17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

太田市議会 2019-12-03 令和 元年12月定例会-12月03日-03号

食品流通における1つのルール加工食品における3分の1ルールというのがあります。このことについてお伺いいたします。 ○議長(久保田俊) 有本産業環境部長。 ◎産業環境部長有本尚史) 食品流通における加工食品の3分の1のルールでありますが、1990年代に賞味期限切れの商品が店頭に並ぶのを避けるためにつくられたということであります。

太田市議会 2014-03-11 平成26年3月予算特別委員会−03月11日-02号

それから、その次の強い農業づくり総合対策事業費補助金につきましては、農畜産物の更新、高付加価値化、低コスト化食品流通合理化等、地域における生産から流通消費までの対策を総合的に推進するということでございまして、JA太田市のほうで藪塚野菜集送センターにございます真空予冷機を更新するものでございます。

前橋市議会 2011-06-28 平成23年_意見書案第27号 開催日: 2011-06-28

この食中毒事件は、保健衛生法不備とともに保健衛生行政検査体制不備食品流通ルートの解明、施設設備衛生状態の改善が求められている。  さらに、福島原発事故による農畜産物魚介類汚染の広がりは、食品安全性において深刻な事態である。  食の安全性確保策は、国民の健康な生活の基礎をなす重要なものである。  

高崎市議会 2009-12-04 平成21年 12月 定例会(第7回)−12月04日-05号

本市の生鮮食品流通の拠点として果たしてきた役割は非常に大きかったのであります。しかし、大型店の進出により、流通面での大きな変化が出てきている昨今であります。群高青果大同青果の統合も行われたわけでありますけれども、総合地方卸売市場取引状況買参人変化、地場産や輸入品など、入荷割合などの現状についてお伺いをいたします。  

渋川市議会 2007-09-18 09月18日-06号

農産物産地間競争が激化する中、生産者団体等にはすぐれた農産物生産することはもとより、多様化する消費者実需者ニーズをとらえ、効率化利便性が求められる食品流通変化にも対応したマーケティング対策が求められております。本県では農産物ブランド化や合理的な販売流通システムの確立を後押しするため、販売戦略事業補助金を交付するぐんま農産物マーケティング支援事業を開始いたしました。

渋川市議会 2006-09-12 09月12日-05号

いずれにいたしましても、世界的に使用されているものについては、IFA、これは国際食品流通同友会というような形で、アレルゲン物質や遺伝子組みかえ種子の使用していないという安全性を証明しております。製造工場までわかる施設となっております。また、中国産の生産地のエンドウだとかコマツナ、里芋については、大手冷凍食品会社が直接現場で生産させ、製造したものを納入しております。

前橋市議会 2004-05-19 平成16年度予算委員会_経済委員会 本文 開催日: 2004-05-19

さらに、アメリカでのBSEの発生に伴う牛肉の輸入規制鳥インフルエンザにおいては地球規模での蔓延が報道されるなど、国においても食品流通における施策の展開がより一層表面化されてきております。このような食品環境の中にあって、地元でとれた農産物地元消費する地産地消についての関心が高く、農産物直売所は多くの消費者が訪れ、売り上げも順調に伸びていると聞いております。

高崎市議会 1999-09-14 平成11年  9月 定例会(第4回)−09月14日-03号

そこで、ついこの間新聞に載っていたのですけれども、食品流通審議会の中の食品環境専門委員会というのがありまして、そこで食べ残しや生ごみなど食品廃棄物を肥料や飼料にしてリサイクルを進めていこう、進めるべきだという提案がありました。その提案農林水産省が受けたわけなのです。農林水産省法案作成など検討を始めたようでございます。

高崎市議会 1998-06-24 平成10年  6月 定例会(第3回)−06月24日-04号

これとあわせまして、地方財政に対する支援として自治省が、それから食品流通高度化というような観点から農林水産省が、それから公共交通機関利便性向上させるという面で運輸省が、それから電気通信高度化というような面で郵政省がといったように、その関連する省庁が連携をして市町村を応援していくという仕組みを新しい法律でつくったと、こういうことでございます。  

高崎市議会 1996-12-10 平成 8年 12月 定例会(第6回)−12月10日-02号

現在、生鮮食品流通のかなめであります全国の卸売市場におきましては、出荷業界小売業界のいわゆる市場外流通への傾斜現象、あるいは輸入生鮮食品増加等状況の中で、総売上高等が総体的に平成3年度をピークといたしまして年々減少している傾向にあると言われております。私どもの卸売市場におきましても、その傾向にあるわけでございます。  

前橋市議会 1996-12-10 平成8年第4回定例会(第2日目) 本文 開催日: 1996-12-10

まさに食品流通システムへ重大な影響を及ぼす終わりのない戦争の始まりとも言えましょう。こうしたもろもろの現状を踏まえ、今後産地付加価値を高め、さらに産地間競争を優位に展開するために、市でも本年度当初予算として 500万円を計上し、特に農産物流通対策調査業務委託を実施していると思われますが、この流通対策取り組み状況と今後の基本的方向づけについて市の考え方をお伺いいたします。  

  • 1