広島市議会 > 2020-02-07 >
令和 2年 2月 7日議会運営委員会-02月07日-01号

ツイート シェア
  1. 広島市議会 2020-02-07
    令和 2年 2月 7日議会運営委員会-02月07日-01号


    取得元: 広島市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-05-26
    令和 2年 2月 7日議会運営委員会-02月07日-01号令和 2年 2月 7日議会運営委員会              議 会 運 営 委 員 会 ┌──────┬───────────────────────────┐ │会議日時  │令和2年2月7日(金)                │ │      │自 午前10時01分  至 午前10時36分     │ ├──────┼───────────────────────────┤ │会議場所  │議事堂3階 議会運営委員会室             │ ├──────┼───────────────────────────┤ │出席委員  │宮崎委員長                      │ │      │石橋副委員長、山内副委員長              │ │      │海徳、木戸、山路、森畠、桑田、三宅、豊島、碓氷、   │ │      │藤井、西田、竹田                   │ ├──────┼───────────────────────────┤ │欠席委員  │なし                         │ ├──────┼───────────────────────────┤ │出席議員  │山田議長                       │ │      │八條副議長                      │ │      │大野                         │ ├──────┼───────────────────────────┤
    │出席理事者 │なし                         │ ├──────┼───────────────────────────┤ │議会事務局 │重元事務局長                     │ │      │石田事務局次長                    │ │      │石井市政調査担当部長                 │ │      │望戸秘書広報室長                   │ │      │藤尾総務課長                     │ │      │小田議事課長                     │ │      │香川調査法制担当課長                 │ │      │外関係職員                      │ ├──────┼───────────────────────────┤ │主要議題  │2月定例会の運営等について              │ └──────┴───────────────────────────┘               議会運営委員会 会議録              〔令和2年2月7日(金)〕                           開 会  午前10時1分 ○宮崎 委員長   おはようございます。  お忙しいところ、御参集いただきましてありがとうございます。  ただいまから、議会運営委員会を開会いたします。  1月14日の議会運営委員会で予定していただきましたとおり、本日、市長から、2月定例会を2月14日、金曜日に招集する旨の告示がなされました。  14日の開会時間につきましては、議長のほうから、午前10時とさせていただきたいとのことでありますので、よろしくお願いいたします。  それでは、お手元の協議事項に従って進めさせていただきます。  最初に、協議事項1の「2月定例会に提出が予定されております案件等の概要」について、事務局から説明させます。  事務局長。 ◎重元 事務局長   おはようございます。  それでは、2月定例会への「提出案件等の概要」につきまして、令和2年度関係分から御説明いたします。  お手元の資料1「令和2年度広島市当初予算の概要」を御覧ください。  この資料には、Ⅰの「予算規模」からⅤの「事務・事業の見直しについて」までの内容が記載されております。  このうち、Ⅰの「予算規模」につきましては、1ページを御覧ください。  当初予算の規模は、上の表の左側に掲げてありますとおり、一般会計6563億7261万3000円、特別会計4240億8652万3000円、企業会計1484億990万5000円、全会計で1兆2288億6904万1000円であります。  なお、2ページ以降の個々の説明は省略させていただきます。  