64件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2018-09-20 平成29年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2018-09-20

78 【井口下水道整備課長】 雨水対策に関連する事業については、都市化の進展により雨水流出量が増加し、既存排水施設能力不足や用水併用等から集中豪雨時には市内の各所で浸水被害等の新たな都市災害が起きております。この問題を解消するため、全庁的な対策組織である雨水対策連絡協議会が設立されており、建設部を中心に対策、検討を行っております。

前橋市議会 2018-06-21 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-06-21

1点目は、下水道整備状況について、本市における下水道事業は下水道普及を進める渠新設事業と、昭和28年に事業着手して以来継続されてきている下水道事業をより継続させるための改築更新事業を進めているわけであります。以前お聞かせいただいた渠新築事業では、10年間の行動計画において約300ヘクタールの優先整備区域を決めて対策を行う考えとお聞きしました。

藤岡市議会 2017-06-16 平成29年第 3回定例会−06月16日-02号

次に、避難所への雨水貯留タンク設置及び助成について伺います。  災害時の飲料水、生活用水の確保は、非常に重要な課題の1つです。避難所となる小中学校公民館などに電源不要のろ過装置つき雨水タンクを設置し、災害時の飲料時に役立てたり、断水時に水洗トイレを流す際に活用したり、個人の設置を推奨し、設置の際に費用を助成している自治体は、全国で100カ所以上に広がっております。  

太田市議会 2015-09-15 平成27年9月決算特別委員会−09月15日-02号

既存の老朽化した配水の布設がえについては毎年いろいろなところで新設の布設工事をしているようですが、配水については、市街化区域、また市街化調整区域を問わず、住宅地についてはある一定のところまで行政で布設をするということでよろしいのでしょうか、その点について伺います。 ◎水道工務課長(河田良造) 委員ご指摘のとおりと思います。

前橋市議会 2015-09-15 平成26年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2015-09-15

1点目は、敷地面積の最低限度を300平方メートルから250平方メートルにしたこと、2点目は敷地に接する道路について建築基準法で指定する幅員4メートル未満の通称2項道路を含めることとしたこと、3点目は敷地が道路に4メートル以上接する規定を設けたこと、4点目は敷地から雨水排水等について市長が適切に処理することができると認める場合は、既設の排水路に排出しなくてもよいものとし、汚水及び雨水を敷地内で浸透処理

前橋市議会 2015-03-09 平成27年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2015-03-09

また、首都圏外郭放水路は、台風や大雨により周辺河川が増水したときに河川の容量を超えた水を貯留する国土交通省が設置した巨大な地下ダムであります。これによって洪水を回避するというものであり、住民を災害から守る重要な施設であります。上水道は、安全で安心な水を住民の皆さんに提供することを使命としておりますが、安定して常時給水できるよう、施設をしっかりと維持管理し続けなければなりません。

前橋市議会 2014-11-27 平成26年第4回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2014-11-27

市営住宅の整備及び消防救急無線のデジタル化、小中学校の校舎、体育館改築等の事業費の増減に合わせてそれぞれ整理を行うほか、水道耐震化事業に伴い、新たに一般会計出資債を見込むものでございます。以上が歳入補正の概要でございます。  7ページをお開きいただきたいと思います。7ページからは歳出の主な補正項目でございます。

前橋市議会 2013-09-26 平成25年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2013-09-26

続いて、水道局関係では、渇水対策の状況と地下水の保全対策水道料金収入の推移や収納にかかわる法人委託の内容と委託費の推移、水道路や敷島浄水場の耐震対策の現状と取り組み、大洞地区の水道施設再整備に向けたこれまでの取り組みと今後の整備予定、二本木浄水場の紫外線照射設備の設置目的効果などについての質疑がありました。  

太田市議会 2013-09-04 平成25年 9月定例会−09月04日-02号

続きまして3番目、鳥山地区の雨水排水対策について、都市政策部長にお聞きいたします。  この問題は、しつこいように私は毎年お願いをしてきております。区画整理事業が大変難しい地区なので、雨水排水についてはやっていくという回答はいただいておりますが、なかなか進んでおらないようでございます。ここ数年はゲリラ豪雨というような一時的に多量の雨が降ることが多く見られ、その都度、道路が冠水をしております。

前橋市議会 2013-09-03 平成25年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2013-09-03

また、防災計画と連携した水道施設耐震化計画を策定するとともに、配水の整備に当たっては耐震性を有するダクタイル鋳鉄使用などにより耐震化を図りました。  下水道事業では、公共水域の水質保全を図るため、天川ポンプ場への滞水池建設前橋刑務所東側道路への雨水貯留建設などを進めるなど、合流式下水道の改善に努めました。

前橋市議会 2013-03-27 平成25年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2013-03-27

続いて、水道局関係では、三夜沢簡易水道、湯之沢小水道水道事業への統合の目的及び統合に伴う施設整備についての質疑のほか、下水道事業受益者負担に関する条例等の改正の理由、事業認可拡大地域における今後の下水道工事予定、また県央水道からの受水にかかわる緊急時の対応、今回のジアルジア事故を教訓とした今後の体制づくり、さらに合流改善事業の進捗状況や雨天時貯留沈殿池建設工事などに対する質疑がありました。  

前橋市議会 2013-03-21 平成25年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2013-03-21

本市の下水道事業は、昭和28年から中心市街地の1,002ヘクタール雨水と汚水を同じで流す合流式下水道を整備してきたと伺っております。この合流式下水道のデメリットは、雨天時には渠や処理場の能力を超えた下水が未処理のまま河川放流され、公共水域の水質保全が問題となります。環境に優しくないというわけです。平成16年に下水道法施行令が改正されて、合流式下水道の改善策が義務づけられました。

太田市議会 2012-11-30 平成24年12月定例会−11月30日-01号

その野球場は単主体にすべて手づくりで随所に工夫が施されており、スペースさえあれば硬式野球場として利用できるのだと感銘いたしました。そして、試合は太田市のクラブチームが勝ち、創部6年目にして公式戦初勝利となり、子どもたちはもちろん、関係者も感動して涙するほどでありました。また、佐野市では、渡良瀬川緑地総合公園)として河川敷で硬式野球場として整備しておりますので、現地を見てきました。

前橋市議会 2012-09-04 平成24年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2012-09-04

下水道事業では、計画的な雨水滞水池の建設を進めるとともに、雨水貯留の設置に着手するなど合流式下水道の改善を図り、公共水域の水質保全に努めました。  次に、2の環境保全ですが、環境に配慮した快適なまちづくりでは、市民や事業者との協働による計画として新たな前橋市地球温暖化防止実行計画を策定いたしました。