定により、住民票に旧氏の記載がされている者は当該旧氏をあらわす印鑑を登録することができることとし、(2)印鑑登録原票に、施行令の規定により、住民票に記載がされている旧氏を登録するとともに、その者の印鑑登録証明書には、氏名のほか、当該旧氏を記載することとするものでございます。 3、この条例は令和元年11月5日から施行するものでございます。 次に、議案第179号「東広島市専用水道等の設置及び給水に関する条例の一部改正について」でございます。 本案は、水道法施行令等の一部改正に伴い、条例において引用している同令の条項その他所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、この条例は令和元年10月1日から施行するものでございます。 次に、議案第180号「災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について」でございます。 本案は、災害弔慰金の支給等に関する法律等の一部改正に伴い、条例において引用しているこれらの法令の条項等の整理を行おうとするものでございます。 2、この条例公布の日から施行するものでございます。 次に、議案第181号「東広島市老人集会所設置及び管理条例の一部改正について」でございます。 本案は、乃美尾下組老人集会所及び切田北組老人集会所を無償で譲渡することに伴い、これらの東広島市老人集会所を廃止しようとするものでございます。 2、この条例は令和元年10月1日から施行するものでございます。 次に、議案第182号「東広島市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例等の一部改正について」でございます。 本案は、子ども・子育て支援法等の一部改正に伴い、特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準について必要な事項を定めるとともに、所要の規定の整備を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)食事の提供に要する費用といたしまして、ア、満3歳以上の保育認定子どもに対する食事の提供について、特定教育保育施設がその保護者から支払いを受けることができる費用の範囲をごらんの表のとおり改定し、イ、アにかかわらず、特定教育保育施設は、満3歳以上の教育保育給付認定子どものうち、(ア)及び(イ)のいずれかに該当する者に対する副食の提供に要する費用については、その保護者から支払いを受けることができないこととし、(2)虚偽の報告等に対する過料といたしまして、子育てのための施設等、利用給付等に関して、子ども・子育て支援法の規定により、市が行う報告の命令等に対し、正当な理由なく応じなかった者、虚偽の報告をした者等は、10万円以下の過料に処することとし、(3)特定個人情報の利用といたしまして、市長は子育てのための施設等利用給付の支給に関する事務を処理するために必要な限度で、外国人生活保護関係情報を利用することができることとするものでございます。 3、(1)この条例は令和元年10月1日等から施行し、(2)に掲げる経過措置を講ずるものでございます。 次に、議案第183号「東広島市家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」でございます。 本案は、児童福祉法等の一部改正に伴い、条例において引用している同法の条項その他所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、この条例公布の日から施行するものでございます。 次に、議案第184号「東広島市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について」でございます。 本案は、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、職員に関する基準について必要な事項を定めるとともに、児童の集団の規模に係る特例を定め、その他所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)職員に関する基準といたしまして、放課後児童支援員として従事する者が終了しなければならない研修を、都道府県知事に加えて、指定都市の長も実施することができることとなったことに伴い、規定の整備を行い、(2)児童の集団の規模に係る特例といたしまして、2人を超える数の放課後児童支援員を置く場合であって、利用者の支援に支障がないときは、支援の単位を構成する児童の数は当該超える部分の数に20人を乗じて得た数に40人を加えて得た数以下とすることができることとするものでございます。 3、この条例公布の日から施行するものでございます。 次に、議案第185号「東広島市地域研修センター設置及び管理条例の一部改正について」でございます。 本案は、東広島市下陰地生活改善センター及び東広島市飯田生活改善センターを無償で譲渡することに伴い、これらの東広島市地域研修センターを廃止しようとするものでございます。 2、この条例は令和元年11月1日から施行するものでございます。 次に、議案第186号「東広島市勤労者福祉施設設置及び管理条例の一部改正について」でございます。 本案は、東広島市勤労福祉センターを廃止しようとするものでございます。 2、この条例は令和2年4月1日から施行するものでございます。 次に、議案第187号「東広島市林業施設等の事業分担金徴収条例の一部改正について」でございます。 本案は、単独市費負担事業として実施する耕地災害復旧事業に関し、当該事業により、特に利益を受ける者から徴収する分担金を、ごらんの表のとおり定めようとするものでございます。 2、この条例公布の日から施行するものでございます。 次に、議案第188号「東広島市公共下水道条例等の一部を改正する条例の一部改正について」でございます。 本案は、地方税法及び消費税法の一部改正に伴い、原地区工業団地汚水処理施設使用料の額を改定するとともに、所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、令和元年10月1日以後の原地区工業団地汚水処理施設使用に係る1立方メートル当たりの使用料の額を、ごらんの表のとおり改定するものでございます。 