330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 渋川市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−07号 不納欠損金額7,300万6,465円で、前年比2,416万5,319円、49.5%もふえていると説明がありました。内訳は、財産なしが487件、生活困窮によるもの976件、居所不明が68件でした。高齢化が進む中で年金が減らされ、実質所得は減っています。市民には所得がふえ、生活がよくなったとの実感はありません。   平成29年度は、予算枠配分方式を継続したものです。 もっと読む
2018-09-19 太田市議会 平成30年9月決算特別委員会−09月19日-01号 そのかわり不納欠損は1,619万3,000円何がしと多く欠損しているわけですよ。そして、それが逆のパターンで、固定資産税の場合には、調定額はプラスになっておるけれども不納欠損はマイナスになっているということで、一番わかりやすいのが軽自動車なのです。軽自動車は、調定額がプラスになっていまして、不納欠損もプラスになっている。 もっと読む
2018-09-18 藤岡市議会 平成30年決算特別委員会(第4回 定例会)-09月18日-02号 毎回のことなので不納欠損、また収入未済について伺ってまいります。この不納欠損1,308万4,337円ということで計上されておりますが、前年に比べると約1,800万円、率にして40%くらい減っております。 もっと読む
2018-09-12 渋川市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号 次に、不納欠損額は9,113万2,051円で、件数が1,031件、人数が393人でございます。前年度比較では、金額、件数、人数とも減少いたしました。なお、不納欠損の事由別の内訳でございますが、生活困窮が794件、無財産が163件、居所不明が74件であります。   次に、収入未済額は6億7,875万9,099円で、件数が3万2,156件、滞納世帯数が2,213世帯です。 もっと読む
2018-09-11 渋川市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−委員長報告、質疑、討論、表決−02号 最下行から8行目でありますが、不納欠損額は7,589万円で前年度に2,615万円増加しております。収入未済額は減少しましたが、減少傾向でありました不納欠損額が増加していることから、財源の確保と公平を期するため、引き続き効果的な収納対策に積極的に取り組む必要があります。以下、款別の説明は省略させていただきます。   27ページをお開きください。(2)、歳出について申し上げます。 もっと読む
2018-03-14 藤岡市議会 平成30年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月14日-02号 ◆委員(湯井廣志君) この滞納を毎回決算のほうでも、また聞きますけれども、滞納繰越が何年も続き、最後には不納欠損というような格好で処分するのは非常に好ましくないわけです。その中で、しっかりとこの繰越分の滞納というのは、当年度以上にやっていただければと思います。 もっと読む
2017-09-28 渋川市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月28日−提出者説明、質疑、委員会付託−03号 次に、不納欠損額は9,571万2,765円で、件数が1,176件、人数が418人です。前年度比較では、金額、件数、人数とも減少いたしました。なお、不納欠損の事由別の内訳は、生活困窮が1,042件、無財産が87件、居所不明が47件であります。   次に、収入未済額は7億5,355万7,040円で、件数が3万5,313件、滞納世帯数が2,370世帯です。 もっと読む
2017-09-27 太田市議会 平成29年 9月定例会−09月27日-04号 さらに、不納欠損額や収入未済額のこと、介護認定審査会の構成のことなどについて質疑がなされました。  次に、太陽光発電事業特別会計につきましては、所有資産の内訳のこと、3発電所のリース期間と期間終了後の所有権移転のこと、基金設置のこと、固定価格買い取り期間終了後の展望のことについて、質疑、意見、要望がなされました。   もっと読む
2017-09-27 渋川市議会 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−02号 なお、歳入において、最下段の合計欄でありますが、右から2列目の不納欠損額が1億953万円、また収入未済額は10億1,221万円となっております。特に国民健康保険特別会計事業勘定の不納欠損額は9,589万円、収入未済額も7億5,382万円と額も大きく、国民健康保険財政の中で憂慮すべき問題であります。 もっと読む
2017-09-21 太田市議会 平成29年9月決算特別委員会−09月21日-02号 ◎健康医療部参事(野村浩之) 昨日の審査区分4の審査におきまして、岩崎委員から介護保険特別会計について、不納欠損額と収入未済額に対する基本的な考え方についてのご質問をいただきました。 もっと読む