次に、資料2は「令和2年度広島市当初予算の概要(資料編)」、資料3は「令和2年度当初予算主要事業」、そして、資料4は「令和2年度使用料・手数料の設定について」でありますが、いずれも、個々の説明は省略させていただきます。  次に、資料5「令和2年第1回広島市議会定例会提出案件(令和2年度関係分)」を御覧ください。  令和2年度関係分の提出案件といたしましては、一番上の表に掲げてありますとおり、予算案が23件、条例案が21件、その他の議案が4件、計48件が提出されます。  1の「予算案」は、一般会計をはじめ、23会計の当初予算であります。  続きまして、2ページを御覧ください。  2の「条例案」ですが、(1)「地方独立行政法人の役員等の損害賠償責任の一部免除に関する条例の制定について」など21件で、10ページまでございます。  このうち、新たな条例の制定は、今申し上げました(1)の条例、4ページの(5)「市長等の損害賠償責任の一部免責に関する条例の制定について」、5ページの一番下、(9)「広島市障害を理由とする差別の解消の推進に関する条例の制定について」及び8ページの中ほど、(16)「広島市動物愛護管理員設置条例の制定について」の計4件でございます。  また、条例の廃止は1件で、8ページの(15)「広島市食品衛生措置基準条例の廃止等について」でございます。  これらの条例のうち、ページが前後して申し訳ないんですが、2ページの(1)「地方独立行政法人の役員等の損害賠償責任の一部免除に関する条例の制定について」と、4ページの(5)「市長等の損害賠償責任の一部免責に関する条例の制定について」でございますが、それぞれ法改正に鑑み、(1)については、本市に関係する地方独立行政法人の役員等の当該法人に対する損害賠償責任の一部免除に関し必要な事項を、また(5)につきましては、市長等の本市に対する損害賠償責任の一部免責に関し必要な事項を定めるものでございます。  いずれも法律の規定により、議会がこれらの条例の制定又は改廃に関する議決をしようとするときは、あらかじめ監査委員の意見を聴かなければならないこととされております。  したがいまして、今回提出されます2件の条例案について、定例会開会までに監査委員の意見を聴取し、初日の本会議において、聴取した意見の写しを各議席に配付させていただきたいと考えております。  なお、お手元のほうに参考資料として、根拠法令をお示ししておりますので、後ほど御確認いただきたいと思います。  恐れ入りますが、資料5のほうの10ページに戻っていただきまして、資料5の10ページでございます。中ほどを御覧ください。  3の「その他の議案」ですが、(1) 「地方独立行政法人広島市立病院機構第2期中期計画の変更に係る認可について」など4件で、11ページまでございます。  続きまして、12ページを御覧ください。  「追加提出予定案件」でございますが、いずれも人事案件で、(1)「教育長の任命の同意について」と(2)「固定資産評価審査委員会委員の選任の同意について」の2件でございます。  これらの人事案件につきましては、議案が提出されることになりましたら、改めて御協議いただきたいと思います。  また、資料11として、これらの人事案件についての資料を参考におつけしております。  恐れ入りますが、再び資料5の12ページの一番下に戻っていただきまして、最後に、「参考」として記載しておりますが、これも人事案件で、(1)「人権擁護委員候補者の推薦について」でございます。  資料12を御覧ください。  広島法務局長から、市長に対し、委員の任期満了等に伴う後任委員の推薦依頼があり、人権擁護委員48名のうち、今回11名の後任委員候補者の推薦に際し、議会の意見を求めてくるものでございます。  それでは、続きまして、令和元年度関係分について、御説明いたします。  資料6でございます。「令和元年度2月補正予算の概要」を御覧ください。  補正予算の規模は、表の事業費の欄の計に掲げてありますとおり、一般会計82億6706万5000円、特別会計29億3990万5000円、合計で112億697万円でございます。  なお、企業会計につきましては、事業費の記載はございませんが、下水道事業会計の歳入補正がございます。  また、2ページ以降は、会計別総括表などとなっておりますが、個々の説明は省略させていただきます。  次に、資料7です。「令和元年度2月補正予算の内訳」でございます。  こちらにつきましても、個々の説明は省略させていただきます。  次に、資料8でございます。「令和2年第1回広島市議会定例会提出案件(令和元年度関係分)」を御覧ください。  令和元年度関係分の提出案件といたしましては、一番上の表に掲げてありますとおり、予算案が9件、条例案が7件、その他の議案が7件、計23件と、そのほかに、報告が5件提出されます。  1の「予算案」は、一般会計をはじめ、9会計の補正予算でございます。  続きまして、1ページの一番下を御覧ください。  