95件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

太田市議会 2020-12-02 令和 2年12月定例会−12月02日-03号

これは市内業者に優先発注するのだという観点からは当然なのですけれども、ただ、市内業者といったって、ランクといったって、大きいところから、あまりそれほど大きくないところまでいろいろあるわけですね。Bランクといったって、限りなくCランクに近いような業者だっているわけで、そういう下で、でも市内業者優先発注ということで条件付一般競争入札でやっているわけです。

太田市議会 2020-12-01 令和 2年12月定例会−12月01日-02号

そこで、本市においては、土木、建築、電気、管、舗装、造園、水道の建設工事工種における予定価格が幾ら以上の場合はランク業者入札としているのか、お聞きします。 ○議長久保田俊) 高島総務部長。 ◎総務部長高島賢二) 本市入札審査委員会では、等級別発注標準額運用基準を設定しております。

高崎市議会 2019-06-14 令和 元年  6月 定例会(第3回)-06月14日-02号

中国廃プラスチック輸入禁止に関してでございますが、高崎市においては市民の皆様の分別に対する努力環境保健委員さんの分別指導の御尽力等により、高品質であるランクという分類のペットボトルとして売却されており、現在のところ中国廃プラスチック輸入禁止による影響はございません。 ◆33番(三島久美子君) 輸入禁止影響が全くないということで、安心いたしました。

前橋市議会 2018-10-22 平成30年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-10-22

しかし実際に特養を探しながら、ダブりは抜いているわけですから、ここの方は二、三カ所同時に申し込んで入れるところを待っているという状況もあるわけで、私は最終判断はそれぞれの法人が、事業者入所判定をすると思うのですけれども、ぜひランク寝たきり状態になって、特養を本当に必要としている方については、行政も施設任せ、判定委員会任せにしないで、相談を受けて、緊急度が高いということを希望されている市民に、

安中市議会 2018-03-14 03月14日-03号

◆20番(田中伸一議員) 昨年実施した空き家実態調査の結果を踏まえまして、ランクの中ですぐ住めるような物件空き家バンク上で紹介する考えがあるのかお聞きしたいと思います。 ○議長齊藤盛久議員) 産業政策部長。 ◎産業政策部長萩原稔) 平成28年12月から29年2月にかけて、区長会の協力のもと、市内空き家実態調査を実施いたしました。

高崎市議会 2018-01-23 平成30年  1月23日 保健福祉常任委員会−01月23日-01号

食品事業者には、いろいろ業種がありますけれども、食中毒等リスク程度が高い順にランクからDランクに分け、立ち入り監視を行います。一番上のランクにつきましては昨年中に食中毒を起こしました施設に対して年3回以上、Bランクは大量に調理するお弁当屋さんやホテル大型スーパー卸売市場などに年2回以上、以下Cランク対象施設は年1回以上、Dランク対象施設は適宜立ち入り監視を行うという計画です。

安中市議会 2017-06-19 06月19日-02号

◆3番(遠間大和議員) 本市においても、A、B、Cランクに分けて調査したと思いますが、その中で物件所有者が修復に係る費用負担が大きくならないよう、ランクのものについてどれだけスピーディーかつ柔軟な発想で対応し、利活用していけるのかが重要な課題点になるのかなと思いますので、その辺もしっかりスピーディーにやっていただきたいと思います。  

安中市議会 2017-02-27 02月27日-01号

1点目がランクということで、所有者等がわかって、ある程度管理をされている空き家、2点目がBランクといたしまして、管理者、そして所有者等がはっきりわからない空き家、それからCランクとしまして、痛みが激しいなど地域課題となっている空き家、このような3分類調査をしていただいてございます。今、ランクが891軒、空き家のうち55%でございます。

高崎市議会 2017-01-24 平成29年  1月24日 保健福祉常任委員会−01月24日-01号

いろいろな業種がありますけれども、業種危害リスク程度に応じてランクからDランクまで強弱をつけて立入調査を行います。一番上のランクは、昨年中に食中毒を起こした施設について年3回以上行く計画でございます。それからBランクにつきましては、大量に調理するお弁当屋さん、ホテル大型スーパー卸売市場などに対し年2回以上は行くという計画でございます。

前橋市議会 2016-09-15 平成27年度決算委員会_教育福祉委員会 本文 開催日: 2016-09-15

平成27年5月1日現在の待機者調査では1,232人の待機者がおり、その中には特に入所緊急度が高いとされている在宅のランク高齢者も101人おられるということであります。このような現状は、深刻な入居対象者の解消のため、計画の見直しも検討されるべきで、大変憂慮すべき状況であるというふうに思います。

太田市議会 2016-02-25 平成28年 3月定例会−02月25日-04号

管理不全程度につきましては、ランクからDランク分類しておりまして、再利用が可能と判定されるランクが31件、損傷が見られるが当面の危険性はないと判定されるBランクが49件、損傷が激しいと判定されるCランクが31件、緊急度が極めて高いと判定されるDランクが19件となっております。

高崎市議会 2016-01-25 平成28年  1月25日 保健福祉常任委員会−01月25日-01号

いろんな業種がございますけれども、その業種リスク度に応じましてランクからDランクまで強弱をつけて立入調査をしたいというふうに思っております。一番上のランクにつきましては、昨年に食中毒が発生しました施設につきましては年に3回以上行きましょうという計画でございます。

高崎市議会 2015-09-16 平成27年  9月16日 保健福祉常任委員会−09月16日-01号

それから、胃がんリスク検診につきましては、ABC検診といたしまして、ヘリコバクター・ピロリ等検査いたしまして、その結果によりまして胃がんリスクが少ないランクそれから胃がんになる可能性があるBランクCランクというような形で判定をする検査でございます。