212件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2019-11-29 令和 元年12月定例会−11月29日-01号

総務部長高島賢二) 市民への避難情報等伝達は、先ほど申し上げましたおおた安全・安心メール、それからホームページ、消防本部広報活動、テレビ、FM放送防災行政無線等さまざまな方法情報発信を実施いたしました。消防との情報共有でありますが、市役所本庁内の防災対策本部消防連絡員2名を配置しまして、メール、ファクス、電話等消防本部からの情報を収集しておりました。

藤岡市議会 2019-06-20 令和 元年第 3回定例会-06月20日-02号

災害時には迅速な情報共有が重要ですが、本市には防災無線もなく、FM基地局もなく、放送設備というものがないと思います。市民が頼みにしている市の行政として、有事の際の連絡のために何か代替手段を持つよう検討すべきと考えます。  そこで、災害時の情報発信連絡手段として私なりに情報収集してまいりましたが、今すぐ確立できるのはFMぐんま放送しかないと思われます。

前橋市議会 2018-10-24 平成30年_市民経済常任委員会 本文 開催日: 2018-10-24

VRやコミュニティFMの生中継など、新たなイベント効果もあったというふうに思います。また、車券販売箇所数でございますが、全国43の競輪場及び70カ所の場外車券売り場サテライト車券売り場などのご協力をいただきました。今回の優勝選手は福井県の脇本選手が栄冠を手にし、表彰式では昨年度に引き続き寛仁親王殿下第一女子の彬子女王殿下にお成りいただき、直接賜杯を下賜いただきました。  

渋川市議会 2018-09-14 09月14日-04号

また、9月6日にもFMぐんまで紹介もされているわけです。  その中で募集内容でありますが、だれでも広場について譲渡先法人指定用途及び転売等の禁止に記する指定期間満了まで社会福祉協議会に無償で貸し付け、だれでも広場運営継続を承諾することと記載されています。期間は10年。では、10年後はどうなるのか。市内外でこれだけの人気施設。条件がいいのです、本当に。

前橋市議会 2018-08-21 平成30年_総務常任委員会 本文 開催日: 2018-08-21

これによりまして、現在本市では受信できる放送はないのですが、AM放送難聴地域において番組代替して放送するワイドFM放送が開始された場合には聞くことが可能となってまいります。  3の販売開始時期でございますが、本年の9月3日月曜日を予定してございます。  4の販売価格でございますが、1台5,000円となっております。

前橋市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-06-20

まえばしCITYエフエムは、市内唯一コミュニティFMとして、これまでも本市イベント情報ニュースなど、前橋の多彩な情報を発信してきました。本市でも平成23年の開局以来さまざまな市政情報等を提供しているとのことでありますが、どのような番組を提供してきたのかお伺いいたします。

高崎市議会 2018-03-07 平成30年  3月 7日 総務教育常任委員会−03月07日-01号

◎市長(富岡賢治君) なかなかいいアイデアの御指摘いただいたと思うのですけれども、ラジオ高崎防災情報なんか相当すばらしい情報を出していただいていますけれども、残念ながらFMというのは、そうみんな聞くというわけではないということもありまして、ちょっともったいないなと思っておりましたので、そういうことは考えられるなと思っておりますから、お伝えはいたしますけれども、スポンサーも必要ですので、番組をつくる

富岡市議会 2017-12-14 12月14日-一般質問-02号

過去に私もこの一般質問でお話しさせていただきましたけれども、FMという手段もあるかなと思うのです。私は質問する前に、FM高崎へ行って話を聞きました。1億円で設立できますと。それで、アンテナ富岡範囲だと城山の周辺、あるいはこちらの額部高瀬境の山にアンテナを1基立てれば、全富岡市をカバーできるという、そんな話をお聞きして質問したように記憶しております。

藤岡市議会 2017-12-08 平成29年第 5回定例会-12月08日-02号

280メガヘルツ帯電気通信業務用ページャー、いわゆるポケットベルですが、それとFM放送及びV-Lowマルチメディア放送、これらを活用した3つの情報伝達手段につきましては、同報系防災行政無線と同等の機能を有する場合は、防災行政無線にかわる手段として利用することも可能となっています。  

館林市議会 2017-12-06 12月06日-04号

◆16番(向井誠君) 私が調べたところによりますと、板倉町は280メガヘルツの防災ラジオで、放送局より半径30キロメートル圏内であれば屋内でも安定した受信が可能で、通常時はAMFMのほかに、町、消防、警察からのお知らせや防災、防犯、緊急情報配信時に自動で勝手に起動しまして一斉放送ができるだとか、グルーピング機能によって行政単位に、加法師町でとか下三林町にとか成島町にとか、そういうような行政単位

高崎市議会 2017-03-02 平成29年  3月 定例会(第1回)−03月02日-07号

◆13番(大竹隆一君) 対策解決策については伺いましたが、高崎神流秩父線の手前で迂回させる方法と、もう一つは都市計画道路矢田岩崎線は県道になるので、推進要望を県にするということですが、この地域には現在でも通勤時間帯には常にFMぐんまの交通情報において渋滞情報が報道されている川内信号付近などがあり、こうした渋滞予想吉井地域住民はもとより、関係者なら想定できていたことであります。

富岡市議会 2016-09-27 09月27日-一般質問-03号

次に、災害時のコミュニティFM放送の活用した件で、横浜市の事例を挙げながら防災協定をお聞きしたかったのでありますけれども、群馬県ではFM放送ラジオ高崎、またFMたまむらの2カ所しかなくて、電波状況範囲が限られており、調べたのですが、富岡では無理ということなので、次の質問に移らせていただきます。