2の「条例案」でございますが、(1) 「広島市学校施設整備基金条例の制定について」など7件で、4ページまでございます。  このうち、新たな条例の制定は、今申し上げました(1)の条例及び3ページの(5)「都市計画法施行令第15条ただし書の規定に基づく計画提案に係る規模を定める条例の制定について」の計2件でございます。  続きまして、4ページの中ほどを御覧ください。  3の「その他の議案」ですが、(1)「市道の路線の廃止について」など7件で、7ページまでございます。  続きまして、7ページの中ほどを御覧ください。  4の「報告」ですが、専決処分の報告が、(1)の「道路の管理瑕疵等による損害賠償額の決定」など5件で、10ページまでございます。  続きまして、11ページを御覧ください。 「参考」として記載しております「軌道の工事施行認可申請に関する意見について」でございます。  こちらは、資料10を御覧ください。  広島電鉄株式会社が工事施行認可申請書を提出したことに伴い、広島県知事から本市に対し、道路管理者としての意見を求めてきたもので、この意見を述べるに当たり、軌道法施行令第5条第2項の規定に基づき、議会の意見を求めてくるものでございます。  続きまして、資料9「令和2年度組織及び職員配置の見直しについて」でございます。こちらは、会派勉強会で企画総務局から説明が行われる予定となっております。  ただいままでに御説明しました資料1から9は、既に1月31日、金曜日に、各会派控室へ送付しております。  また、議案及び報告につきましては、当局より、本日送付されます。  また、諮問につきましても、本日、各会派控室へ送付させます。  恐れ入りますが、協議事項のほうにお戻りください。  ただいままでの説明で、協議事項1の(1)「予算案及び条例案等について」と、(2)の「人事案件について」の説明が終わりました。  次に、(3)の「検査報告について」でございますが、検査報告が3件提出されます。  この検査報告につきましても、本日、各会派控室へ送付させます。  次に、(4)の「平成31年度包括外部監査結果報告について」でございます。  昨日、大濱包括外部監査人から、議長のほうへ、報告書が提出され、その写しを各会派控室へ送付しております。  次に、(5)の「陳情の取下げについて」でありますが、資料13を御覧ください。  陳情第5号につきましては、資料のとおり、陳情者から議長宛てに、取下げの申し出があり、1月21日、火曜日の建設委員会において、委員長より報告が行われております。  したがいまして、本会議初日に議題とし、取下げの承認について諮ることで考えております。  以上でございます。 ○宮崎 委員長   ただいま、2月定例会に提出される案件等について説明させたわけでありますが、詳しくは、各会派で勉強会が予定されておりますので、よろしくお願いいたします。  なお、協議事項1の(2)「人事案件」のうち、アの「教育長の任命の同意について」及びイの「固定資産評価審査委員会委員の選任の同意について」ですが、人選が固まり次第、改めて議会運営委員会を開催し、その取扱いについて、御協議いただきたいと思います。  このうち、教育長については、法改正により教育委員会制度が平成27年4月に新制度に移行し、国通知により、新教育長の資質・能力を十全にチェックするため、丁寧な手続を経ることが求められたことから、前回、議案が提出される際の議会運営委員会において、教育長候補者が出席し、所信表明を行っております。  このたびも、前回同様、議案が追加提出される際の議会運営委員会において、教育長候補者の所信表明を行いたいと思いますが、よろしいでしょうか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、そのようにさせていただきます。  また、「人事案件」のうち、ウの「人権擁護委員候補者の推薦について」でありますが、従来から、最終日の議題とさせていただいておりますので、このたびも、そのようにさせていただいて、よろしいでしょうか。
                   (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、そのようにさせていただきます。  それから、先ほど事務局から説明がありましたように、このたびの定例会に提出される条例案「地方独立行政法人の役員等の損害賠償責任の一部免除に関する条例の制定について」及び「市長等の損害賠償責任の一部免責に関する条例の制定について」は、定例会開会までに監査委員の意見を聴取し、初日の本会議において聴取した意見の写しを各議席に配付させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  次に、協議事項2の「会期及び審議日程等について」であります。  これにつきましては、1月14日の議会運営委員会で御協議いただきましたが、改めて事務局から説明させます。  事務局長。 ◎重元 事務局長   それでは、お手元の資料14を御覧ください。「令和2年第1回広島市議会定例会等審議日程(案)」の表の左側、本会議の欄を御覧ください。  2月14日の開会初日の議題等につきましては、後ほど、「初日の予定議事案件」のところで御説明いたします。  15日から18日までは、議案調査研究のため、休会とし、19日から21日までの3日間、本会議を開き、令和2年度関係議案に対する質疑と一般質問を併せました総括質問を行うことで考えております。  そして、21日の総括質問終了後、予算特別委員会を設置し、令和2年度関係議案をこれに付託、引き続き、令和元年度関係議案及び諮問第3号に対する質疑を行い、質疑終了後、議案等を関係常任委員会へ付託することで考えております。  22日から26日までは休会とし、このうち、25日及び26日に常任委員会を開催し、付託議案等の審査を行うことで考えております。  なお、それぞれの委員会の開催場所及び開会時間につきましては、資料15「常任委員会審査日程(案)」にお示ししておりますので、後ほど御確認ください。  そして、資料10に戻っていただきまして、27日に本会議を開き、令和元年度関係議案等を議決することで考えております。  続きまして、表の右側、予算特別委員会の欄を御覧ください。  2月27日の本会議終了後、引き続き、議場において予算特別委員会を開き、委員会運営について御協議いただくことで考えております。  そして、3月2日、3日、文教関係、4日、5日、厚生関係、6日、9日、建設関係、10日、11日、経済観光環境関係、12日、消防上下水道関係、13日、16日、総務関係、17日、総括質疑と、順次、審査を行っていただき、25日に討論・採決を行い、予算特別委員会としての結論を出すことで考えております。  そして、表の左側、本会議の欄の一番下でございますが、3月26日に本会議を開き、令和2年度関係議案をはじめとする全ての案件について議決を行い、2月定例会を閉会することで考えております。  以上でございます。 ○宮崎 委員長   ただいま説明させました審議日程等につきまして、何か、御意見等がありましたら、お願いいたします。                (「なし」と呼ぶ声あり)  それでは、説明のとおりとさせていただくこととし、会期は、2月14日から3月26日までの42日間とさせていただきます。  なお、2月21日の予算特別委員会の設置に当たり選任いたします正副委員長の人選につきましては、従来から、議長に一任しておりますので、このたびも、そのようにさせていただいて、よろしいでしょうか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、そのようにさせていただきます。  次に、協議事項3の「初日の予定議事案件について」でありますが、事務局から説明させます。  事務局長。 ◎重元 事務局長   それでは、お手元の資料16を御覧ください。「初日の予定議事案件」でございます。  まず、日程に入る前に、会議録署名者の指名、続いて、諸般の報告を行い、日程に入ることで考えております。  最初の日程は、1、「会期決定について」でありますが、先ほどお決めいただきましたとおり、会期を2月14日から3月26日までの42日間と諮ることで考えております。  次に2で、報告5件を一括議題とし、質疑があればこれを行い、本件を終わることで考えております。  次に3で、検査報告3件を一括議題とし、本件も質疑があればこれを行い、終わることで考えております。  次に4で、「平成31年度包括外部監査結果報告について」を議題とし、本件も質疑があればこれを行い、終わることで考えております。  次に5で、「陳情の取下げについて」を議題とし、取下げの承認について諮ることで考えております。  最後に6で、令和2年度関係議案48件及び令和元年度関係議案23件並びに諮問第3号の「道路に敷設する軌道の工事施行に関する意見について」の計72件を一括議題とし、市長から提案説明を受け、初日の会議を散会することで考えております。  以上でございます。 ○宮崎 委員長   ただいまの説明のとおり、初日の議事を進めさせていただくことで、よろしいでしょうか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、そのようにさせていただきます。  次に、協議事項4の「発言通告等提出期限について」でありますが、資料17「発言通告等提出期限(案)」に記載しておりますとおり、それぞれの提出期限までに御提出をいただきたいと思いますが、よろしいでしょうか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、そのようにさせていただきます。  なお、このたびの定例会に提出が予定されている議案の中に、除斥の対象となる議案がございましたら、資料17の4にも記載しておりますが、2月12日、水曜日までに、議事課へ申し出ていただきますよう、お願いいたします。  