31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

藤岡市議会 2017-03-01 平成29年第 1回定例会−03月01日-01号

内容につきましては、平成28年8月19日金曜日午後4時30分頃、介護老人保健施設職員が埼玉県本庄市児玉郡八幡山地内の通所利用者送迎先で、運転席のドアを後方確認をせずに開けたことにより、右側後方から自転車で直進をしてきた相手方とドアが接触し、負傷させ、相手方所有の自転車も損傷させたものであります。  

藤岡市議会 2016-06-09 平成28年第 3回定例会−06月09日-01号

主な経歴を申し上げますと、昭和36年に埼玉県立児玉農業高等学校を卒業後、民間企業に勤務の後、平成2年に清水工業を設立され、現在に至っております。この間、平成3年から9年間、藤岡市交通指導員としてご活躍され、その後、第61区長を歴任するなど、地域住民のために尽くされております。  

藤岡市議会 2016-03-04 平成28年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月04日-03号

是非、計画を持って何年か後には見事な、この辺、近隣の児玉町の骨波田ですかね、藤が見事に咲き誇っていますけれども、あのような形で藤岡市の藤が見られるような計画、目標を持っていただきたいのですけれども、その辺について市のお考えをお伺いします。 ○委員長(橋本新一君) 商工観光課長。 ◎商工観光課長(秋山弘和君) お答えいたします。  

藤岡市議会 2015-09-15 平成27年第 5回定例会-09月15日-02号

提案の内容は、不良開花の現状を写真に写し、その改善方法を記し、なおかつ20年ふじ開花改善を行った児玉町の骨波田のふじの開花の写真を添えて、その資料も添えて藤岡市に提出した。しかし、不問に問われた。  また、違うところで中略しますけれども、開花改善を決めて5年、歴史を重ね、提案を実現すべく、市商工観光課にお願いして冬季講習会を開催した。平成25年1月にも3日間、実技冬季講習会を行った。  

藤岡市議会 2015-02-26 平成27年第 1回定例会−02月26日-01号

それと、事業ごみの処理料金なんですけれども、高崎市と藤岡市が今15円で周りの児玉広域の辺が20円という状況であります。 ○議長(冬木一俊君) 茂木光雄君。 ◆15番(茂木光雄君) 今の答弁で大分内容的なものはわかりましたけれども、一般的なごみがかなり実際には多くなってきていると。そして、それに伴う諸経費は今年度を見ても色々上がっている。

藤岡市議会 2014-11-27 平成26年第 5回定例会−11月27日-01号

処分の方法は売り払い、処分価格は3,500万円、処分の相手方は、住所、埼玉県児玉郡上里町大字七本木2111番地1、氏名、有限会社クリーンモテギ代表取締役、茂木道和氏でございます。なお、購入後は公衆浴場として利用する予定でございます。  以上、提案説明とさせていただきます。慎重審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げます。 ○議長(冬木一俊君) 提案理由の説明が終わりました。  

藤岡市議会 2014-03-14 平成26年第 1回定例会-03月14日-03号

(市長 新井利明君登壇) ◎市長(新井利明君) 埼玉県側と積極的に協議を働きかけていくということなんですけれども、もうある意味で積極的に働きかけているというのは、今、お話の出た新橋については、以前にも議員の皆さんにも説明させてもらいましたように、本庄児玉インターに向かって橋をかけていきたいというお話をさせていただきました。群馬県のほうはおおむね、その構想に了解をいただいているわけでございます。

藤岡市議会 2013-12-06 平成25年第 5回定例会−12月06日-02号

神流川新橋を伴う道路整備につきましては、平成14年に本庄児玉インター・吉井インター連絡道路建設促進研究会を設立し、群馬県、埼玉県をまたぐ幹線道路のバイパス的な位置づけとして調査研究を重ねてきております。新橋は前橋長瀞線バイパスから道路を延伸させた路線上に検討しております。  

