464件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2019-02-21 平成31年 3月定例会−02月21日-04号

八重笠のことですけれども、住民は非常に前向きで積極的に自分たちでもやってもいいような意欲を感じているようなところがありますので、ぜひそれをテーブルにのせて皆さんと協議していただくような、休泊というところは、前にはインランドデポでだめになってしまったり、市場構想もだめになってしまったり、いろいろだめなことを言いますと、もっとさかのぼると、農道空港、だめになってよかったということもありますけれども、やはりそれにかわるようなものということも

館林市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月20日−委員長報告・質疑・討論・表決−05号

主な内容といたしましては、建築基準法第43条において「建築物の敷地は道路に2メートル以上接しなければならない」という接道規制について、適用除外の「ただし書き」が法改正によりなくなり、市道として認定されていない幅4メートル以上の農道などに接する建築物の敷地については、特定行政庁の認定を受けることで建築審査会の同意が不要となり、建築物の敷地が公園などの空き地に接する場合は、従前と同じように建築審査会の同意

藤岡市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号

│ │  │     │              │ ついて          │   │ │  │     │              │⑤今後の利活用の方針について│   │ │  │     │2.保美地区圃場整備事業につ│①事業の概要について    │市長 │ │  │     │  いて          │②今後の事業計画について  │   │ │  │     │3.圃場整備地内農道舗装整備

高崎市議会 2018-11-30 平成30年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

今回の建築基準法の改正において、建築審査会の同意が不要となる接道規制の適用除外にかかわる認定基準及び要件は、延べ面積200平方メートル以内の一戸建ての住宅であり、建築基準法の道路以外の農道、河川管理用道路や林道等の幅員4メートル以上の道に2メートル以上接していることとなっております。これらの基準を満たしていれば、特定行政庁である本市が適用除外の認定を行うことができることとなりました。   

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

これは水路だけではなくて道路、いわゆる農道についてもそうなっている現状はあると思いますが、その辺について所管課はどういうふうに見られていますか。 ◎農政部副部長(山川勉) 太田市の、特に水田地帯なのですけれども、基盤整備は基本的にはほぼ100%済んでいるということです。これは群馬県で公表しています農地の基盤整備率なのですが、10アール単位の基盤整備も含まれているので、ほぼ100%となっております。

渋川市議会 2018-09-19 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月19日−一般質問−06号

国道、県道に関する要望、農道、林道に関する要望など、土木維持課所管の業務以外は他の所管のものとして整理しております。件数でございますが、平成25年度は要望件数が234件ございまして、その他の所管のものが38件、市道等の維持管理に関する割合が84%でございました。平成26年度は割合が92%、平成27年度は84%、平成28年度は64%、平成29年度は85%でございます。

太田市議会 2018-09-05 平成30年 9月定例会−09月05日-01号

私の身近な例といたしましても、沖之郷ですが、休泊の方も多く利用しています農道、市道を利用したコースといっていいか、道がございまして、用水池と碓神社、国の重要文化財指定を受けた塚廻り4号古墳を、回り方によりましては2キロから4キロのコースがございますが、決して安全安心と言えない状況でございます。

館林市議会 2018-06-12 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月12日−一般質問−03号

環状線は、郷谷の水田地帯を東西に通過し、農道との交差点は15カ所でしょうか、たくさんありますが、信号機は一カ所もありません。今、農繁期で、水田には水が入り田植えの真っ盛りです。まもなくくさくら田んぼは稲が育ち、一面が緑に変わる大変気持ちのよい景観の中を、車両はハイスピードで通過することになります。その反面、環状線を横断する車両などは、神経を集中して左右を念入りに確認しなければなりません。

藤岡市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月14日-02号

◆委員(佐藤淳君) 150ページ、農道美土里線のことでお伺いしたいのですけども、この第15節の農道整備工事5,067万4,000円のところでよろしいのか、まず確認させてください。 ◎農村整備課長(根岸実君) お答えいたします。  委員おっしゃるとおり、この予算の中で施工する予定でございます。 ○委員長(岩崎和則君) 佐藤 淳君。