次に、協議事項5の「予算特別委員会の各会派幹事の選任」について、事務局から説明させます。  事務局長。 ◎重元 事務局長   それでは、お手元の資料18を御覧ください。  例年、各会派におきまして、発言通告をはじめ、予算特別委員会のお世話を願う責任者として、幹事の選任をお願いしております。  このたびも、各会派で2月19日、水曜日までに、幹事の選任をお願いできればと思っております。  また、選任いただきましたら、この「予算特別委員会幹事選任届」を議事課のほうへ御提出いただきたいと思います。  なお、複数人の幹事を選任される場合は、従来から議会運営委員の選出人数以内とさせていただいております。  以上でございます。 ○宮崎 委員長   ただいま、事務局から各会派の幹事の選任依頼がありましたが、予算特別委員会が設置されましたら、早速、委員会の運営方法等について御協議いただくことになりますので、幹事さんの選任を早めにお願いしたいと思います。 ◆碓氷 委員   これは複数人の幹事を選任する場合はと書いてあるということは、基本的には1人ということですか。 ◎小田 議事課長   1人でも構いませんし、複数出される場合は議運の選出人数以内です。公明党さんの場合であれば2人以内です。 ○宮崎 委員長   ほかに御質問ございませんか。よろしいですか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  次に、協議事項6の「投票表決について」であります。  本件につきましては、前回の会議で、自民党・保守クラブさんから、会派に持ち帰って協議したいとの御意見がありましたので、一旦会派へ持ち帰って御協議いただくこととしたところであります。  それでは、まず自民党・保守クラブさんの御意見をお聞きしたいと思います。 ◆三宅 委員   話をさせていただきまして、投票表決について、新たに広島市議会会議規則に加筆をしたり、要は新たなルールをつくったり、新たなやり方を考えたりっていうことであるのであれば、それはちょっと違うんじゃないかという御意見は出ましたが、議事課さんにその後確認したところ、基本的に市議会会議規則を改正したりとか加筆をするわけではなくて、今までのルール上に基づいてやられるということですから、それはそのままで結構なんじゃないかということでございます。  つまり、これをやるかやらないかっていうのは、あえてここで明文化しましたというだけのことを一応分かりましたということで了承いたしましたので、そのとおり進めてください。 ○宮崎 委員長   ほかに御意見はございませんか。よろしいですか。                (「はい」と呼ぶ声あり)  それでは、本件につきましては、各会派で十分周知していただきますようお願いします。  なお、前回の配付資料のうち、「投票表決に係る議事の進め方(記名投票の場合)」及び「記名投票の投票方法等について」は、この会議終了後、各会派の人数分を控室へ送付させます。  記名投票の投票方法については、まだ記名投票を行ったことのない議員さんもいらっしゃいますので、内容をよく御確認をいただくようお願いします。 ◆三宅 委員   我々の会派からの提案でございますが、これから予算特別委員会が始まります。昨日、基本構想・基本計画特別委員会もあったんですが、基本的に席は自由なんですけれども、今までは慣例によりといいますか、皆さんいろいろなことで席をいろいろうまく回してきたと思うんですが、最近見てみますと、前日の段階でその席を取るとか、荷物を置いとるとか、あるいは早くその会議が始まる1時間も2時間も前に行って席を取っておいて、結局行ったら席が、人数分の席は用意してあるんですけど、もう非常にこう見づらいとか聞きづらいところしかないという意見が出まして。できましたら、余りルールをつくるのを私は好きではありませんけれども、自由席をやめてほしいと、固定席にしてくれという御意見が出ましたので。要は、予算特別委員会の全員協議会室の席ですけど、あなたの席はこちらですよと決めていただければということを言われましたので、お話をさせていただきます。皆さんがどう思われるかは知りません。 ○宮崎 委員長   今、三宅委員のほうから予算特別委員会の席を自由席ではなくて、固定席にしたらどうかという御意見がございましたが、この件について何か御意見があれば。 ◆桑田 委員   どういうふうに固定にするわけ。議場と同じようにするわけ、会派が並ぶとか、五十音に並ぶとか。 ◆三宅 委員   ここが私の席ですと決めるようにしてくださいということです。  さすがに、別にマツダスタジアムじゃないですが、早う行ったもん勝ちなんじゃみたいにやりよってんですよ。それはさすがにいかがなものかと。 ◆桑田 委員   早う行けばいいんじゃないん。 ◆三宅 委員   早う行けばいいんですよ。そうじゃなくて前の日から荷物を置いとくというのは。 ◆桑田 委員   前の日からというのはちょっと知らんかったけど。