76件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2018-09-19 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号

市民そうだん課長(小暮千枝子) 同和問題啓発自立支援事業の事業費の補助金ということでございまして、部落解放同盟太田市協議会、それと群馬県地域人権運動連合会太田支部の2団体でございます。 ◆委員(川鍋栄) 補助金の関係の推移を説明できますか。 ◎市民そうだん課長(小暮千枝子) 過去のもので3カ年ぐらいでよろしいでしょうか。 ◆委員(川鍋栄) はい。

高崎市議会 2017-09-06 平成29年  決算特別委員会-09月06日−04号

それから、それまでに童沢みどりの会でやった事業ということなのですけれども、そこまでにやるのに当たりまして、各部落代表者の方、ふなれな事務等ございましたので、県の再三の指導及び現地の立ち会い、あるいは当然市の職員もそれに関係するのですけれども、まず団体を立ち上げることが第一の目的でございました。それについては、かなり代表の方苦労したかと思います。それから、対象農地をどういうふうにするか。

太田市議会 2017-03-07 平成29年3月予算特別委員会−03月07日-01号

そのほか、人権週間にエフエム太郎を利用した啓発放送、あとは、その下の下に行きますけれども、同和団体に対する補助金は、部落解放同盟太田市協議会に対する補助金群馬県地域人権運動連合会太田支部に対する補助金であります。最後につきましては、犯罪被害者支援機関負担金として、公益社団法人被害者支援センターすてっぷぐんまに対する法令外負担金であります。

藤岡市議会 2016-09-15 平成28年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月15日-03号

この住宅新築資金の関係ですけれども、部落差別問題の解消を目的とした同和対策特別措置法に基づき実施された事業で、昭和48年度に始まっております。収入未済の督促ですとかそういったものは、毎年、定期的に行ってはおりますけれども、なかなか県内、全国的にもこの収入未済額を上げるという取り組みについては、なかなか具体的に進められていないというのが実情であります。

高崎市議会 2014-09-04 平成26年  決算特別委員会-09月04日−04号

家のほうとすれば防災無線があるので、電源さえあればある程度、全部で7個ぐらいしかないですけれども、それが全部災害に遭うわけではないから、各限られた1部落、10戸か20戸か30戸ぐらいの単位しか、それも仮に停電になったとしてもその程度と思います。桐生の場合は、これ知らせる方法はないです。渡良瀬川決壊、仮に桐生川決壊したときに誰が教えるのですか、これを。

前橋市議会 2014-03-10 平成26年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2014-03-10

前橋市も当然NHKのつくられる資料館、ドラマ館等の施設は、これからNHKあるいは群馬県と協議しながらつくっていくものだろうと思っておりますけれども、そういうことも含めながら恒常的な景観形成、これは何も真下議員がおっしゃられる中心市街地だけではなく、例えば月田の部落のせぎが流れている景観であろうとか、総社の防風林、かしぐねみたいなああいう景観も含めて保全できるものは保全していきたいと私どもは考えています

高崎市議会 2013-09-18 平成25年  9月定例会(第3回)-09月18日 委員長報告、質疑、討論、表決

ただ、桐生市において小山市政のときに人権問題はないといって宣言をし、この桐生市はずっと来ておるのですけれども、新里支所人権問題対策事業や部落解放運動団体補助金というのがいまだに多額の額が続いているということで、差別のないはずのところに差別があるということ、これやはり今後の検討の課題の一つであるのかなと。

高崎市議会 2013-09-03 平成25年  決算特別委員会-09月03日−03号

◆委員(西牧秀乗)   183ページの社会福祉総務費の部分で、新里支所人権問題対策事業の600万、部落解放同盟運動団体補助金600万、両方合わせて1,200万なのですけれども、これが適正に運営されているかどうかわからないので、24年度決算書というのは出ておるのか。それと報告書もどのようなものがきちんと出ているのか、まず確認をさせてください。   

高崎市議会 2013-03-14 平成25年  3月定例会(第1回)-03月14日 委員長報告、質疑、討論、表決

部落にかかわることで、小山市長時代に差別はないと、はっきり打ち出して平等な対応をしてきたのが桐生市であります。新里と合併しても、その心は一緒だと思います。借り受けをして払わないというのは、普通の人たちに対する逆に冒涜であると私は思います。努力をして払っている方々もその中にいて、規定どおり払っている方もいるのも事実です。