渋川市議会 2018-03-12 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月12日−一般質問−05号

通告の順序により、1 市道、農道、林道の管理について。2 西群馬病院跡地の今後の利活用について。   5番、山﨑正男議員。   (5番山﨑正男議員登壇) ◆5番(山﨑正男議員) 通告により一般質問をさせていただきます。   まず1番目に、市道及び農道の管理と維持に関して。市道の総延長と路線数、また維持管理はどのように行っているのか。   2つ目に、西群馬病院跡地の今後の利活用についてお伺いします。

館林市議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月07日−一般質問−04号

他市の状況、近隣の町の状況を見ますと、農道や狭い道路でも舗装道路になっております。本市でも2メートルくらいの道路も舗装道路になっている地区もあります。その道路は当時の地区の役員さんなどの苦労、努力があったものかと思います。市内各地の市道の生活道路を早期に砂利道から舗装道路にお願いしたいのですが、どのように進めていくのか、お尋ねいたします。 ○副議長(遠藤重吉君) 都市建設部長。

太田市議会 2018-03-07 平成30年3月予算特別委員会−03月07日-02号

今、委員からご説明がありましたように、用水のほかに農道またはフェンスまたはスクリーン、そういうものを一体的に地域の要望、陳情を整理するために行う事業でございます。 ◆委員(高田靖) それでは、例えば市内全域、用水路の素掘りの総延長もしくは件数などのデータがあればお聞かせください。 ◎農村整備課長(田部井久之) 大変申しわけありません。そういうデータはとっておりません。

高崎市議会 2018-03-02 平成30年  予算特別委員会-03月02日−04号

まず最初に、平成29年度の活動内容ですが、まだ年度途中となっていますけれども、平成30年2月20日現在で、その主な内容は農地維持活動としまして農道や水路、農地、のり面の草刈り、堀さらいなどの作業活動を延べ53回、作業延べ人数にしまして283人で実施しております。

渋川市議会 2018-03-01 平成30年  3月定例会 一般質問-一般質問表

  嗣  世1782渋川再生で市民のしあわせを  1 家族再生   (1)婚活支援   (2)終活支援  2 敷島駅前再生  3 棚下不動再生須  田     勝18931 社会変化に対応できる庁内組織機構改革について 2 命と暮らしを守る政策とは安 カ 川  信  之19941 行政事務の合理化と市民対応 2 市民要望の実現に向けて 3 私有地の管理について星  野  安  久21151 市道、農道

前橋市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2018-02-28

このほか、赤城の恵ブランド、前橋産農畜産物の県内外における販売促進などの取り組みを引き続き推進するとともに、圃場整備では、上細井中西部地区の土地改良事業を初め、農道、ため池などの農村環境の整備を進めてまいります。  次に、5、シティプロモーションでは、地域の魅力を創造し、発信し、誰もが訪れ、住み続けたくなるまちづくりを進めてまいります。  

渋川市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−01号

1行目、農道保全対策事業は851万円の減額です。これは、県営事業費負担金の確定によるものであります。2行目、農業集落排水事業特別会計は823万4,000円の増額です。これは、特別会計の財源調整によるものであります。   7款1項商工費2目商工振興費の説明欄、工場等設置奨励事業は550万9,000円の減額です。これは、事業費の確定によるものであります。   

藤岡市議会 2018-02-27 平成30年第 1回定例会−02月27日-01号

また、新規就農者の増加や農業の生産体制強化を推進するための事業、農道整備事業や圃場整備事業、有害鳥獣被害対策事業などを行い、農業の生産基盤と農村の生活環境整備を進め、農地の保全と効率的な利用を推進してまいります。  さらには、企業の新たな用地需要などに応えるために、県が進めている藤岡インターチェンジ西産業団地の早期完成を目指し、産業振興によるまちづくりを目指してまいります。