589件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

安中市議会 2020-12-13 12月13日-04号

また、別の委員より、小規模農村整備事業補正予算についての質疑があり、郷原地区農道整備工事及び鷺宮地区農道整備事業工事ですとの答弁があり、また本来であれば当初予算にのせるべきではないか、枠配分の弊害があるのではないかとの質疑があり、枠配分はあるが、今後は必要な予算は確保し、予算計上漏れのないように注意していきますとの答弁がありました。  

安中市議会 2020-12-11 12月11日-03号

農業関連被害につきましては、農道16カ所、用水路26カ所、農地2カ所、頭首工3カ所、建物1カ所、計48カ所が被災いたしました。内容といたしましては、農道への倒木のり面崩落用水路への土砂流入による閉塞破損農業施設破損などとなっています。対応といたしましては、規模の大きいものは国に補助を申請し復旧を行い、それ以外につきましては県からの補助市単独費復旧いたします。

安中市議会 2020-12-02 12月02日-01号

次に、2項1目農林水産施設災害復旧費でございますが、農道用水路の補修、土砂撤去等に要する経費といたしまして2,465万円を追加するものでございます。  次に、3項1目その他公共施設災害復旧費でございますが、老人福祉センター西側のり面崩落したため、復旧に要する経費といたしまして1,893万4,000円を追加するものでございます。  歳出につきましては以上でございます。  

館林市議会 2020-03-11 03月11日-04号

そして、この水路に合わせて当時農道であった道路、皆さんの元に届けてあります都市建設部で作成いたしましたこの略図を御覧いただきますと、これだけではちょっと理解できないと思いますが、もう少し説明いたしますと、市道路用地というのは、市道2014号線であります。その市道2014号線と民地との間に水路がある、これが当時は素掘りだったということであります。

渋川市議会 2020-03-09 03月09日-04号

8行目、赤城西麓用水対策事業は、畑地かんがい区画整理農道整備及び農地保全による総合的な農業生産基盤整備に係るもので、県営事業関連負担金及び土地改良負担金などであります。令和年度は、上狩野地区補完工事中原地区給水栓設置工事及び確定測量並びに笠張地区換地計画原案の作成及び区画整理工事を行うものであります。  2項林業費は、168ページ、169ページをお願いいたします。

高崎市議会 2020-02-27 令和 2年  3月 定例会(第1回)−02月27日-03号

│   │   │ ○ │   │   │ ├───────────────────────────────┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤ │ 9 高浜クリーンセンター建設事業              │   │   │   │   │ ○ │   │ ├───────────────────────────────┼───┼───┼───┼───┼───┼───┤ │10 農道等整備事業

高崎市議会 2020-02-26 令和 2年  3月 定例会(第1回)−02月26日-02号

農業用道水路整備事業は、農道かんがい排水等整備経費でございます。榛名南麓広域営農団地農道整備事業は、いわゆるフルーツライン整備に係る県事業負担金でございます。  190ページをお願いいたします。7目地籍調査費は、市内3地区調査を予定しております。  192ページをお願いいたします。2項林業費でございます。

高崎市議会 2019-11-28 令和 元年 12月 定例会(第5回)−11月28日-01号

(94)の群響群馬ブラスクインテット×Happinessジョイントコンサート出演委託料から(99)の聖火リレー広告物作製等委託料までは、令和年度当初に事業実施を予定していることから今年度中に契約を締結する必要があるため、(100)の農道舗装等工事から(102)の用排水路新設改良工事までは年度間で継続的に公共事業を進めていけるよう、契約事務等を前倒しするため、それぞれ設定するものでございます。

太田市議会 2019-09-20 令和 元年9月決算特別委員会−09月20日-03号

事情を聞いていますと、農道も全て市道に認定していっているというようなことで、率は低く見えますけれども、私が大体通っている道は、結構田舎町も通っていますが、舗装していない道というのは見たことはないということです。もし指摘があれば積極的に改善をしていきたいと思っています。

渋川市議会 2019-09-10 09月10日-02号

下から2行目、中山間地域等直接支払交付金事業は、生産条件が不利な中山間地域において耕作放棄地発生防止や、多面的機能を確保し、将来にわたって持続的な農業生産活動を可能にするという観点から、水路農道等の管理活動などに対し国、県、市が共同で直接支払いを行い、小野上地区内の3地区の農家63戸、24万2,800平方メートルを実施しました。

富岡市議会 2019-03-19 03月19日-委員長報告、質疑、討論、表決-03号

当局より、農道や林道を整備し、市道に移管しないでそのまま残している場合や、道路位置指定が受けられていない道に接した敷地に建築物を建てる場合、建築基準法は適用されないため、特定行政庁建築審査会を開き判断し、許可を出すこととなる。その事務を簡略化し、特定行政庁で認定できるようになったとの答弁あり。 以上で質疑を終結し、採決の結果、全会一致原案のとおり可決すべきものと決しました。 

高崎市議会 2019-02-26 平成31年  3月 定例会(第1回)−02月26日-03号

                  │   │ ○ │   │   │   │ ├───────────────────────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤ │ 6 高浜クリーンセンター建設事業              │   │   │ ○ │   │   │ ├───────────────────────────────┼───┼───┼───┼───┼───┤ │ 7 農道等整備事業