太田市議会 2013-11-29 平成25年12月定例会−11月29日-01号

◎農政部長(橋本利明) 全国の条例制定の動向でありますが、現在ある条例を見ますと、改正農地法前に制定されたものでありまして、埼玉県入間郡三芳町における昭和50年7月10日制定の三芳町農地及びあき地の雑草除去に関する条例、また、京都府南丹市における平成18年1月1日施行の南丹市森林及び農地に関する管理条例、そして、埼玉県児玉郡美里町における平成19年10月1日施行の美里町荒廃農地の管理に関する条例などがございます

藤岡市議会 2013-06-20 平成25年第 3回定例会−06月20日-02号

その後同じ要望を持つ当時の児玉町、鬼石町も参加し、その事業実施に向け検討した結果、本庄児玉インターと吉井インターとを結ぶ広域的な幹線道路と位置づけ、平成14年本庄児玉インター吉井インター連絡道路建設促進研究会を設立いたしました。しかし、市町での事業化は困難であり、また、県境をまたぐことなどから、群馬県及び埼玉県への協力を要請し、参加していただくことになりました。  

藤岡市議会 2013-06-12 平成25年第 3回定例会−06月12日-01号

主な経歴を申し上げますと、昭和36年に埼玉県立児玉農業高等学校を卒業後、民間企業に勤務の後、平成2年に清水工業を設立され、現在に至っております。  この間、平成3年から9年間、藤岡市交通指導員としてご活躍され、その後、第61区長を歴任するなど、地域住民のために尽くされております。  

藤岡市議会 2013-03-12 平成25年予算特別委員会(第1回 定例会)−03月12日-03号

そういう中で、今後、ららん藤岡、今、上り車線から進入して、これ入ってしまうと、私も一回入ってしまったのですけど、本庄児玉インターチェンジでないとおりられないのですよね。これ非常に不便なのですけれども、今後、藤岡市として県また国等、ららん藤岡のスマートインターチェンジ設置、これも視野に入れてやっていかなければならない事業だと思っております。

高崎市議会 2012-06-26 平成24年  6月定例会(第2回)-06月26日 一般質問

これは、東京大学アイソトープ総合センター長、児玉龍彦教授のアイディアです。   次に、農家の皆さんが心配なさる土の汚染の問題です。放射性セシウム137が沈着している場所は、土壌吸着性が高いので、表土から数センチのところと言われています。徹底した土壌検査を行い、土壌入れかえを含めた対策を立てることです。この2つの対策をして初めて農家の皆さんを救うことができます。

藤岡市議会 2012-06-19 平成24年第 3回定例会-06月19日-02号

◆12番(岩崎和則君) ふじの咲く丘等、地形、近年の冬の寒さ、気候の影響等もあると思いますが、他の観光地のフジの名所等では、まず児玉町の骨波田のフジ、足利フラワーパーク、私、両方行ってみたんですけれども、今年も見事に力強く咲いておりました。花のまちの推進を上げておられる本市におきましても、今後対策等、研修していると思うんですけれども、この点もう一度お伺いいたします。

藤岡市議会 2012-03-14 平成24年第 1回定例会−03月14日-付録

───┼─────┼───────────────┼─────┼────┤ │ 〃 18│  〃  │  〃  │藤岡市立図書館設置条例の一部改│  〃  │  〃  │ │    │     │     │正について          │     │    │ ├────┼─────┼─────┼───────────────┼─────┼────┤ │ 〃 19│  〃  │  〃  │埼玉県児玉郡神川町

高崎市議会 2011-09-21 平成23年  9月定例会(第3回)-09月21日 一般質問

◆20番(福島賢一) さきの国会で国の放射能対策のおくれを指摘しまして、マスコミ等でもいろいろ取り上げられました児玉教授いわく、今回の原発事故で放出される放射性物質は広島原爆の20個から30個に相当すると。そして、さらに汚染は刻々と変化し、放射性物質がどこに集まるか全く予測がつかない。

  • 1
  • 2