386件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

前橋市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-09-26

次に、健康部関係では、第3次推進計画の実施状況、スマイル健康診査事業の現状と課題、がん検診の受診率や保健推進員の活動実績、ひきこもり対策における民間団体等の連携のほか、結核患者の現状と対策食品衛生推進事業の実績、スズメバチの巣駆除の対応状況についての質疑があり、また国民健康保険に関して、都道府県化による影響、国保税の子供の均等割減免に対する考え方などについての質疑がありました。  

藤岡市議会 2019-09-11 令和 元年第 4回定例会−09月11日-03号

また、無償化を開始した目的の例として、1つ、の推進、人材育成、2つ、保護者経済的負担の軽減、子育て支援、3つとして少子化対策、定住・転入の促進という調査結果がございます。少子化に歯どめがかかる問題ではないということも、今回の答弁とともに考えを異にするところであります。この新井前市長の答弁が本市の無償化に対する考え方でよいのかお伺いします。 ○議長(野口靖君) 教育部長。

藤岡市議会 2019-06-20 令和 元年第 3回定例会-06月20日-02号

この考え方は、平成17年に制定された基本法に基づくもので、基本法においてはの推進に学校給食は生きた教材として重要な位置づけがされています。これを受けて、平成20年の学校給食法の改正での推進が学校給食の中心的役割として位置づけられ、学校給食教育的役割が制度化されてきたものです。

前橋市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-07

食農教育とは、食事の多彩な役割の重要性を伝えていくに加えて、食を支えている農業に関しての知識や体験などを含む教育のことを指しているということでございます。聞きなれないことではございますけれども、実態として今JAさんのほうでいろんな取り組みをされているようであります。教育委員会として、食農教育についてどう考えているのか最後にお聞きしておきます。

前橋市議会 2019-03-26 平成31年_意見書案第01号 開催日: 2019-03-26

2 商慣習の見直し等による食品事業者の廃棄抑制や消費者への普及・啓発、学校  等における環境教育の実施など、食品ロス削減に向けての国民運動をこ  れまで以上に強化すること。 3 賞味期限内の未利用食品備蓄品等を必要とする人に届けるフードバンクな  どの取り組みをさらに支援すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

前橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-26

子育て支援策としてもとしても、義務教育無償化の立場に立っても大変有効な施策です。本市でも予算の1%で実施できます。さらに、子供医療費無料化のように、県に半額の負担を求めれば7億円で実現できます。その時期に来ているのではないでしょうか。決断すべきです。  第5は、地域経済活性化、中小企業応援施策が弱いことです。

前橋市議会 2019-03-12 平成31年度予算委員会_教育福祉委員会 本文 開催日: 2019-03-12

本市では、今年度から2022年度を計画期間とする第3次前橋市推進計画に基づき、市民健康寿命の延伸を目標としたさまざまな事業に取り組んでおります。現在本市では、高血圧の予防と糖尿病の発症及び重症化の予防が大きな健康問題となっていると伺っております。これらの生活習慣病の予防には、食事や運動など生活習慣全体を見直す必要があり、特に食事については1日3回と大きくかかわるものであると考えます。

藤岡市議会 2019-03-05 平成31年第 1回定例会-03月05日-02号

そのほかに、地産地消の一環といたしまして、多野藤岡農業協同組合やららん藤岡、また藤岡北高校などから安全・安心な季節ごとの野菜使用を進めております。  肉などの細菌の繁殖しやすい食材につきましては、他の食材とともに、学校給食衛生管理基準に基づく厳格な温度管理を行っており、食中毒が発生しないように細心の注意を払っております。  

前橋市議会 2019-01-22 平成31年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2019-01-22

【岡委員】それであれば、この栄養、食生活のところのひし形の元気まえばしプランの行動指針というのと、健康まえばし21の行動指針のチェックの項目とがちょっとわかりづらいかなというのがあるので、例えば中黒にするとかがあったほうがいいのかなというのと、例えば運動のところで、今より10分多く、元気にからだを動かします、1日60分以上。

高崎市議会 2018-12-21 平成30年 12月定例会(第4回)-12月21日 一般質問

言わずと知れた桐生市は山紫水明のまちでございまして、自然が豊かできれいなところというところでございますが、自然が多いということはやはり鳥獣も多いということで、今まで鳥獣対策として、おりですとか、わなですとか、猟友会における駆除ですとか、いろいろやっていただいているのはもちろん存じておるわけですけれども、それはそれとして、守るという観点の鳥獣対策と、共生をしてその山紫水明のまちの鳥獣害を観光資源