高崎市議会 2012-03-14 平成24年  3月定例会(第1回)-03月14日 委員長報告、質疑、討論、表決

この住宅新築資金事業は、昭和48年からある特定の部落の人々を対象に始めた特別な貸し付けであります。今回の補正は、貸付金元利収入として貸し付けされたお金が456万円返済されないために、市民の血税から補てんするための補正であります。現在この人たちの滞納は1億9,647万192円、これは滞納での利息もついてありますけれども、であるのが事実であります。

高崎市議会 2012-02-28 平成24年  予算特別委員会-02月28日−03号

◆委員(福島賢一)   同和の関係なのですが、部落解放同盟のこれ今後も継続していくというふうなことで答弁ありました。これ過去歴史をさかのぼりますと、桐生市は小山市政のときは桐生は同和地区は存在しないというふうなことで明言されているのです。それで、これ合併議会のすり合わせの中でこの問題が協議されたのかどうか、ちょっとお聞きします。

高崎市議会 2011-09-06 平成23年  決算特別委員会-09月06日−02号

◆委員(西牧秀乗)    最初に、私予算ここのところ出ていなかったので、185ページの部落解放運動団体補助金というのはどういう性格のものでどういうもので22年度ついていたのかということをお伺いするのとともに、次、187ページの予算では地域ホーム事業委託料646万9,000円というのがあったのですけれども、これが決算上ではなくなっているので、どういうものなのかという部分をお伺いしたいと思います。   

藤岡市議会 2011-03-07 平成23年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月07日-03号

それと、ちょっと項目変わりますけれども、97ページから98ページにかけてなのですけど、第10目同和対策費の同和対策事業という事で、第19節負担金補助及び交付金の部落解放東日本研究集会負担金、また、その下の項目について、教育費の中にも同じ名目で載っているのですけれども、負担金という事であれば、こちらの第3款民生費でいいのかと思うのですけど、参加費みたいな事になれば教育費というような、この区分けというのは

高崎市議会 2011-03-03 平成23年  予算特別委員会-03月03日−03号

5年、10年の間にもうほとんどの部落で今の戸数が半分ぐらいになるような感じがするかななんて自分なりに今考えているのですけれども、そういう観点からいきますと早急に予算づけしてもらって、なるべく早目に、今生きている人が自分のうちの土地の境がわかる、お互いに境がわかるところでくいを打てると、そういう状態に持っていきたいと思いますけれども、そういう計画はどのように今後ありますか、お伺いさせていただきます。

高崎市議会 2011-03-02 平成23年  予算特別委員会-03月02日−02号

私の地域も2部落で交互に部落で選考しているというか、持ち回りで選任しているという状況なので、そういう面で民生委員さん、ボランティア的な要素の中でなかなか後がまだ見つからないというか、そういう状況の中で、ただただ報償費だけが云々ということはまずいと思いますけれども、もちろんその趣旨、民生委員さんの事業内容、活動内容等理解してもらった上での民生委員さんの選任だと思いますけれども、今後スムーズに選任ができるような

前橋市議会 2010-09-17 平成21年度決算委員会_市民経済委員会 本文 開催日: 2010-09-17

一方、私たちはもう20年来、議員になってからも、粕川にある市の部落解放同盟のわずか300世帯ぐらいのところには多額な助成金を残しているというところから見れば、公平な行政とは言えない。このことをちゃんと指摘して、次に進ませていただきたいと思います。  若者、高齢者への消費啓発活動についてであります。

高崎市議会 2010-09-16 平成22年  9月定例会(第3回)-09月16日 委員長報告、質疑、討論、表決

次に、部落解放運動団体補助金については、人権を日常生活に定着させるよう啓発推進を図ることを目的として、同和地区に居住する同和関係者の自立、人権擁護の取り組み、人権が尊重される社会づくり活動事業に対して交付するもので、部落解放同盟桐生市協議会新里支部に500万円、群馬県地域人権運動連合会桐生支部に150万円を交付している。