3、この条例公布の日から施行するものでございます。 次に、議案第189号「東広島市消防団員定員、任免、服務等に関する条例の一部改正について」でございます。 本案は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律施行にあわせて、成年被後見人等に係る消防団員の任用の制限等について見直しを行うとともに、所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、改正の内容でございますが、(1)消防団員の任用に当たっては、成年被後見人または被保佐人に該当することを理由とした制限をしないこととし、(2)消防団員成年被後見人または被保佐人に該当するに至った場合においても、そのことを理由として、その身分を失わないこととするものでございます。 3、(1)この条例は令和元年12月14日から施行し、(2)に掲げる経過措置を講ずるものでございます。 次に、議案第190号「東広島市水道給水条例の一部改正について」でございます。 本案は、水道法等の一部改正に伴い、指定給水装置工事事業者の指定の更新の申請に対する審査の事務に関し、新たに徴収する手数料をごらんの表のとおり定めるとともに、所要の規定の整理を行おうとするものでございます。 2、この条例は令和元年10月1日から施行するものでございます。 議案第190号までの説明は以上でございますが、議案添付資料に資料1から資料4までといたしまして、議案第154号、第170号、第172号及び第173号に係る資料を添付しておりますので、後ほど、御参照いただきたいと思います。 以上で、42議案につきまして、私からの説明を終わります。どうぞよろしくお願いいたします。 ◎財務部長(江口和浩君) 議長財務部長。 ○議長(乗越耕司君) 江口財務部長。 ◎財務部長(江口和浩君) (登 壇) 私からは、議案第191号から議案第196号までの6議案につきまして御説明申し上げます。 初めに、東広島市補正予算書の議案第191号「令和元年度東広島市一般会計補正予算(第3号)」でございます。本案は、歳入歳出予算債務負担行為及び地方債の補正、並びに繰越明許費の設定をさせていただくものでございます。 歳入歳出予算については、既定の予算に7億3,297万8,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ836億1,836万5,000円とするものでございます。 「第1表 歳入歳出予算補正」について、主なものを御説明いたします。 まず、歳入でございます。 16款国庫支出金は、港湾施設長期保全事業国庫補助金などの増により5,959万1,000円の増額としております。 20款繰入金は、空港関連スポーツ施設の改修のための財源として、財産区繰入金を追加するもので、1,600万円の増額としております。 21款繰越金は、今回の補正に必要な財源として、平成30年度の決算剰余金の一部を計上するもので、3億3,000万8,000円の増額としております。 23款市債は、土木施設災害復旧事業債などの増により、3億690万円の増額としております。 次に、歳出でございます。 2款総務費は、戸籍住民基本台帳一般事務など3事業で、465万4,000円の増額としております。これは印鑑証明書に旧氏を表記するためのシステム改修経費の追加などでございます。 3款民生費は、生活保護一般事務など19事業で、1億2,293万9,000円の増額としております。これは生活保護医療レセプトの電子データ化に係る経費の追加のほか、平成30年度の各事業の実績に基づく国、県等への返還金などでございます。 4款衛生費は、環境先進都市推進事業など2事業で、1,584万3,000円の増額としております。これは、(仮称)ひがしひろしま新電力株式会社の設立に伴う出資金のほか、医療機関協力を得て、休日診療所の開所日数が増加する見込みとなったことに伴う経費の追加でございます。 6款農林水産業費は、農業施設整備事業など3事業で、2,960万円の増額としております。これは防災重点ため池の所有者の調査経費の追加などでございます。 8款土木費は、港湾施設長期保全事業など8事業で、1億4,078万8,000円の増額としております。これは安芸津港防波堤の補修工事に係る経費のほか、昨年の7月豪雨が起因と思われる道路河川の小規模な被災箇所の修繕経費の追加などでございます。 9款消防費は、自主防災組織育成事業で、360万円の増額としております。これは災害時、または発生が見込まれるとき、早期に避難所を開設、運営するための住民自治議会に対する交付金を創設するものでございます。 10款教育費は、小学校施設理事業など8事業で、7,154万3,000円の増額としております。これは、川上小学校における児童数の増加に伴う教室不足の解消を目的とした仮設校舎リース料のほか、空港関連スポーツ施設の改修に係る経費の追加などでございます。 11款災害復旧費は、土木施設災害復旧事業など3事業で、3億4,401万1,000円の増額としております。これは、昨年の7月豪雨による小規模な被災箇所の復旧経費を追加するほか、災害復旧工事をより効率的に執行するための施工監理支援業務委託に係る経費の追加などでございます。 「第2表 繰越明許費」でございます。 港湾施設長期保全事業におきまして、工事の一部において年度内完了が困難と見込まれることから、繰越明許費として、表に記載の金額を新たに計上するものでございます。 「第3表 債務負担行為補正」でございます。 地域センター管理など6件について、それぞれ表に記載の期間及び限度額とする債務負担行為を既定の予算に追加をし、変更として、八本松小学校グラウンド造成工事(5期工事)など、8件について、既定の期間または限度額をそれぞれ変更するものでございます。 「第4表 地方債補正」でございます。 歳入歳出予算の補正にあわせて港湾整備事業を新たに追加するとともに、変更として、道路橋梁整備事業など3事業について、既定の限度額を変更するものでございます。 次に、議案第192号「令和元年度東広島市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)」でございます。 