高崎市議会 2018-12-19 平成30年 12月定例会(第4回)-12月19日 委員長報告、質疑、討論、表決

学校給食は、戦後間もなく子供栄養状態の改善を目的に始められ、今日ではとして食文化を伝える教育の重要な柱の一つになっている。憲法第26条は、義務教育はこれを無償とすると明記している。この憲法の精神に立てば、学校給食も無償とするのが本来ではないか。桐生市では、2015年4月より、子供を3人以上養育している場合、第3子以降の給食費を補助している。

前橋市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-14

もって学校給食の普及、充実及び学校におけるの推進を図ることとあるように、給食は子供たちのであり、教育そのものです。本来なら国レベルで無償化を実施することが求められています。しかし、これまでも群馬県子供医療費無料化を求める粘り強い市民運動があり、中学校卒業までの医療費無料化を全国に先駆け実施してまいりました。

藤岡市議会 2018-12-12 平成30年第 5回定例会−12月12日-04号

学校給食は、戦後間もなく子どもの栄養状態の改善を目的に始められ、今日では人間が生きていく基本の食を学ぶ「」として、栄養知識、食材、マナー食文化を学ぶ教育の重要な柱の一つになっている。格差貧困が広がり、子どもの貧困率が大きな社会問題となるなか、給食費の滞納や未納する家庭が増えており、かつてなく学校給食の果たす役割は重要さを増している。  

前橋市議会 2018-12-12 平成30年_請願審査_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-12-12

本市が県に先駆けて子供中学校卒業までの医療費無料化を決断したように、憲法26条の義務教育は無償、学校給食との立場に立って、学校給食費を完全無料にして中核市の先進自治体になるべきです。  また、請願の第2項目は、県内の給食費無料化の動きを全県に拡大するためにも県の役割発揮を求めています。本来なら幼児教育の無償化のように国レベルで実施することが求められています。

前橋市議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-06

義務教育は無償からもとしても意義あるもので、財政支出は市の予算の1%、14億円で、県が仮に実施すれば折半で7億円で実施できるのです。子供医療費を18歳まで拡充することやいじめ、不登校対策として行き届いたきめ細かい教育をするためにも、30人学級化に踏み出すことが子育てへの大きな応援になることは間違いありません。

太田市議会 2018-12-03 平成30年12月定例会−12月03日-02号

要するにの観点からいいまして、子どもたちにはおいしい米がまだ認識されていないのかなと思いますので、もう少しお金をかけていただいて、米の消費にPRしていただければと思いますが、市長のご所見をお伺いいたします。 ○議長(石倉稔) 清水市長。 ◎市長(清水聖義) 確かに米の消費をふやすことが自給率を上げることにも当然つながっていくわけですから、米の消費は絶対に必要だと。

高崎市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会 一般質問通告一覧表-一般質問通告一覧表

いて 1 2019年度に予定されている文部科学省モデル事   業、地域を支えてゆく人材育成モデルとしてのカリキ   ュラムについて 2 地域にあったモデルの桐生市への導入について 1 大災害時における避難所開設や仮設住宅整備など県と   の業務分担取り決めについて 2 防災ラジオが届かない地域に対する情報発信手段につ   いて 1 山紫水明の桐生市において獣害と共生し、まちの魅力   として

太田市議会 2018-11-30 平成30年12月定例会−11月30日-01号

特にの推進が健康づくり健康維持の基本であり、を推進しなければ、真の健康づくり健康増進も図れないと思います。ご答弁の中でも、生活習慣病の予防の上でも重要であるとの認識もしていただいております。各ライフステージに合ったの推進の項目がなくなった理由をお聞かせください。 ○議長(石倉稔) 中里健康医療部長

前橋市議会 2018-10-22 平成30年_教育福祉常任委員会 本文 開催日: 2018-10-22

次に、6の開催内容でございますが、前橋市医師会と共催させていただき、医療法人大誠会理事長、群馬県認知症疾患医療センター内田病院センター長、田中志子先生による市民公開講座、認知症の人と共にを初めといたしまして、前橋・高崎連携事業の講演会では、こどもからおとなまで、気になる食事のヒミツと題しまして、東京都健康長寿医療センター研究所副所長の新開省二さんによる講演会、群馬のヒーローG─FIVEによる健康