1078件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会−06月14日-01号

一方で、本市でも将来的には人口減少が見込まれていることから、開発需要のまちのまとまりへ誘導しつつ、来るべき人口減少に備え、効率的かつ安定的な行政経営、そして財政運営を維持するためには線引き制度を維持する必要性が高いと考えておるところでございます。 ○議長(久保田俊) 高田靖議員。 ◆13番(高田靖) やはり線引きの重要性ということが理解できました。  

太田市議会 2019-05-15 令和 元年 5月臨時会−05月15日-01号

また、人口が随分大きな変わり目をする。これは皆さんご承知のように、団塊の世代がもうすぐ2025年には一斉に後期高齢者にかわっていく。そのときの我々地方自治体の対応の仕方、もちろん国がメーンで引っ張ってくれるわけでありますが、我々もそれとともにというより、我々はそのことを十分に考えながら、福祉の施策、高齢者に対する施策について、従前以上の対応策も考えなくてはいけないだろう。

太田市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-06号

本案は、地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律施行に伴い、基準省令である「指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準」が改正され、共生型地域密着型サービスに関する基準が新たに追加されたため、関係条文について所要の改正を行うものであります。  

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

消防本部参事(高山仁一) 消防団員の確保にあっては、年々人口減少により、また、雇用形態のサラリーマン化により消防団員数が減っています。そういう中で、市のホームページや広報、及び昨年度から各種団体及び事業所、それと大学専門学校に出向いて生の声で勧誘をしております。 ◆委員(大川敬道) そういったことは以前からずっとやっていたと思うのです。

太田市議会 2019-03-05 平成31年3月予算特別委員会−03月05日-01号

総務部長(相澤一彦) やはり市街化区域だけでなく、市全体で均衡ある発展といいますか、やはり人口のバランスというのも必要だと思います。そういった意味で、なかなか秩序のない開発というのも現状はあるかと思うのですが、やはりそこは地域人口バランスと発展のバランスというのも考えて、現状ではやむを得ないのかなと考えてございます。

太田市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会−02月22日-05号

人口減少社会の到来に合わせ、平成52年度までに平成26年度と比べて総量で10%、面積にしておよそ8万6,000平米を縮減するということを目標として掲げていますが、現在の進捗ぐあいと今後の予定がどうなっているか、お聞かせください。  次に、平成33年度に開校予定の義務教育学校施設面について教育部長にお伺いします。  

太田市議会 2019-02-21 平成31年 3月定例会−02月21日-04号

◎企画部長(正田吉一) 企画部が所管しています外国人対策でございますが、改正出入国管理法の関連といたしまして、まず本市の全体人口に対する外国人の推移でございますが、10年前の平成21年1月末日におきましては、本市人口22万209人に対しまして、外国人国籍数、人口は62カ国で8,953人、比率ですと4.07%でございます。

高崎市議会 2018-12-19 平成30年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

また、募集要項の開示期間中に問い合わせは何件あったのかという質疑があり、当局から、現地説明会に参加したその他の2社は、市内の建設関係介護関係の業者である。また、問い合わせの件数については、現地説明会に参加した3社のみであるという答弁がありました。   

太田市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会−12月03日-02号

本市における社会と暮らしの行方は、家族ジェンダー男女の差異という関係ですけれども、どのように変化していくかということと極めて密接な関係にあると思います。既に先進工業国では、結婚家族の変動がそのほかの社会システムに大きな影響を及ぼしています。人々の人生と社会関係を変えつつあるわけであります。

高崎市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

        1 桐生市長3期12年   間を振り返って 2 桐生市の財政力の推   移について 3 今、市長だから出来   ること(新桐生駅の   バリアフリー化)に   ついて 4 桐生市水道事業の在   り方について1 この12年間で「市長になって良かった」と思うこと 2 自分が市長だったからこそ出来たと「自負すること」 3 市長になって「良くなかった」と思うこと 4 これから先、人口

高崎市議会 2018-11-30 平成30年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

次に、公営住宅法での位置づけ、公営住宅との違いについてでありますが、現在建築している水沼定住促進住宅公営住宅法で定められている低所得者向けの住宅ではなく、市外からの転入者を対象に若年層世代の定住を促し、人口の増加や地域の活性化を図るために建築する住宅でございます。   以上です。 ○議長(森山享大) 5番、渡辺恒議員。 ◆5番(渡辺恒) 御答弁ありがとうございました。

太田市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会−11月30日-01号

産業環境部長(有本尚史) 人口減少、高齢化による土地利用ニーズの低下や地方から都市等への人口移動を背景とした土地の所有意識の希薄化等により、所有者と連絡がつかない土地がふえていくのではないかと考えております。 ○議長(石倉稔) 今井俊哉議員。 ◆5番(今井俊哉) 空き地などの管理上、現行の太田市条例において執行者として何ができるか、お伺いします。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

健康医療参事(野村克明) 現在、骨髄ドナーの登録の関係の太田市の窓口は、学習文化センターの太田献血ルームという名称のところで行っております。その点では太田も拠点がございます。そこのところに健康づくり課の骨髄ドナー補助金関係、助成の関係もチラシを置かせていただきました。

高崎市議会 2018-09-20 平成30年  9月定例会(第3回)-09月20日 一般質問

また、群馬県内での米軍機の飛行は県民生活に深刻な影響を与える可能性があることから、オスプレイを含む米軍機飛行に関しては平成30年6月27日に群馬県知事が防衛大臣に対しまして、飛行、運用を行うに当たり、米軍からできる限り詳細に情報提供を受け、事前に関係団体関係自治体及び住民に対し詳細かつ丁寧な説明を行うこと、人口密集地域公共安全にかかわる学校病院などの建造物に妥当な配慮を払い、最低高度基準を遵守