運営者 Bitlet 姉妹サービス
929件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 藤岡市議会 平成30年第 5回定例会-12月07日-02号 冷やかしやからかいなどの軽微ないじめが、市内の小・中学校において発生し、その対応に苦慮していることが現実のことと思います。  実は、私の知り合いの子どもが通っている市内の小学校において、2年前よりいじめが発生しております。   もっと読む
2018-09-27 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月27日-04号 景気は緩やかな回復基調を続けておりますが、市民生活では、相次ぐ異常気象による災害発生に憂慮しつつ、増加の一途をたどる社会保障費の財源確保としての消費税増税を目前に控える今、不透明な将来に漠然と不安を抱えている現状にあります。  このような状況の中にあっても、本市の平成29年度決算は、安定した自主財源の確保、効率的な行政運営と予算執行が実行されたものと認められるため、高く評価いたします。   もっと読む
2018-09-21 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月21日-03号 ◆委員(高橋えみ) ついせんだって、北海道の胆振東部地震発生をいたしました。これは北海道だったので余計だったと思うのですが、旅行者の方が大変多くて、情報を収集するのにパソコン機能を持ち合わせた携帯電話が頼みの綱であったという報道を目にいたしました。 もっと読む
2018-09-20 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月20日-02号 そして、同じく6月に、初めて成虫の発生の確認がありましたので、そのことを区長会にご報告したということで注意喚起をしてまいりました。 ◆委員(大川陽一) この特定外来生物なのですけれども、県や国からの指導とか、補助とか、補助金とか、そういったものはあるのですか。 ◎環境政策課長(高橋公道) 国、県等からは情報提供はございますが、特に補助金という形ではございません。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 それから、毎日のコスト削減というところで、先ほどお話ししたように、先進都市のような利用率で、ほとんど見込めていないというのも1つデメリット、それと最後に、データ反映まで証明書が発行できないため納税者とのトラブルが発生する可能性が出てくる。 もっと読む
2018-09-18 藤岡市議会 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号 委員のおっしゃるとおり流産・早産・先天性風疹症候群の発生を防止するために妊娠を希望する女性及びその夫が風疹ワクチン接種、これを希望する場合に接種費用の一部を補助しておりますけれども、平成29年度に関しましては、風疹につきましては23名の方が接種のほうを行っております。 もっと読む
2018-09-13 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会−09月13日-03号 まず、質問に入ります前に、本年立て続けに発生しております豪雨、地震等の災害においてお亡くなりになられました全ての皆様に、衷心よりお悔やみを申し上げますとともに、被災されました皆様に心よりお見舞いを申し上げます。一日も早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます。また、防災ヘリ事故におきましても、亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。   もっと読む
2018-09-12 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号 過日も北海道で大きな地震がありました。本当に被災された方に心からお見舞いを申し上げます。  この学校のブロック塀につきましては、6月18日に発生した大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震により、大阪府高槻市におきまして市立小学校のブロック塀が倒壊し、小学校4年生の女子児童が亡くなるという大変痛ましい事故がありました。亡くなられた児童に対して心よりお悔やみを申し上げるところでございます。   もっと読む
2018-09-06 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月06日-02号 教育部長には、通学路の安全確保について伺いますが、大阪北部の地震で学校内のプールのブロック塀の倒壊によって女子児童が犠牲になった事故を受けて、文部科学省が全国の教育委員会に通学路の安全点検を要請していますが、太田の通学路の点検は有資格者、資格を持った者による点検なのか、それともそうでないのか、目視だけによる点検なのか、一体どういう点検がされたのかを伺います。 ○議長(石倉稔) 高橋教育部長。 もっと読む
