2051件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 名簿 開催日: 2019-03-26

                        管 理 者   総務部長    関 谷   仁       政策部長    稲 田 貴 宣   政 策 部   情報政策    大 野 誠 司       財務部長    沼 賀 良 宏   担当部長                         文   化   市民部長    町 田 俊 明       スポーツ    川 端 利 保                         観光部長

前橋市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日目) 名簿 開催日: 2019-03-08

                        管 理 者   総務部長    関 谷   仁       政策部長    稲 田 貴 宣   政 策 部   情報政策    大 野 誠 司       財務部長    沼 賀 良 宏   担当部長                         文   化   市民部長    町 田 俊 明       スポーツ    川 端 利 保                         観光部長

前橋市議会 2019-03-08 平成31年03/08_総括質問一覧表 開催日: 2019-03-08

        │  │4 地域の諸課題について     │(1) 元総社蒼海土地区画整理事業      │ ├──┼────────┼──┼────────────────┼─────────────────────┤ │  │        │  │1 シティプロモーションについて │(1) 現状と今後の考え方          │ │  │        │  │                │(2) 観光

前橋市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-08

知りもしないところに住もうとするのか、その上で観光はとても重要だと言えます。観光で訪れることで、その土地を感じてもらい、それが移住への第一歩ではないでしょうか。観光とは移住の入り口なのであります。そこで、観光分野からのシティプロモーションの捉え方とその取り組みについてお伺いいたします。

前橋市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第1日目) 名簿 開催日: 2019-02-27

                        管 理 者   総務部長    関 谷   仁       政策部長    稲 田 貴 宣   政 策 部   情報政策    大 野 誠 司       財務部長    沼 賀 良 宏   担当部長                         文   化   市民部長    町 田 俊 明       スポーツ    川 端 利 保                         観光部長

高崎市議会 2018-12-21 平成30年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

最後になりますけれども、桐生市は山紫水明、いろんな施策で宣伝していただいて、いいところなのですけれども、このまちへ来て、観光客もしくは遠来の方たちが、このまちはごみも落ちていないし、いいまちだなと思えるようになっていただきたいのです。そんな関係でマナーアップイコール河川ですよね。桐生川あり、渡良瀬川あり、それから農業用水があります。これらにできるだけごみ等が目立たないようにしていきたいのです。

高崎市議会 2018-12-19 平成30年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

桐生市の誇る観光施設として別の選択肢で組織運営を強化することも可能なのではないか。その可能性を全て排除する非公募議案。指定管理者制度の本則にのっとり、残念ながら反対させていただきます。 ○議長(森山享大) ほかに討論はありませんか。               (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(森山享大) 討論も出尽くしたようですから、これをもって討論を終結いたします。

太田市議会 2018-12-17 平成30年12月定例会−12月17日-04号

─┼───────────────────────────────────┤ │ 健康福祉委員会 │ 1 社会福祉のことについて                     │ │         │ 2 保険事業、医療年金及び保健衛生のことについて          │ ├─────────┼───────────────────────────────────┤ │ 都市産業委員会 │ 1 商業・観光施策及

館林市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月12日−一般質問−04号

さらに、長期的に見れば、重複する施設や老朽化した施設の管理を効率的に行い、財政的にもコストの削減につながるものと考えていることや、観光をPRするような場面であっても、合併は有効であるとの答弁をされております。   以上が主な合併の効果であると考えております。 ○副議長(斉藤貢一君) 篠木正明君。 ◆12番(篠木正明君) 部長、私の最初の質問聞いた。

藤岡市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-04号

             │ ├───────────┼──────────────────────────────┤ │経済建設常任委員会  │1.農業振興対策について                  │ │           │2.中小企業振興対策について                │ │           │3.商業振興対策について                  │ │           │4.観光施設

館林市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−一般質問−03号

しかし、昨日の全員協議会の資料を見せていただきますと、その説明からは、市長が答弁されたようなヘルスツーリズムや健康をキーワードに地域資源を生かすこと、また新しい形での滞在型観光が創出できるというお話もされていますが、こういったこととはすごく遠のいていくようなイメージを、市長の理想とは遠のいていくような方向性を持っているように見えます。   

藤岡市議会 2018-12-07 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号

しかし、零戦を設計した堀越二郎氏につきましては、本人をモデルにしたアニメ映画公開時の特別企画展「堀越二郎の軌跡」が大盛況で、観光客の方にも大変好評でありましたが、その後は藤岡歴史館内の展示コーナーで紹介するのみとなっていることから、現状では観光素材としては弱いものと考えております。  

前橋市議会 2018-12-05 平成30年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2018-12-05

実際に前橋学市民学芸員がガイド役を担うモデル観光コースの設定や前橋の歴史を語り継ぐ前橋学ブックレットの刊行、前橋空襲一斉慰霊など、提言に基づいた事業を実行してまいりました。中でも、前橋四公につきましては、関連する史跡やゆかりの寺院などの観光化に向け、さまざまな取り組みを行っております。

太田市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会−12月03日-02号

◆12番(岩崎喜久雄) 今いい話を聞きまして、これにプラスして言っていきたいと思うのですけれども、国の文化庁云々ではなくて、1つのアイデアなのですけれども、知久平さんのお父さん、粂吉さん、お母さんはいつさんというのはご存じだと思うのですけれども、これは私の1つの案ですけれども、この不滅の財産を太田市から要するに花火を打ち上げてもらいまして、これは今後、太田市で観光の大きな1つの核となるという材料をひとつ

高崎市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

このような事態に対して、政府・自   治体は、観光による交流人口の増加、コンパクトシテ   ィ構想を打ち出す。しかし、魅力のないところには、   人は来ない。コンパクトにしただけでは魅力は高まら   ない。利便性の高さでは地方は都会に勝てない。どう   対応するか 3 歴史まちづくりの成功事例。空き家に新住民が、空き   店舗がうまった。

太田市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会−11月30日-01号

中でも、GPSの機能を使った観光アプリを導入する自治体がふえております。今年度決算委員会でも質問させていただきましたが、本市でのイベント、また観光情報などの周知、情報発信の方法など、また、インスタグラムでの発信についてもお願いをいたしました。以上のことを伺いたいと思います。 ○議長(石倉稔) 有本産業環境部長。 ◎産業環境部長(有本尚史) 観光情報の発信の取り組みについてご答弁申し上げます。  

高崎市議会 2018-11-30 平成30年 12月定例会(第4回)-11月30日 議案説明、質疑、委員会付託

◎産業経済部長(鏑木恵介) 地元への貢献につきましては、梅田ふるさとセンターは観光客等、梅田町を訪れる人たちにソバや地元の特産物を販売する施設として大きな集客力を発揮しており、地域ににぎわいをもたらし、梅田町の活性化に貢献しているものと捉えております。また、地元住民のコミュニティーとしての役割もございます。