34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

富岡市議会 2020-09-24 09月24日-一般質問-02号

総務部長佐藤昭二) 内閣府が実施しております中央防災会議におきまして、防災基本計画の作成を行っておりまして、その中で最低3日間、推奨1週間分の食料飲料事前に備えておきますように、住民普及啓発を図ることとされております。そのため、富岡市地域防災計画で明示し、市民の皆様に事前の準備をお願いしているところでございます。 ○議長相川求) 島田君。

富岡市議会 2020-03-24 03月24日-一般質問-03号

また、水道施設につきましても、ライフラインであります市民飲料確保と今後の水需要の増大に対する取水不足の懸念がございますことから優先的に工事を進めており、年度内の完成を見込んでおります。 このほかに、1月に専決処分をいたしました河川、道路災害につきましても、生活道路通学路になっている箇所もございますので、早期完成を目指している状況でございます。 ○議長相川求) 9番。

渋川市議会 2019-12-02 12月02日-02号

備蓄の内容につきましては、アルファ米乾パン缶詰パン飲料となっております。それから、本市ではこども安心防災備蓄品整備事業として子育て世帯を対象とした備蓄も行っております。その中で授乳、それから着がえ、おむつ交換等のときに女性のプライバシー確保できるような間仕切りテント、それから紙おむつ、使い捨て哺乳瓶粉ミルク等、また今年度から新たに液体ミルク等備蓄を行っております。

藤岡市議会 2018-06-22 平成30年第 3回定例会-06月22日-02号

また、アルファ化米飲料を中心とした非常食防災資機材等備蓄品整備しております。しかしながら、防災教育備蓄品等整備についても、これで十分という基準はありません。今後も、定期的な訓練備蓄品整備を図りたいと考えております。  以上、答弁といたします。 ○議長反町清君) 中澤秀平君。 ◆2番(中澤秀平君) これで十分ということはないということで、さらなる向上に努めているということです。

藤岡市議会 2017-06-16 平成29年第 3回定例会−06月16日-02号

災害対応型自動販売機は、災害応援協定の締結により、災害が発生した際に飲み物を無償で提供していただける自動販売機で、有事の際には、飲料確保するのに大変有効な手段と考えられます。藤岡市においては、庁舎内に缶及びペットボトルの災害対応型自動販売機が3台設置されておりますが、紙コップ型のものは、現在設置されておりません。

館林市議会 2015-09-25 09月25日-05号

次に、安全安心なまちづくりに対する事業については、有事に備えた非常用飲料確保防災倉庫増設市民参加による総合防災訓練実施などであり、これらは行政だけでなく、自助・共助の自覚を高め、地域住民の連帯ときずなの重要性を再確認することができ、障がい者総合支援センターの開設、通院・入院ともに中学3年生までの医療費負担軽減各種健康診査癌検診、妊娠・出産包括支援モデル事業などは、高齢者から将来を担

館林市議会 2015-03-06 03月06日-01号

また、自主防災活動の推進、防災士育成に努めるほか、非常用飲料確保防災倉庫増設洪水避難地図、いわゆる洪水ハザードマップの増刷など、各種防災対策に取り組んで、有事に備えるとともに、防災意識高揚に努めます。  第二に、『思いやり助けあいのある暮らしやすいまち』では、生活に困窮されている方に対し、早期支援を行い、自立の促進を図るための生活困窮者自立支援事業に取り組みます。

前橋市議会 2014-03-19 平成26年度予算委員会_総務委員会 本文 開催日: 2014-03-19

本市では、大規模災害に備えて、市民に対しては個人で3日分の食料飲料備蓄を行うよう呼びかけております。平成26年のこの議会においても2,553万4,000円の予算が計上されております。また、市当局にあっては、控除の一環として食料飲料水生活に係る物品等年次計画備蓄しているとお聞きしております。

太田市議会 2014-03-10 平成26年3月予算特別委員会−03月10日-01号

資機材及び備蓄飲料につきましては、定期的に点検を行い、防災倉庫等に配備しております。 ◎尾島行政センター所長富宇加孝志) 尾島行政センターにおいても、太田行政センターと同様に消防訓練実施防災備蓄資材等点検を行っております。 ◎綿打行政センター所長須永茂) 綿打行政センターについてお答えします。他の行政センターと同様に、年2回、消防訓練等を行っております。

館林市議会 2014-03-04 03月04日-03号

また、これからの災害にどう対処するかということを考えますと、大雪に限らず、大雨、地震、台風等災害対応するための家庭でできる対応策、例えば家具転倒防止策や非常食飲料備蓄品備え等がございます。その情報を防災訓練リーフレット等市民に啓発しながら、安全で安心なまちづくりを目指してまいりたいと考えております。  以上でございます。

館林市議会 2014-02-28 02月28日-01号

防災関係では、地域防災力向上を図るため、地域防災担い手となる防災士育成に努めるほか、有事に備えて、非常用飲料確保防災倉庫増設します。また、防災訓練実施して、市民参加による防災意識高揚を図るとともに、防災体制強化を図ります。  第二に、『思いやり助けあいのある暮らしやすいまち』について申し上げます。  

太田市議会 2013-09-19 平成25年9月決算特別委員会−09月19日-03号

また、尾島地区には尾島水防倉庫、これは消防尾島分署になるのですが、こちらの倉庫のほうにも食料、その他飲料それと新田庁舎でございますが、こちらも備蓄食料等を配備しております。それと、藪塚本町中央公民館にも備蓄食料を配置しているところでございます。 ◆委員(山崎俊之) 詳細に説明いただき、ありがとうございました。その辺のところがわかっておれば、住民の方も安心できるかと思います。  

  • 1
  • 2