2017-09-20 前橋市議会 平成28年度決算委員会_建設水道委員会 本文 開催日: 2017-09-20 平成28年度の住宅使用料不納欠損額は307万1,930円となっておりますけども、この内容を尋ねるとともに、収入未済額2,718万8,005円の経過と徴収に向けた現在までの取り組みについてお伺いいたします。 もっと読む
2017-09-20 太田市議会 平成29年9月決算特別委員会−09月20日-01号 ○副委員長(今井俊哉) 次に、不納欠損額と収入未済額の内訳と、これらを減らすための取り組みをお聞かせください。 ◎収納対策課長(山本敦哉) 平成28年度の不納欠損額、市税でございますが、3億2,621万5,237円でございます。   もっと読む
2017-09-15 藤岡市議会 平成29年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月15日-03号 それで、その前に不納欠損ということで、15万6,480円とあるのですけれども、これは受益者負担分の恐らく、本来、下水道を接続した時点で払わなくてはいけないお金が、このような形の中で、不納欠損になったり収入未済になったりということになると、現状どんなケースでこういう事態が発生するのか。ちょっと件数ですか、そのあと、こういったことに至った理由についてお伺いいたします。 もっと読む
2017-09-14 藤岡市議会 平成29年決算特別委員会(第4回 定例会)−09月14日-02号 ◆委員(湯井廣志君) 市税の中の不納欠損の関係で聞いていきますけれども、今回、不納欠損が3,179万5,083円計上されておりますが、この不納欠損の額の中で、原因別の不納欠損、地方税法の何項で幾らの額が不納欠損されているのか。まず一点お伺いいたします。 ○委員長(岩崎和則君) 納税相談課長。 もっと読む
2017-09-07 太田市議会 平成29年 9月定例会-09月07日-02号 ◆8番(水野正己) では、今度は国民健康保険税の不納欠損額、やはり直近3年間で伺いますけれども、これは現年と滞納繰越分を合わせた額で伺います。 ○議長(町田正行) 中里健康医療部長。 ◎健康医療部長(中里敏雄) 各年度の不納欠損額でございますが、平成25年度が約2億9,700万円、平成26年度が約4億2,600万円、平成27年度が約4億6,800万円となっております。 もっと読む
2017-09-04 富岡市議会 平成29年  9月 定例会-09月04日−議案説明、質疑−01号 また、不納欠損額は2,804万2,000円で、収入未済額については前年比20.0ポイント減少したものの、1億6,843万3,000円と多額となっております。将来に向けて健全財政を維持するため、貴重な自主財源である市税の確保を図り、善良な納税者の税負担に対する公平感と信頼感を損なうことのないようお願いします。   もっと読む
2016-09-28 富岡市議会 平成28年  9月 定例会-09月28日−委員長報告、質疑、討論、表決−04号 委員より、欠損というのは時効は5年くらいかとの質疑あり。当局より、地方税法第18条による消滅時効欠損については5年となるとの答弁あり。  以上で質疑を打ち切り、歳入2款から21款までの一括説明を求め、審査に入りました。  委員より、市有土地建物貸付収入3,226万円は具体的にどんなところかとの質疑あり。当局より、市民に対する駐車場の貸し付けが3,000万円ほどあるとの答弁あり。   もっと読む
2016-09-27 渋川市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月27日−委員長報告、質疑、討論、表決−07号 その主な要因は、国保税が高過ぎて払い切れずにいる生活困窮者91.97%による不納欠損額1億4,505万4,000円です。前年度に比べ4,811万1,000円、49.6%の増加です。滞納世帯をふやさないこと、それには払える国保税の設定が必要です。不納欠損額1億4,505万円があれば、市民の福祉と健康の事業ができます。 もっと読む
2016-09-20 太田市議会 平成28年9月決算特別委員会−09月20日-01号 ◆委員(高藤幸偉) 52ページ、1款市税について、不納欠損の質問をいたします。今年度、平成27年度市税の不納欠損額について2億2,446万6,164円でありますが、前年度は3億4,949万2,072円でありました。今年度は前年度に比べて約1億2,000万円減少しているようですが、その要因についてお伺いいたします。 もっと読む
2016-09-20 安中市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月20日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 収税業務においては、不納欠損が前年度比プラス2,000万円ふえていますが、収入未済額が前年度比で1億1,688万円の減で、収納率も改善してきております。収税の努力は評価したいと思います。しかしながら、資料を見ましても、低所得者軽減を受けている被保険者世帯は41%と年々ふえてきています。また、27年度の滞納の状況を見ましても、所得300万円未満の世帯が滞納世帯の77.5%を占めています。 もっと読む