本案は、事業勘定の歳入歳出予算について補正をさせていただくもので、既定の予算に347万1,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ161億1,619万8,000円とするものでございます。 「第1表 歳入歳出予算補正」でございますが、歳入につきましては、平成30年度の決算剰余金の一部を計上するとともに、歳出につきましては、平成30年度の保険給付費等交付金の額の確定に伴う償還金を計上するものでございます。 次に、議案第193号「令和元年度東広島市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)」でございます。 本案は、歳入歳出予算について補正をさせていただくもので、既定の予算に2,510万6,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ20億6,833万6,000円とするものでございます。 「第1表 歳入歳出予算補正」でございますが、歳入につきましては、平成30年度の決算剰余金を計上するとともに、歳出につきましては、平成30年度の保険料等負担金の額の確定に伴う後期高齢者医療広域連合に対する納付金を計上するものでございます。 次に、議案第194号「令和元年度東広島市介護保険特別会計補正予算(第2号)」でございます。 本案は、保険事業勘定の歳入歳出予算について補正をさせていただくもので、既定の予算に1億1,408万4,000円を追加し、補正後の総額をそれぞれ129億5,876万6,000円とするものでございます。 「第1表 歳入歳出予算補正」でございますが、歳入の主なものとして、8款繰越金は、平成30年度の決算剰余金を計上するものでございます。 歳出の4款基金積立金は、平成30年度の保険料剰余金を介護給付費準備基金に積み立てようとするもの、6款諸支出金は、平成30年度の事業実績に伴う国、県等への返還金を計上するものでございます。 続きまして、東広島市水道事業会計補正予算書の議案第195号「令和元年度東広島市水道事業会計補正予算(第1号)」でございます。 第2条の業務の予定量の補正でございますが、ごらんの表に掲げておりますとおり、改めるものでございます。 第3条の収益的収入及び支出の補正でございますが、支出の第1款水道事業費用は、配水施設等の修繕費など2,310万3,000円を増額し、45億7,443万5,000円とするものでございます。 第4条の資本収入及び支出の補正でございますが、予算第4条本文括弧書き中の資本収入額は、資本的支出額に対し不足する額及びこれに対する補填財源の額をそれぞれ改め、同条に定めた資本収入及び支出の予定額を補正するもので、収入の第1款資本収入は、配水管移設工事に伴う工事等負担金98万4,000円を増額し、3億3,423万6,000円。支出の第1款資本的支出は、配水管移設工事に伴う工事請負費330万円を増額し、16億6,786万7,000円とするものでございます。 続きまして、東広島市下水道事業会計補正予算書の議案第196号「令和元年度東広島市下水道事業会計補正予算(第1号)でございます。 第2条の業務の予定量の補正でございますが、ごらんの表に掲げておりますとおり、改めるものでございます。 第3条の収益的収入及び支出の補正でございますが、収入の第1款下水道事業収益は10万2,000円を増額し、50億1,150万7,000円、支出の第1款下水道事業費用は90万6,000円を増額し、47億2,988万3,000円とするものでございます。これは、原地区工業団地汚水処理施設の運転管理の延長に伴い、使用料及び維持管理費を増額するものでございます。 第4条の資本収入及び支出の補正でございますが、予算第4条本文括弧書き中の資本収入額が資本的支出額に対し不足する額及びこれに対する補填財源の額をそれぞれ改め、同条に定めた資本収入及び支出の予定額を補正するもので、収入の第1款資本収入は、建設改良の推進に伴い、企業債及び補助金3億8,800万円を増額し、31億1,539万7,000円。支出の第1款資本的支出は、東広島浄化センターを増設・改造するための委託料3億8,800万円を増額し、47億6,163万9,000円とするものでございます。 第5条の債務負担行為の補正でございますが、新たに、東広島浄化センター増設工事委託に係る債務負担行為を追加するものでございます。 第6条の企業債の補正でございますが、先ほど、第4条で説明した企業債の補正にあわせ、限度額を改めるものでございます。 議案第191号から議案第196号まで、6議案の説明は以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(乗越耕司君) 説明が終わりました。 お諮りします。ただいま議題となっております48件につきましては質疑を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。          〔「異議なし」との声あり〕 ○議長(乗越耕司君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております諮問第149号「人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて」から議案第196号「令和元年度東広島市下水道事業会計補正予算(第1号)」までの48件につきましては、議案付託表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたします。 以上で、本日の日程は終了いたしました。 会期予定表のとおり、明日8月31日及び9月1日は休会とし、9月2日と3日及び5日と6日は各常任委員会の付託案件の審査をお願いし、9月10日は一般質問を行います。 本日はこれにて散会いたします。                             午前11時05分 散  会───────────────────── * ─────────────────── 以上のとおり会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。 東広島市議会議長   乗 越 耕 司 東広島市議会議員   上 田   廣   〃         鈴 木 英 士   〃         片 山 貴 志...