2018-09-05 太田市議会 平成30年 9月定例会−09月05日-01号 また、多数傷病者が発生した場合などに要請をしております。課題といたしましては、天候不良や夜間は運行不能となるため、要請できないところであります。 ○議長(石倉稔) 中村和正議員。 ◆6番(中村和正) 今の答弁の中で時間的制約があり、天候制約もあるということを鑑みますと、重症患者発生時にドクターヘリが活用できていない時間があることがわかりました。   もっと読む
2018-09-04 藤岡市議会 平成30年第 4回定例会-09月04日-01号 初めに、去る8月10日、群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が中之条町の山中に墜落するという大変痛ましい事故が発生をいたしました。この事故により、群馬県防災航空隊員4名と吾妻広域消防本部職員5名のとうとい命が失われましたことは、まことに痛恨のきわみでございます。亡くなられた航空隊員の1人は、多野藤岡広域消防本部職員で本市在住の小沢訓司令長でございました。 もっと読む
2018-06-25 渋川市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月25日−委員長報告、質疑、討論、表決−04号 去る6月17日に群馬県を震源とする地震発生し、本市におきましては最大震度5弱が観測され、家屋の一部損壊等の被害がありました。被災された方に対しまして、心からお見舞いを申し上げます。   気象庁は、1週間程度の期間で同程度の余震のおそれがあると発表しております。これを受けて、市当局では現在も警戒中です。このため、市長を初め市職員は防災服で本会議に出席しております。 もっと読む
2018-06-25 藤岡市議会 平成30年第 3回定例会−06月25日-03号 また、地震災害も、阪神・淡路、東日本、熊本、先日の大阪北部、群馬南部地震など、多発している状況であります。   もっと読む
2018-06-22 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月22日 一般質問 熊本地震の援助で在庫が少なくなり用意ができなくなった。これも事実だと思います。ただ、また管理部長から事前周知がなかったため、それは申しわけないと、そして市民の声があったことも事実ということであります。だけれども、熊本地震の援助で、なかったということで、それを聞いたときに熊本の人がどう思うか、とても私残念に思いました。 もっと読む
2018-06-22 藤岡市議会 平成30年第 3回定例会-06月22日-02号 平成7年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の大地震発生し、被害規模死者6,434人、直接被害額約10兆円の甚大な大災害であった阪神・淡路大震災を教訓に、計画、実施をされた兵庫県広域防災センター及び三木総合防災公園についてであります。   もっと読む
2018-06-21 高崎市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月21日 一般質問 質問の前ではございますが、さきに発生しました大阪府北部を震源とする地震によりお亡くなりになられた方々の御冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。   それでは、通告に従い、一般質問をさせていただきます。最初のテーマ、健やかで幸せ、「健幸」なまち桐生の実現に向けてであります。歩くことの効用は、誰もが認識しているものと思います。 もっと読む
2018-06-15 渋川市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月15日−一般質問−03号 コンビニは公民館よりも数が多く、閉庁日や深夜まで営業しており、委託費は発生しますが、新たな機器の導入を必要としません。また、現在のところ、税等の収納状況も既にコンビニ納付が全体の約3割を占めていることから、市民サービスの向上につながると考えているところです。 ○議長(茂木弘伸議員) 7番。 もっと読む
2018-03-19 藤岡市議会 平成30年第 1回定例会−03月19日-03号 受給者にとって、ほとんどの生活上発生する定期的な支払いは一月ごとですが、主な収入である年金は隔月での支給となっています。わずかな給付額を2カ月分やりくりするのは高齢者にとって大きな負担です。30年近くも改善の見られない長年の懸案事項の改善のために、意見書の提出を求める請願に賛成をするものです。  以上をもちまして賛成討論とさせていただきます。議員皆様のご賛同をよろしくお願いいたします。 もっと読む
2018-03-15 高崎市議会 平成30年  3月定例会(第1回)-03月15日 一般質問 就労支援というのはそのように進められているとは思いますけれども、一方でまたそれとは違った事案というものが発生しております。 もっと読む
2018-03-15 藤岡市議会 平成30年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月15日-03号 ◆委員(中澤秀平君) 非常に大きな地震を想定しているということで、深谷断層帯これは関東平野北西縁断層帯主部というふうにも言われておりますが、この地震を想定しているということで応急仮設住宅が足りなくなる。そのような必要性があるということでした。 もっと読む