前の日からというのがあるん。 ◆海徳 委員   聞きづらいとかいろんなことはあるでしょうけど、それをやりだすと常任委員会、特別委員会も、どういうふうに席を決めとるかあると思うんですけど、前の日からいうのはちょっとやり過ぎだとは思いますけど、早く9時に行って、自分の席を取るっていうのは、もうそれはいいと思いますけどね。  例えば公明党さんの方も前のほうで1番前で、あえて前で聞きたいという意思で行かれてる方もいたり私みたいに後から3番目ぐらいがいいなと思ってもいいし、自分にとってやりやすい場所っていうのはあるかと思うんですけどね。 ◆三宅 委員   簡単に言いますと、特に期数の多い先生方が行ったら席がもうここしかないんかということを言われることもあるし、形としてはですよ。何て言うんでしょう、私はそんなことはあまり意識したことはないんですけど、大体真ん中より前のほうに行ってますからあれなんですが、若いやつは前に行けえやとよう言われよりましたよ、1期とか2期の時にね。それを後ろのほうにみんなが固まっとったらどうなっとるんやと言われることもあります。とにかくそういう言葉が出ること自体があまりよろしくないので、であるならばもう決めたらっていう話です。 ◆豊島 委員   上の期数から前から座ってもらったら。 ◆三宅 委員   それでもいい、そうやって決めるなら。要は、例えば同じ会派とかいろんなことがあるかもしれませんし、隣ねって一緒におってやることもあるかもしれませんけど。さすがにね、例えば少し足の悪い方とか動きがなかなか難しい方とかに、1番前しか空いとらんけんあそこ行きんさいやいうようなことを、やるのもいかがなものかと僕も思うし。そういうことを踏まえたら、早く行けばいいんじゃないか、早く行けばいいんですよ。ただ今までは僕はルールをつくるのがいいわけじゃないと思ってますが、今まではなんか暗黙の了解のようにうまくできていたんだけど、今はできないと。であるならば、もう席を決めてくれということが言われたということでございます。
    ◆山路 委員   今までも暗黙の了解があって、今も暗黙の了解でできるというような気がするけど、前も期数の高い先生が前のほうしか余ってないということもあったし、今始まったことじゃなくて、やっぱり前に行きたい人がおって行きたくない人がおって、行きたくない人が前に言ったらやっぱりちょっとどうかと思うし、それは。 ◆豊島 委員   持ち帰って検討したらいいんじゃないですか。        (「持ち帰る必要はない」「今のままでいい」と呼ぶ声あり) ◆三宅 委員   今のままでいいということなら、前の日から席を取りに行くでしょうね。あるいは控室の女性の方に言って、それらをみんな上にあげとってくれということをやるということ自体が、それはいかがなものかと。 ◆豊島 委員   今に始まった話じゃない。 ◆碓氷 委員   以前からそれはあったような気がしますね。 ◆三宅 委員   やったことがないから僕は、ようやる。それをしたい方はするんじゃろうなと思いますけど、まあ、それはなあっていう話です。 ◆碓氷 委員   昨年が改選期であったこともあって、うちの会派も5人新たな議員が誕生してますけども、これまでも選挙後には多少そこら辺の何か落ちつく先が分からずに、多少混乱したこともあるかなと思うんですけど、この、全員が参加をする委員会を何回か経るごとに、落ち着くところに落ちつくような感じはしますので。今回の予特を過ぎると、何となくこう雰囲気がなじんでくるんではないかなっていう気はしますんで。 ◆豊島 委員   多分、公明の新人二人さんが一番後ろに座っとったけん問題になっとる。 ◆碓氷 委員   ちょっと弁解するわけじゃないですけど、あれは前に座ろうと思ったらまとまった席がなかったということで、分からずに後ろに座ってて、後で聞くと長老の議員の方から前に行けというお話があったというふうに聞きまして、今回1番前に座ったら、いつも一番前に座られる先生の席がなかったという形です。 ○宮崎 委員長   三宅先生、会派からそういう御意見もあると思うんですが、大方の人はこれまでのとおりでいいんじゃないかと。 ◆三宅 委員   それはいいんですけれども、さすがに前の日から置かすというのはやめませんか。 ◆豊島 委員   それは保守クラブもあるんじゃけん。 ◆三宅 委員   やっとるんかな。 ○石橋 副委員長   上の方が。 ◆西田 委員   まとまって座りたいというのがあって、1年生の子が。空いてなかったっていうので後ろに座ったんだろうと。空いてれば前のほうに行ったと思うんですけど。 ○宮崎 委員長   会議があと詰まっておりますんで、一応御意見もありましたが、これまで同様ということにさせていただきたいと思います。  以上で、予定した協議事項は終了いたしました。  これをもちまして、議会運営委員会を終了いたします。  御苦労さまでした。                           閉 会  午前10時36分...