899件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-07

今回の条例改正を踏まえ、目的外使用の活用の検討を進めるとのことでありますが、入居を希望する学生の需要について把握する必要があると考えます。例えば前橋工科大学と協力して学生の希望を聞くなど、需要の把握に努めるのも一つの方法と思いますが、どのように考えるのか、今後の対応について伺います。

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-26

救急医療、周産期医療、小児科医療等は、いずれも全国的に医師の確保が課題となっている中、市民の命を守る上で重要部門であると考えます。今後については、各病院の実情を踏まえ助成額増を求めるとともに、近隣市町村からの受診者もあることから、近隣市町村からの助成負担について働きを行っていただくよう求めておきます。  

前橋市議会 2019-03-18 平成31年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2019-03-18

本市消防局では、1年間に約1万5,000人もの市民を救急搬送しております。運用中の全救急車に乗車している救急救命士が傷病者への救急救命措置を施し、全身状態をモニタリングしながら病院選定を迅速に行い搬送する活動は、市民に大変感謝されております。一方、高齢化社会が進み、入院期間が短縮され、在宅医療の役割が大きくなる中で、人生の最期を病院ではなくて自宅で迎えたいと考える高齢者もふえております。

太田市議会 2019-03-07 平成31年3月予算特別委員会−03月07日-03号

◎消防本部参事(茂木義秀) それでは、そのうちの災害対応特殊救急自動車についてご説明いたします。これは現在乗っている高規格救急車と同等の機能でございます。国庫補助金をいただきながら購入するという名目で、名称は違いますが、救急車に関しましては、現在更新しております高規格救急車と同等品でございます。 ◆委員(高藤幸偉) それでは次に、ドクターカーについての質問をさせていただきます。

太田市議会 2019-03-06 平成31年3月予算特別委員会−03月06日-02号

◆委員(宮沢まりこ) 164ページ、4款1項1目、救急医療対策事業補助金2億5,197万2,000円について、これはどういった補助金なのか、お聞かせください。 ◎健康医療部参事(野村克明) 救急医療対策事業補助金でございますが、2つに分かれます。1つ目が緊急の市内の6病院に対します運営上の補助金でございます。

太田市議会 2019-02-21 平成31年 3月定例会−02月21日-04号

例えば、もっと言えば、健康という面でも太田記念病院も太田市が参加して3次救急の確立を図った。今、医師数も非常に多いですし、高い評価をされている。さらに、城山病院や堀江病院やイムス太田中央総合病院といった2次救急群もある、こういうまちも非常に珍しい。しかも充実をしている、これなども国連の目標としているところに我々はかなり近づいているということが言えます。

太田市議会 2019-02-13 平成31年 3月定例会−02月13日-01号

講師からは、本市の公共交通を考える上での需要者の割合のこと、人の移動を考える上で軸となるバス路線のこと、まちづくりと一体となった公共交通のことなどについて講演を受け、委員からは、東毛広域幹線道路における広域的な幹線バス路線のこと、運賃を全て無料にした場合の利用者数への影響のこと、高校生のバス利用を促進するための運行方法のことなどについて質疑、意見がありました。  

太田市議会 2018-12-17 平成30年12月定例会−12月17日-04号

委員からは、当該児童クラブの立地についての質疑があり、このことについては、休泊児童館は休泊小学校から離れたところに位置しており、休泊小学校区内の他の放課後児童クラブと比べて小学校から遠いという立地的問題はあるが、同学校区内において今後も放課後児童の増加が見込まれる中、その需要に応える体制の構築が必要であること、休泊小学校近隣で新たに開所できる場所が他にないことから、休泊児童館内に設置するとのことでありました

館林市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−一般質問−03号

さらに、これまで全国の災害対応において、特定の病院に患者が集中するなど、効率的な災害対応ができなかったことを教訓としまして、災害時の医療情報をインターネット上で共有し、被災地の医療情報を集約して、限られた医療資源の中で最適な配分を行い、需要と供給のバランスを改善することを目的としました広域災害救急医療情報システム、通称EMISが県、市、各医療機関等に導入されておりまして、毎年操作研修と訓練が行われております

前橋市議会 2018-12-07 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-12-07

拠点間を結ぶ交通とあわせて、いわゆるラストワンマイルの需要が大変ふえていると感じております。バスの増便やタクシーの配車料金の調整ができないという状況の中、本市の協力のもとで城南地域のように例えば各連合自治会程度の区域の中で地域内交通を立ち上げることはできないのか本市の見解を伺います。

前橋市議会 2018-09-27 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-27

次に、消防局関係では、消防音楽隊の活動内容と楽器の維持管理方法、消防団車庫詰所の施設補修状況、立入検査の概要と主な指導内容、火災件数の増加の要因と対策や耐震性貯水槽の必要性、蘇生を望まない救急対応、豪雨災害時の広域応援体制、高機能消防指令センターの維持管理状況などに対する質疑がありました。