54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

渋川市議会 2020-12-02 12月02日-02号

決算特別委員会審査での質疑と重複しますが、まずは本庁舎耐震強度について、指標となるIsをお示しください。また、その数値が示す意味も併せてご説明願います。 ○議長田邊寛治議員) 総務部長。  (総務部長丸勝行登壇) ◎総務部長都丸勝行) 本庁舎等耐震基準につきましてでございますけれども、平成29年度耐震診断を実施し、耐震補強及び改修実施設計業務を委託したところでございます。

安中市議会 2020-03-11 03月11日-03号

◆10番(遠間大和議員) 我々のいる旧庁舎Isが0.14、中庁舎においてはIs0.34と非常に低いわけでありますけれども、しかも診断を実施したのは平成18年と記憶しておりますが、はや15年がたとうとしておりますので、いつ倒壊してもおかしくない状況下で職員の皆さんも仕事をしているわけでありますけれども、危機管理課においては旧庁舎の2階ということで、大変危険な場所に置かれておりますが、いろいろな問題

藤岡市議会 2018-09-12 平成30年第 4回定例会-09月12日-02号

平井公民館竣工日昭和50年3月31日、築年数は43年、耐震状況につきましてですが、平成27年度及び28年度に行った耐震診断の結果、構造耐震指標Is基準の0.6を下回る0.41でありました。  小野公民館竣工日昭和52年3月25日、築年数41年、耐震診断Is0.43であり、平井公民館と同様の結果が出ております。  

前橋市議会 2018-08-20 平成30年_市民経済常任委員会 本文 開催日: 2018-08-20

耐震診断を行ったところ耐震性能の値、これをIsといいますが、これが非常に低いことが判明したため、必要な改修が終了するまで休館するものでございます。  これまでの経緯でございますが、耐震診断の結果が平成30年6月に報告され、Is玄関口及び倉庫が0.19、アリーナ部が0.49という数値でございました。

安中市議会 2016-09-14 09月14日-02号

また、残るもう一つの施設であります臼井地区生涯学習センターとして活用させていただいています臼井地区農業研修センターは、耐震診断の結果はIs0.26、耐震判断ランクはDの判定結果が出ており、新耐震基準に適応していない現状でございます。 ○議長吉岡完司議員) 田中伸一議員。 ◆20番(田中伸一議員) 次に、今後の耐震化計画についてお伺いしたいと思います。 ○議長吉岡完司議員) 教育部長

館林市議会 2015-12-07 12月07日-02号

また、耐震工事以外にも文化会館につきましては、空調の設備などで老朽化しているものを取りかえるとかというのはあるのですけれども、耐震に関しましてはこの工事を終わらせていただくことで全て完了となりまして、Is0.75以上をクリアいたします。そういうことでよろしくお願いしたいというふうに思っております。  以上でございます。 ○議長向井誠君) 19番、小林信君。

安中市議会 2015-03-18 03月18日-04号

耐震性を示すIsは0.14、そのランクにつきましては最も低いDランクとなっております。西側の中庁舎につきましては、昭和44年の建築で46年が経過しており、こちらのIsは0.34で、ランクCランクとなっております。 ○議長柳沢吉保議員) 田中伸一議員。 ◆21番(田中伸一議員) 次に、耐震改修整備計画についてお伺いをいたします。 ○議長柳沢吉保議員) 財務部長

安中市議会 2014-09-11 09月11日-02号

特に旧庁舎は、築後55年が経過しており、耐震度を示すIsは0.14、ランクは最も低いDランクとなっております。このため、補強での対応は難しく、建てかえが必要で、その事業費は多大となる見込みでございます。財源には、庁舎建設基金残高が2,700万円余りと少ないため、合併特例債の活用が最も有利と考えております。ただし、合併特例債発行期限は、平成32年までとなっております。

館林市議会 2014-06-19 06月19日-05号

また、今回の耐震工事により、耐用年数がどの位伸びるのか、とただしたのに対し、本工事によりIsが良くなりますので、計算上20年延びるものと考えております。との答弁がありました。  その他、多機能トイレについては、廊下側から入れるため、1階は男子側、2階は女子側に設置されているが、利用する子どもたちにとって不便にならないよう、対応してほしいとの要望意見がありました。  

藤岡市議会 2014-03-10 平成26年予算特別委員会(第1回 定例会)-03月10日-02号

こちらのほうは、平成23年度塔屋部分ISが0.02%と、耐震性が極めて低くなった事から解体をするものでございます。  以上でございます。 ○委員長窪田行隆君) 鬼石総合支所総務課長。 ◎鬼石総合支所総務課長宮下千明君) 72ページの公有財産購入費について説明をさせていただきます。  

渋川市議会 2013-12-11 12月11日-04号

この耐震性能については、耐震改修促進法により耐震性を判断する指標においてIsという判断基準があります。この数値が0.6を下回ると、地震による振動及び衝撃に対し転倒し、または崩壊、崩落する危険性があるとの評価となります。0.3を下回りますと、建物耐震性が著しく低下し、地震振動及び衝撃に対して倒壊し、または崩落する危険性が高いという評価になります。

安中市議会 2013-09-12 09月12日-02号

耐震度を示すIsは0.14と大変低いため、補強工事では無理で、建てかえが必要な状態となっております。一方、中庁舎昭和44年の建築で、45年余りが経過している古い建物ですが、こちらのIsは0.34でございまして、どうにか補強工事での対応が可能な状態となっております。よろしくお願いいたします。 ○議長伊藤清議員) 田中伸一議員

安中市議会 2013-03-15 03月15日-03号

◆21番(田中伸一議員) 天井などの点検には、校舎に対して用いる構造耐震指標Isのような、そういった指標があるのかどうか、この辺についてお伺いをいたします。 ○副議長中島德造議員) 教育部長。 ◎教育委員会教育部長佐俣信之) 現時点で非構造部材耐震点検の結果をもとに、安全性を示す明確な数値指標は確立はされておりません。

安中市議会 2012-12-13 12月13日-02号

財務部長須藤俊夫) 耐震性の低いIs0.3以下の屋内体育館校舎耐震補強、大規模改修工事は、平成23年度中に完了させていただきました。本年度は、第一中学校体育館、第二中学校校舎臼井小学校及び坂本小学校体育館耐震補強、大規模改修工事を施工しているところでございます。引き続き危険度の高い学校施設から年度ごとの実現可能な事業量を設定してまいりたいと考えております。

藤岡市議会 2012-12-10 平成24年第 6回定例会−12月10日-02号

本庁舎は、平成23年度に実施した耐震診断では、塔屋部分Isが0.02と小さく、耐震性に欠けているとの指摘をされています。これにつきましては、今後対策を講じなければならないと考えています。  中庁舎東庁舎については、補修工事は必要でありますが、耐震性に大きな指摘はありませんでした。