742件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-12-09

ひきこもりは、現在全国に若年層15歳から39歳までは54万、中高年、40歳から64歳までは61万とも言われております。合わせて115万とも言われております。子供、若者は社会の未来を担う宝であります。国では、外国労働者の受け入れを始めます。5年間で35万とも言われております。

藤岡市議会 2019-12-06 令和 元年第 5回定例会-12月06日-02号

次に、高山社跡の過去5年間の集客数につきまして、平成26年度は5万3,958、市内が9,775、市外、県外の方合わせまして4万4,183平成27年度3万6,431、市内6,448、市外2万9,983平成28年度は2万2,120、市内が6,009、市外1万6,111平成29年度は1万9,328で、市内5,312、市外1万4,016

前橋市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-12-05

次に、在住外国支援事業についてお伺いいたします。本市におきましても外国向け日本語学校の開校などにより、多くの外国の方々が、その学校への通学時に見かけたり、飲食店やコンビニエンスストアで働く姿を見かけるようになりました。ことし6月にはカラオケワールドカップという外国向けイベントなども開催され、いよいよ本市が多文化共生都市へと進んでいくと感じております。

太田市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会-12月03日-03号

◆19番(星野一広) ここで提案ということでありますけれども、太田市消防団において外国籍をお持ちの方の消防団ということでありますが、まずは外国籍の消防団員がいるかどうか。今後、外国籍の、外人の消防団員に入団してもらう、活躍の場を得ることができるのか。いろいろなことがあると思いますけれども、よろしくお願いしたいと思います。この点、お願いします。 ○議長(久保田俊) 石澤消防長。

太田市議会 2019-12-02 令和 元年12月定例会−12月02日-02号

本市では、全人口22万4,307のうち1万1,256外国が住民登録されており、全人口の5%が外国であります。そのような中、外国子女がみずから日本で生活していく力を身につけさせ、本市を支える大切な人材として育てることが大切であると考えます。  そこで、本市の学齢相当の外国子女の人数と、就学者数、及び不就学者人数、外国児童生徒への支援についてお伺いいたします。

太田市議会 2019-11-29 令和 元年12月定例会−11月29日-01号

実績といたしましては、昨年度で申し上げますけれども、対象者139に対しまして延べ3,698回の安否確認を実施いたしました。  ふれあい相談員の活動につきましては、市内に在住する70歳以上のひとり暮らし高齢者に対しまして、各地区のふれあい相談員25が訪問により、安否確認や熱中症予防等の情報提供のほか、年2回の日帰りのはつらつバスツアー等を実施しております。

前橋市議会 2019-10-18 令和元年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-10-18

そのため、被害者または被害者家族から相談や求めがない場合、市の独自判断によります連携は差し控えております。現在、ワクチン接種後に症状が生じた方に対する相談窓口については市、県、国のホームページでも常時公開しておりますので、今後も市民相談に対しましては個別に対応してまいりたいと考えております。  2、被害者の掘り起こしのための接種者への全員調査について、考え方を説明させていただきます。

太田市議会 2019-09-26 令和 元年 9月定例会−09月26日-05号

また、ふれあい相談員の適正な配置数についての質疑があり、このことについては、高齢化に伴い見守り対象者も増加すると考えるため、配置数については今後の実態を見て検討したいとのことでありました。  さらに、保育士の待遇改善への取り組みのこと、ケースワーカーの配置数の適正化のこと、外国生活保護世帯への支援のことなど、多くの質疑、意見、要望がなされました。  

太田市議会 2019-09-19 令和 元年9月決算特別委員会−09月19日-02号

ステーションが9,095件あったということなのですが、今、外国とかにマナーを啓発するための看板みたいなものはあるかどうかお伺いしたいのです。 ◎産業環境部参事(坂本弘) 外国がお住まいのアパートとかを管理している方がうちに相談に来られた場合には、外国向けのパンフレットがありますので、そちらをお配りしています。

太田市議会 2019-09-18 令和 元年9月決算特別委員会−09月18日-01号

総務部参事(山本敦哉) 外国が占める不納欠損の割合でございます。市税ということだけでくくりがないので、市税と国民健康保険税合わせてという形でお答え申し上げたいと思います。外国に占める割合ですけれども、不納欠損者数5,521のうち、外国が608、割合は11.01%でございます。金額ベースでは、7億3,309万円のうち、外国が9,756万円で割合は13.3%でございます。

藤岡市議会 2019-09-17 令和 元年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月17日-03号

次に、高山社跡の入場者の関係ですけれども、平成29年度は1万9,328でございます。平成30年度が2万2,284で約115%増加という形でございます。  以上でございます。 ○委員長(内田裕美子君) 茂木光雄君。 ◆委員(茂木光雄君) 長屋門の修復ができたり、いろいろやっておるようでございます。

前橋市議会 2019-09-17 平成30年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2019-09-17

51 【吉澤建築住宅課長】 空き家対策事業に係る移住者でございますが、平成30年度においては二世代近居・同居住宅支援事業で16リフォーム補助事業で6、合計22となっております。平成27年度から昨年度までの移住者の延べ人数としましては、二世代近居・同居住宅支援事業82リフォーム補助事業53、合計135となっております。

藤岡市議会 2019-09-10 令和 元年第 4回定例会-09月10日-02号

また、ゲートキーパーの育成でございますが、ゲートキーパーの定義が、「身近な自殺危険を示すサインに気づき、そのの話を受けとめ、必要に応じて専門相談機関につなぎ、見守る」とあります。学校には教育相談の研修を受けた教員が多数おります。さきの群馬県こころの健康センターの研修を受けた教員とともに、ゲートキーパーとして児童・生徒の支援を行ってまいります。  以上、答弁といたします。

前橋市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2019-09-03

この第七次総合計画においては、地域経営をまちづくりのキーワードとして、市民が個性と能力を生かし、個々に光り輝くことに、より新しい前橋らしさを創造することを目指して、6つのまちづくりの柱に基づく各種事業に取り組むことといたしました。また、平成28年に策定いたしました県都まえばし創生プランに位置づけました地方創生の取り組みにつきましても本市の将来を見据えて着実に事業を進めたところであります。