434件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

岡山市では人口の割に大学生の割合が多く、それを生かして市内企業やNPOと協働して、若者ならではの柔軟なアイデアの提案、実践により起業へのチャレンジ等に取り組む活動に対して補助金を交付する事業であります。学生にスポットを当てて創業の支援をすることで、そのまま市内で仕事を続けたり、協働した市内企業へそのまま就職するなど岡山市で働く若者がふえるとともに、定住につながっているそうです。  

前橋市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-07

起業する方や起業後3年未満の方向けの資金面と経営面の両面からサポートする創業サポート総合制度があると聞いています。3年にわたる無料の経営診断、市の制度融資に関する利子補給融資に必要な信用保証料の補助を行い、事業継続を望む創業者にとってまさに創業支援の3本の矢であり、折れない持続的支援の最適策であると思います。

前橋市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-06-06

これらの背景には、本センターの運営事業者である一般社団法人前橋起業支援センターが行っている経営指導の成果であると考えております。経営者が集まる組織であるからこその実体験及び人脈に基づいた確かな指導を展開しており、後輩である創業者たちの大きな助けになっております。

前橋市議会 2019-05-21 令和元年_市民経済常任委員会 本文 開催日: 2019-05-21

最後に、9)の起業独立開業支援資金は前年度対比22件、1億6,128万円の減となりました。これも1)の小口資金や2)の中小企業経営振興資金と同様に各金融機関のいわゆる信用貸し、プロパー融資の増加に伴うものと推測されます。また、近年は融資を必要としない事業規模で起業するケースがふえているため、起業家による利用自体が減少していることも減少要因として推測されております。  

前橋市議会 2019-03-18 平成31年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2019-03-18

新井情報政策課長】 今回の光ファイバー整備のメリットという部分でございますけれども、赤城山は本市を代表する観光資源でございまして、今回の整備によって高速のインターネット回線が整備されることによりまして、例えば四季折々の豊かな自然をリアルタイムに発信することでさらなる観光客の増加が期待される、あるいはインターネット環境が整うことによりまして、これを活用して場所を選ばずに創造的な業務を行う業種起業

太田市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会−03月12日-06号

さらに、企業誘致や起業促進等による安定的な税収確保のこと、ラグビーワールドカップ日本大会における本市の取り組みとパナソニック・ワイルドナイツ練習場の跡地利用のこと、ぐんま国際アカデミーや市立太田高校、おおた芸術学校及びおおたスポーツアカデミーの現状の総括や今後の展望のことについて質疑、要望がなされました。  次に、討論につきまして、ご報告申し上げます。  

藤岡市議会 2019-03-08 平成31年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月08日-02号

予算事業シート8ページにありますように、東京23区等の在住・在勤者が藤岡市に移住して、県内の中小企業等に就職した場合、または起業した場合に移住支援金を支給するとございました。これ移住を支援するということで、非常にいい政策だと思うのですけれども、1件当たりの支給額をまず伺います。続きまして、東京23区等とありますが、等とはどの程度までの限定なのかということ、等とはどこまで含むのか。

前橋市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-08

廃業率が開業率を上回る経済情勢が続く現状において、新産業の発掘、地域産業のリーダーとなり得る起業家の育成目的としての創業支援事業でありますが、平成28年度が3,547万4,000円、平成29年度が3,384万7,000円、平成30年度が3,729万3,000円、そして平成31年度予算として3,584万9,000円の予算が計上され、創業センターがスタートして4年目を迎えたわけでありますが、財源は一般財源

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

このことに関する予算編成方針において、「活力ある産業とにぎわいのあるまちづくりに取り組み、企業誘致や起業促進を図る」、「良好な都市空間と住空間を創出するまちづくりに取り組み、住環境道路整備などの組織基盤の充実により、誰もが快適に暮らせるまちをつくる」とありました。安定財源確保を視野に、企業誘致、起業促進について、市長のご見解と今後の施策をお伺いいたします。  

前橋市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-07

9 【産業経済部長(櫻井正明)】 平成29年度に改定いたしました現在の産業振興ビジョンにつきましては、選ばれる前橋を実現するものづくり都市の底力を基本目標に掲げ、既存産業の総合的、実効的支援、新産業の創出、成長産業育成、前橋にマッチした企業誘致の促進、起業家の創出と人材育成の4つの戦略のもと、各種施策を展開しております。  

太田市議会 2019-03-05 平成31年3月予算特別委員会−03月05日-01号

これは去年の記事ですけれども、太田市は余り乗り気でないようなあれがあるのですが、実は東京から例えば太田市に来て起業すると300万円とか、従業員を雇用すれば100万円とかというメリットというものが当時示されていると思うのですけれども、その点に関して、そしてまた今後のお考えについてもしありましたらお願いします。

藤岡市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会-03月05日-02号

そうした中で、ぜひともいろいろなことを習い、伝承し、そしていろいろな製品を作っていくというふうな形の中で、今、藤岡市においても、このまちづくりのための創業支援といいますか、いわゆる新しく起業する方であったり、藤岡市のいろいろないいものを再生産していただいて、町の発展につなげようというふうな形で、今創業支援についていろいろな形で検討されていると思います。

前橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-03-05

いずれも昨年のうちに事業着手する予定でしたが、いまだに着工されておらず、さらにQのひろばについては新聞報道によると起業家から出資を募って商業、宿泊の複合施設建設する再開発プロジェクトが動き出すと報じており、これが本当だとすれば共同住宅という事業計画自体が変更されることになります。

太田市議会 2019-02-13 平成31年 3月定例会−02月13日-01号

工業振興につきましては、一般財団法人地域産学官連携ものづくり研究機構と協力し、市内企業の新技術・新製品の開発支援や販路開拓に取り組むとともに、さらなる産業の活性化を図るため、創業支援事業として女性の起業支援や子どもの起業教育を積極的に推進してまいります。  金融対策につきましては、引き続き低利な融資制度を維持し、中小企業者の支援を図るとともに勤労者の生活の安定と福利の向上に努めてまいります。  

太田市議会 2018-09-27 平成30年 9月定例会−09月27日-04号

次に、7款商工費につきましては、商店リフォーム支援事業及び空き店舗対策事業における補助金目的と成果のことについての質疑があり、このことについては、ともに市内における商業の活性化を期待するものであるが、制度をきっかけとしてリフォームにつながり、来客者からも満足の声をいただけたとのアンケート結果もあり、空き店舗対策事業については、制度の活用を契機に開業したなど、起業の一助になっていると捉えており、今後

前橋市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-27

また、新たな起業ガイドブックの作成や市内企業が販路拡大のために実施する各種事業経費に対する支援を開始されました。また、企業誘致では、五代南部工業団地の分譲を積極的に進めたことを評価いたします。また、雇用対策では、ジョブセンターまえばしを開設し、ハローワーク職業紹介事業と一体的な就業支援に取り組み、延べ人数で1万1,000人を超える利用がありました。

太田市議会 2018-09-20 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号

それから、事務に関する説明書にあるとおり35室、こちらにつきましては、企業、その他これから起業をする準備をしている方も、35部屋のうち26部屋でこちらをご利用いただいている状況です。 ◆委員(八木田恭之) これはもともとは県の施設で、建物自体は相当年数が経過していたものを太田市が譲り受けたと思います。