449件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2020-12-02 令和 2年12月定例会−12月02日-03号

それに当たって、原発の再稼働、そして新たな原発の建設を進めようとしていますが、それに対して、所見をお伺いします。 ○議長久保田俊) 清水市長。 ◎市長清水聖義) 関係しているまちではありませんので、私がコメントを出して、それが何らかの影響を及ぼすこともないし、自分でそのことについて詳しく考える必要も今のところはないと思っております。 ○議長久保田俊) 石井ひろみつ議員

前橋市議会 2020-09-24 令和2年_意見書案第32号 開催日: 2020-09-24

こうした後ろ向きの姿勢の大本にあるのが一昨年閣議決定をした「エネルギー基本計画」で、石炭火力発電ベースロード(基幹)電源に位置づけるとともに、加えて再生可能エネルギー普及の足かせになっている原発を推進するものになっていることである。このエネルギー基本計画を撤回し、抜本的なエネルギー政策の転換を図るべきである。  

前橋市議会 2020-09-16 令和元年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2020-09-16

私も原発に代わる再生可能エネルギーの推進については大いに進めるべきと考えています。問題は、特別保全区域において、小規模であっても、急傾斜地など明らかに風水害や地震などのときに被害を誘発しかねない危険性のある場所設置されている太陽光発電施設もよしとするのかということです。

前橋市議会 2020-06-22 令和2年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2020-06-22

原発事故から9年経ても放射能汚染は問題となっています。同事業者が搬入している間伐材など、どこから調達しているのか明らかにされていません。引き続き放射能汚染地域から運ばれ、燃やされているのかという住民の不安と疑念は払拭されません。調達先を明らかにするとともに、放射線量測定数値を公表すべきです。騒音問題では、1つは異常な爆音が2月と5月29日に発生しています。

前橋市議会 2020-03-16 令和2年度予算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2020-03-16

原発に代わる再生可能エネルギー100%を目標にしている。こうした中で、メガソーラー発電等の実態を報道していましたが、原発周辺の地域では広大なメガソーラー設置されていました。一方、日本で最も美しい村で有名な大玉村は、斜面の至るところにソーラー事業者が自治体の知らないうちにどんどん増えて、昨年の台風で多くの斜面太陽光パネルが崩落して土砂が流出し、森林だった山肌が無残な姿になっていました。

藤岡市議会 2020-03-12 令和 2年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月12日-03号

しかしながら、アテネのほうで聖火リレー採火式が行われ、復興五輪ということで福島の第一原発の近くのJヴィレッジから3月26日にスタートするということで、県内各地を回って4月1日の時間には藤岡市に到着する予定でありますが、冒頭に言いましたように新型コロナウイルス影響でこの聖火リレーの方針もこれから群馬県が正式に決定して自主方法も決定されるということでありますけれども、当然これについては私も楽しみにしているんですけれども

渋川市議会 2020-03-11 03月11日-06号

さらに、東電、福島原発のメルトダウンにより、放射能の拡散によって避難生活を余儀なくされ、健康被害の多発したことも記憶に新しいと思われます。改めて先般の災害で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。健康寿命を延ばし、健康的に老いていくことが目指すべき課題ではないでしょうか。  それでは、通告に基づき、2点について一般質問を行います。

藤岡市議会 2020-02-27 令和 2年第 1回定例会-02月27日-01号

◆11番(橋本新一君) 先日の報道でありますけれども、天皇陛下の誕生日に際した記者会見ですけれども、「東日本大震災福島第一原発事故から3月11日で9年たつが」という質問に対して、「被災地では様々な問題が残っている。引き続き声に耳を傾け、被災者に寄り添い、機会を見て被災地を訪問したい」とこのように述べておられます。  

高崎市議会 2019-12-03 令和 元年 12月 定例会(第5回)−12月03日-04号

特にこの群馬県においては、2011年3月11日、東日本大震災原発事故以降、放射能関係で食肉としてのイノシシ出荷制限が今なお続いていることなどもあり、御答弁いただいた猟友会の方々の御努力のもと捕獲数はふえているものの、生息数は減っていません。感染経路となり得るイノシシ自体が減らないため、今後の防疫対策も大変になるであろうことが容易に想像できます。

前橋市議会 2019-09-17 平成30年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2019-09-17

再生可能エネルギー発電は、福島原発事故以来原発に頼らないエネルギーとして積極的に推進すべきエネルギーです。しかし、再生可能エネルギーだからといって、何でもよいわけではありません。ですから、大規模売電を主に利益を求めるような企業、業者などの設置は、さまざまな弊害を誘発するおそれがあるため、ある程度の規模の抑制が求められているわけです。今回の問題になっているところもそのとおりです。

前橋市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-06-10

原発にかわる再生可能エネルギーは推進すべきであり、否定するものではありません。しかし、余りにも巨大なメガソーラー自然環境景観を壊し、防災上の観点からも問題です。前回の総括質問でも取り上げましたが、山本自動車設置を予定しているメガソーラー赤城山の最南端に位置する鍋割山直下にあります。

前橋市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-03-07

原発にかわる再生可能エネルギーは推進すべきですが、景観環境災害など問題となる場所や大規模施設など環境アセスの対象にならず、規制が大変不十分であり、問題です。  最初に、メガソーラーの問題です。赤城山鍋割山直下に大規模ソーラーパネル設置されようとしています。

前橋市議会 2019-03-05 平成31年03/05_代表質問一覧表 開催日: 2019-03-05

│  │1 平和と暮らしを脅かす安倍政  │(1) 消費税増税              │ │  │        │  │ 権に対する政治姿勢について  │(2) 9条改憲               │ │  │        │  │                │(3) オスプレイの飛行訓練         │ │  │        │  │                │(4) 原発

前橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-03-05

原発の再稼働についてです。安倍政権成長戦略の目玉としてきた原発輸出は次々と破綻し、とうとう輸出計画はゼロになりました。しかし、政府は2030年に電力の20%から22%を原発で賄う計画で、今なお原発に固執し続け、40年が経過し老朽化した原発も含め再稼働しようとしていますが、安全対策の強化が求められる原発のコストは年々上昇しています。

高崎市議会 2019-02-28 平成31年  3月 定例会(第1回)−02月28日-05号

被害は日を追うごとに拡大し、地震や津波による直接的な被害だけではなく、福島第一原発事故による放射能被害も引き起こし、各地に甚大な爪跡を残しました。あれから8年もの時が経過したわけですが、現地の人にとってはまだまだ復興の道は厳しく、今なお被災者の心のケアなど、まだまだやるべきことがたくさんあると関係者の方はおっしゃっていられます。  

前橋市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-06

苗ケ島の関電工が3月より稼働した大規模木質火力発電所は6,700キロワットと大規模であり、福島原発事故により放射性物質の飛散による北関東や県内森林もいまだに安全ではありません。ことしも野生コシアブラ野生動物放射性物質数値も500ベクレルや700ベクレルと測定され、低減されていません。